2018年03月22日

◆ 自動運転車の事故・続報

 ウーバーの自動運転車の事故の続報が出た。

 ──

 ウーバーの自動運転車の事故については、前に言及した。
  → 自動運転と赤外線センサー: Open ブログ

 そこではまだ詳細はわかっていなかったが、その後、だんだん事実が判明してきた。

 私は「事故のときのドライブモニターの動画を公開しろ。そうすることを制度化して強制しろ」と提案しようと思っていた。だが、それを書いて公開する前に、事実がその方向に進んだ。地元の警察がドライブモニターの動画を公開したのだ。下記にある。
  → Uberの歩行者死亡事故、直前までの動画をテンペ警察が公開



https://www.facebook.com/TempePolice/videos/2337144116311806/[リンク]


 見ればわかるように、走行中には、路上には何もない。しかし直前になって、歩行者が路上に飛び出してきた。こうなると、回避は困難だろう。少なくとも人間には回避不可能だ。(歩行者はロービームの光のなかに入っていないから、人間には見えない。)
 ハイビームを使っていれば見えただろうが、別記事によれば、速度は時速 64km だったということだから、ハイビームを使う速度ではない。また、高速道路ではないから、対向車のことを考えると、ハイビームは使いにくい。

 ちなみに、ロービームとハイビームについての人間の認識力については、下記の動画がある。





 これも、障害物が路上にあることが前提だ。いきなり目の前に飛び出したものには、回避は無理だ。

 ただし、先に述べた赤外線センサーによるシステムならば、回避は可能だろう。脇から路上に飛び出そうとする歩行者を、予測することができるからだ。(広視野なので、脇の方も見える。単眼カメラ方式の得意とするところだ。)

 ちなみに、引用記事には、LiDAR というものがある。これは超高価で未完成なシステムだ。(機械的部品に、あまりにも精密技術を必要とするせい。)
 LiDAR技術はまだ開発途上にある。
 LiDARは高価だ。街を走るロボットカーはすべて、周辺環境を把握できなければならないが、いちばん安いヴェロダインのセンサーでも4,000ドル(約48万円)する。
( → 自律走行車の開発レースの勝敗を決める「LiDAR」技術 ──その古くて新しい歴史と課題|WIRED.jp

 というわけで、こんなものは使い物にならない。筋悪すぎる。とはいえ、トヨタはこれにのめりこんでいるそうだ。
  → トヨタが自動運転に採用、22歳が開発した「高性能センサー」の実力|WIRED.jp

 赤外線センサー2台をステレオカメラにして使えば電子的に可能なことを、機械的に動く精密部品を使ってやろうとするのだから、筋悪だ。耐久性のことなんかろくに考えていないとわかる。



 【 関連サイト 】

 → 自律走行車の開発レースの勝敗を決める「LiDAR」技術 ──その古くて新しい歴史と課題|WIRED.jp (前出)


 【 関連動画 】





posted by 管理人 at 23:48| Comment(2) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
LiDARは早晩メカレス化されてますよ。
ここ2.3年で出てくるでしょう。自動車メーカーはそれを見越して開発してるんだと思いますよ。
Posted by 通りがかり at 2018年03月23日 09:36
 ドライブレコーダーの動画では、右側通行であることに注意。
 歩行者は、左から来るとき、歩道から来るのではなく、対向車線の車道を過ぎって、来ている。そのとき、こちらの車線に入ってからは、右を向くべきなのに、左を向いている。そのせいで、こちらの自動車には気づかない。

 なお、ロービームが歩行者を照らさないのは、対向車線の側だから。
 車線の右側については、ロービームがかなり照らしているので、普通に歩道からやって来る歩行者ならば、見えただろう。

 今回は、歩行者が特異な行動を取ったことが、主たる原因だ。ほとんど自殺行為と言える。
 
Posted by 管理人 at 2018年03月23日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ