2018年05月13日

◆ 無人機 ガーディアンの実証試験

 政府は無人機のグローバルホークを 3機 630億円で導入する予定だが、安価なガーディアンもあり、こちらを実証試験している。

 ──

 政府は無人機のグローバルホークを 3機 630億円で導入する予定だ。昨夏には、価格が 630億円へと大幅値上げを通告されたことで、「導入中止」を一時検討したのだが、結局は「値上げを飲んで導入する」という結論となった。
 防衛省は、取得費が見積価格を上回る見通しとなったため、一時導入中止を検討していた無人偵察機「グローバルホーク」3機について、「北朝鮮などの監視に不可欠」として取得手続きを継続する方針を決めた。
 取得経費は当初、3機と遠隔操作の地上装置で計約510億円と見積もられていたが、今年4月に米政府から「レーダー部品の製造が終了し、代替品開発に追加費用がかかる」と連絡があり、約120億円増加することが判明。導入の是非が議論された。運用期間(20年間)に維持費など2500億円以上が必要なこともあり、導入中止を求める意見が出ていた。
( → 防衛省概算要求:無人偵察機3機、取得手続き継続 - 毎日新聞 2017年8月31日

 3機 630億円となると、F-35 よりも高いぐらいだ。超高額。呆れる。しかも導入の理由が「北朝鮮などの監視に不可欠」ということだが、北朝鮮の脅威は、もはや激減しつつあると言える。となると、もはや無用の長物だ。さっさと解約した方がマシだろう。

 一方、もっと安価な(約35億円の)「ガーディアン」という無人機もある。これは「プレデター」や「リーパ−」の改良型だ。これの実証試験がなされているという。武器は搭載せず、主に民生用途。
 米国の軍用大型無人航空機メーカーが壱岐空港(長崎県壱岐市)を拠点に国内初の実証試験飛行を行っている。米軍がイラク戦争などで偵察や対地攻撃に使った「プレデター(捕食者)」の派生型だが、攻撃用の装備はせず、民生目的の運用に限定。壱岐市や国土交通省、防衛省などが協力し、海洋調査や船舶の識別などを実施している。
 実証試験はジェネラル・アトミクス(GA)社が実施。GA社は洋上監視などで海上保安庁や自衛隊が活用することも視野に日本へ売り込みたい考えだ。
( → 米国の大型無人機、日本初の試験飛行 戦闘にも転用可能:朝日新聞

  九州北部の玄界灘に浮かぶ壱岐島(長崎県)の壱岐空港を拠点に、米国の大型無人機「ガーディアン」が周辺海域の上空で試験飛行を続けている。試験は民生目的に限定しているとはいえ、将来的な軍事利用につながる可能性もある。国内での運用は不透明だ。
( → 日本で飛ぶ米国無人機、原形は「死に神」 運用は不透明:朝日新聞

 ガーディアン(プレデター・リーパ−)の方がずっと安く済むのだから、こっちを使うべきだ……と主張したいところだが、実は、それはとっくの昔に主張済みだった。
  → 無人機 グレーイーグル: Open ブログ

 ここで「グレーイーグル」というのは、ガーディアン(プレデター・リーパ−)と同種のものである。(メーカーも同じ。)
 やたらといろいろと名前があるが、兄弟機種である。機種の型番も同系だ。
  → MQ-1 プレデター - Wikipedia
  → MQ-1C (航空機) - Wikipedia

  ※ 型番は、当初は RQ だったが、のちに MQ に変更。
  ※ Guardian は Maritime Predator B Variant だという。
    つまり、プレデターの海洋版。

 ともあれ、情勢は変わったのだから、グローバルホークなんていう高額のオモチャはさっさとやめるべきだろう。
 なお、このことは私の独自見解ではない。昨夏の大幅値上げの時点で、ネットには「やめろ」という声が渦巻いていた。なのに「北朝鮮」を理由にオモチャを欲しがったのが防衛省。
 で、その分、F-35 を買う金が減ってしまうわけだ。偵察機はあるが、戦闘機は足りない、というありさまだ。「頭隠して尻隠さず」……に似ているが、もっと悪いね。本末転倒というか。



 [ 付記 ]
 ガーディアン(プレデター)は、民生用の空港から発進して、比較的低高度を飛ぶが、それは法律面では許容されていないので、法改正が必要だという。
  → 無人機、戦闘仕様の型も 導入には法改正必要 民生実証試験:朝日新聞

 どういうことかと思ったが、墜落する危険などを考えて、無人機の規制があるらしい。
 だったら、次のような法改正が好ましい。
 「この手の無人機は、離島から発進して、海上を飛ぶことに限定する。国内の本土上で飛ぶことを禁止する」
 これだったら、法改正も容易だろう。また、特に弊害もあるまい。本土上であれば、民間機も軍用機も、いくらでも有人機が飛べるのだから、無人機の出番はないからだ。
( ※ 無人機を飛ばすのは、主に海上と敵国上空。)



 【 関連項目 】
 北朝鮮の上空を飛ぶのであれば、有人機の F-35 で足りる。だから、偵察専用の無人機より、多用途である F-35 を買う方がいい。……そういう話を、下記でした。
  → 無人飛行機(偵察機): Open ブログ

posted by 管理人 at 19:47| Comment(0) |  戦争・軍備 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ