2018年06月22日

◆ C型肝炎の検査

 C型肝炎の検査をするといいそうだ。コストは低く、効果は大。

 ──

 これは NHK の番組「ガッテン」で紹介されていた話。
 《 肝臓がんの原因は8割が肝炎ウイルス! 》
 年間28000人以上が亡くなっている肝臓がん。肝臓がんになる原因はアルコールと思われがちですが、実はB型とC型の肝炎ウイルスが8割を占めます。感染を放置しておくと肝炎〜肝硬変〜肝臓がんへと進行してしまう危険性があります。C型肝炎ウイルスの場合、慢性肝炎を治療せずに30年放置すると20〜25%の人が肝臓がんになると言われています。
 肝炎ウイルスは薬での治療が可能なので、早く感染を見つけて治療し肝臓がんを予防することが大切です。
( → あなたは受けた?”がんにならない”検査 - NHK ガッテン!

 感染するような覚えがなくても、感染している危険があるという。
 肝炎ウイルスは感染していても症状が無く、ほとんどの場合、自分では感染に気づくことができません。また一般的な健康診断の血液検査で調べるのは肝機能(肝臓の健康状態)で、それだけではウイルスの有無はわかりません。だからこそ肝炎ウイルス検査を受けることが大切です。
( → あなたは受けた?”がんにならない”検査 - NHK ガッテン!

 で、さっそく受けてきました。その体験談。

 (1) 費用は格安。他の血液検査(自治体推奨など)といっしょにやれば、注射の血液採取も1回で済む。C型肝炎の検査と、各種の血液検査が込みで、1000円ぐらい。(自治体補助の有無によって変動するが、安く済むことが多いようだ。)
 (2) 結果は1週間ぐらいで判明する。私は「陰性」(感染せず)でした。一安心。

 ──

 感染した場合も、治療薬で完治するそうだ。費用もあまりかからないそうだ。
 感染して、放置すると、死んでしまう可能性が高いので、コスパからいって、検査するのがお薦めだ。

 ま、若い人ならともかく、中高年なら、検査をしておくことが好ましい。
( ※ 若い人は、中高年になってから検査するのでも十分に間に合う。その途中で[≒ 検査後に]感染する可能性もあるので、急いで検査する必要はない。)

posted by 管理人 at 23:57| Comment(5) | 医学・薬学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
検査するなら40歳を過ぎてからで良いですかね?
Posted by 反財務省 at 2018年06月23日 08:46
> 治療せずに30年放置すると20〜25%の人が肝臓がんになると言われています。

 とのことなので、中年ぐらいで、受けなくて絶対に大丈夫とまでは言えない。本項を読んで気になるなら、検査を受けても悪くはない。若い人は必要性が高くはない、というだけ。安全とまでは言えない。
Posted by 管理人 at 2018年06月23日 09:00
肝炎の進行レベルは5段階に分類されていますが、
1段階回復するには10年かかると言われています。
肝硬変まで進行すれば、もはや回復はのぞめず、発がん一直線です。
B型肝炎ほどの感染力はありませんが(HIVよりは強い)、他人にうつさないためにも早期に検査すべきです。

F0:線維化なし。
F1:門脈域の繊維性拡大
F2:線維性架橋形成
F3:小葉のひずみを伴う繊維性架橋形成
F4:肝硬変
Posted by 普通のおっさん at 2018年06月23日 12:17
 ただ、若い人の場合は、感染の理由がほとんどない。近年は対策が十分に取られてきたから。輸血の時にも検査済みだし。

 一方、中高年の場合は、昔の輸血の危険がある。さらに、昔の予防接種で、注射針を使い捨てにしなかったことなどで、知らないうちに感染している可能性がある。
 危険の度合いは圧倒的に差がある。
Posted by 管理人 at 2018年06月23日 12:53
B型肝炎ほど感染力が強くないことから、稀にですが性交渉により感染することがあります。
互いの性器の粘膜部分が摩擦により傷つき易く、血液感染する可能性があるからです。
HIVよりも感染力が強いことをお忘れなく。

実生活の経済的な実害は、生命保険に加入できなくなることです。
団体生命保険にも加入できませんから、住宅ローンを組めなくなります。
医療保険にも加入できなくなりますから、米国のような国民健康保険のない国では仕事ができなくなります。
Posted by 普通のおっさん at 2018年06月23日 13:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ