2018年04月28日

◆ 空母への改修

 「ヘリ空母」とも言われる護衛艦を、F-35 を搭載するように改修しよう、という方針が検討されたが、その目的は、米軍支援であった。

 ──

 要するに、多額の金を費やして、米軍支援をしよう、というわけ。そのためには日本の防衛力を激減させてもいい、というわけ。防衛省の目的が、日本を防衛することではなく、米国の対外攻撃を支援することであることが、判明した。

 普通の人ならば、「防衛省は日本を防衛するためにある」と思っているだろう。しかし自衛隊の PKO 派遣では、嘘をついてまで、戦闘地域に自衛隊員を派遣して、自衛隊員の人命を危機にさらした。あげく、文書を隠蔽した。(先日、大問題になった日報問題。)

 それに輪をかけて、ひどいことが起こった。ヘリ空母を改修しよう、というもの。

 ──

 まずは、報道がある。
 最初は、これ。離島防衛を目的としている。
  → 護衛艦いずも、空母に改修検討 防衛省、離島防衛名目に:朝日新聞 2017年12月26日

 ところが、本日になって、次の記事が出た。
 《 空母化、後方支援が目的 「いずも」型護衛艦、米軍機発着を想定 》
 海上自衛隊最大で複数のヘリコプターを搭載している「いずも」型護衛艦の空母化を想定した調査が、米軍の後方支援を目的としていたことが分かった。甲板で米軍の F35B戦闘機の発着艦などを想定している。
 防衛省が昨年4月、いずも型護衛艦を建造した「ジャパンマリンユナイテッド」に能力向上に関する調査研究を委託。
 報告書によると、防衛省は調査の前提条件として、いずも型護衛艦による「米軍の後方支援実施」を目的とすることを明示。甲板を使って米軍のF35Bが垂直着艦したり、航空機用の昇降機で船内の格納庫に移動させたりするなどの運用を想定し、船体を改修する際の工期と工費の見積もりを求めていた。自衛隊による運用は調査の目的に入っていない。
( → 朝日新聞 2018-04-28

 「自衛隊による運用は調査の目的に入っていない」ということを、不思議に思う人もいるだろうが、これは当然だ。空母というのは、日本の防衛のためには、まったく不要なのだ。
 なぜなら、離島という不沈空母があって、そこではちゃんと大きな滑走路があるからだ。それも、一つではなく、多数ある。宮古島でも、与那国島でも、まともな滑走路がある。ここでは多数の戦闘機が離着陸できる。
 とすれば、たったの5機ぐらいを搭載するだけの軽空母なんて、莫大な金を食う割には、ほとんど効果がない。それくらいだったら、同じ金で戦闘機を配備する方が、はるかに防衛のために役立つ。
 つまり、ヘリ空母を空母にすることは、日本の防衛力にとっては有害無益でしかない。

 それでも防衛省があくまでこの方針を取りたがるのは、なぜか? 目的が、日本の防衛ではなくて、米国の軍事作戦を支援することだからだ。日本の防衛のためにある戦力を、はるか遠くの地域にまで派遣して、米国の軍事活動の支援のために使う。わが身を犠牲として、米国のために役立とうとする。犬ですね。……それがつまり、安倍首相の唱える「集団的自衛権」だ。日本の自衛力を犠牲にして、米国の防衛のために役立とう、というわけ。(ほとんど売国奴かな。)

 ──

 この件については、今回の記事で露骨に判明するまでもなく、すでに批判が出ていた。詳細な解説がある。( 2018.3.28 )
  → 「いずも」空母化が日本のためにならない4つの理由 防衛予算の8%を費やして中国を喜ばせるだけ?

 これに同意する人が、はてなでは多い。

hate_flaghate_flag  ゲームと現実の区別がつかない子だけだろ、空母なんて欲しがるのは。日本の近所で戦争するかぎり空母なんて要らねえよ。陸上の滑走路から飛べば十分。空母から5機のF35B飛ばす金で30機のF35Aを滞空させられるっつの

zionszions  全部同意。長期的に防衛費の大幅増額はあり得ないので、どこかが大幅に割りを食う割に、役に立たない装備。先島諸島の作戦基盤の整備もしてないのに、オモチャにかける金はない。

kakaku01kakaku01  自衛にはどう考えても不用なので集団的自衛の名の下にアメリカのケツを舐めるのが目的に思える。

rosalinerosaline  いや、そもそもヘリでも甲板3+格納庫2=5体しか載せらんない駆逐艦に戦闘機搭載してどーすんの? 甲板は開けなきゃいけないからせいぜい3体までだよね?それ空母って呼べんの?どんな運用すんの?

myogabmyogab  解釈改憲(実)済ませても憲法改正(虚)に前のめりな安倍政権の姿勢を見ていれば、実効性など二の次で「ボクもアレ欲しい〜」で強行しちゃうんだろな。それがメンツや見栄だけであっても、屁理屈を後付けして。
( → はてなブックマーク

 ま、軍事知識があれば、誰でもわかる。防衛省は、国民を「馬鹿だろう」と思って、だまそうとしているのだろうが、国民はそう簡単にはだまされない、ということだ。

( ※ それにしても不思議なのは、米国に奉仕するために日本の防衛力を弱体化したがる安倍首相を、ネトウヨが支持することだ。それほどにも日本を滅ぼしたいんですかね? それともネトウヨも、米国の犬なのかな? ワンワン。)


犬 尻尾
この記事へのコメント
この件、「軍事通」と言われる石破氏はどう考えているんでしょうね。とても興味があります。
まあ、政治家ですから、考えよりも態度の方が重要か。

個人的には、いずも級って固定翼機の運用を排除した事で、使い勝手の良い多目的艦として成立した非常に有益なフネだと思います。
それを、金かけて中途半端な空母もどきにしてしまうなんて、そういった意味からも有り得えないと思います。
つまり、戦略的にも戦術的にも間違っている、と。
Posted by Mosquito at 2018年04月28日 12:00
本気で実行する気があるのかは疑問ですね
北朝鮮問題についてのアナウンスメント効果を狙ったんじゃないでしょうか
米軍の後方支援云々は国論を二分させないための方便で

使い道があるとすれば、
1. シーレーンのパトロール
2. オスプレイの護衛
くらいでしょうか

不沈空母は必ず当たる固定目標でもあります
Posted by 普通のおっさん at 2018年04月28日 19:40
> 使い道があるとすれば、

 勘違いしているようですけど、F-35B は日本にはないので、米軍機の離着陸専用です。米軍支援が目的です。主な使用場所は、中東でしょう。日本近辺ではありません。そもそも日本近辺なら、空母は不要。空母は遠隔地に派遣するためにある。

 ※ ヘリ空母はまったく別の目的。日本近海の潜水艦を撃破するためにある。


Posted by 管理人 at 2018年04月28日 21:22
いいえ、勘違いしてませんよ
購入が前提のお話をしていますから
日本が使う場合の使い道をお話しただけのことです

馬鹿正直に方便を信じていませんからね
平たく言えばウソでしょう
Posted by 普通のおっさん at 2018年04月28日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ