2018年04月22日

◆ iPS 細胞で臓器再生

 iPS 細胞で臓器再生という研究が進んでいる。しかし……

 ──

 NHKスペシャルで、先日、次の話があった。(1カ月以上前。)
  → NHKスペシャル「人体」“生命誕生”見えた!母と子 ミクロの会話 | NHK健康チャンネル
  → 臓器の機能をもつ小さな細胞の塊が医療を切りひらく | NHK健康チャンネル

 ここで、「 iPS 細胞で臓器再生という研究が進んでいる」という話があった。
 この研究については、ググるだけで、いろいろと情報が見つかる。知りたければ、いろいろと調べるといいだろう。(いちいち紹介しないが。)
  → iPS 細胞で臓器再生 - Google 検索

 ──

 さて。ここで思いついた(連想した)ことがある。それは、(STAP事件で亡くなった)笹井さんが、ES細胞を使って、もっと先端的な研究をしていた、ということだ。それは、「自己組織化」という研究である。
 番組では、それについての言及がなかった。残念なことだ。話の最も核心的なことに触れていないことになるからだ。

 では、自己組織化とは? それについては、本サイトで前に紹介したことがある。そちらの項目を読むといいだろう。

 → 眼の形成(自己組織化): Open ブログ
 


 【 関連動画 】



posted by 管理人 at 23:53| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ