2018年03月10日

◆ 日産自動車の没落

 日産自動車が没落しつつある。下手をすると倒産しかねないほど、利益率が低下している。

 ──

 日産自動車は、昨年上半期の世界生産台数が、(ルノー・三菱を含めて)グループ全体で世界首位になった、と誇った。しかし台数は増えても、利益率は低迷している、と報道された。
 《 販売台数が世界首位の日産 利益率低迷で喜んでばかりいられない?》
 喜んでばかりはいられない。販売で世界一になっても、利益率は低迷しているからだ。国内大手乗用車メーカー7社のうち、2017年4〜6月期の売上高営業利益率トップはスバルの約14%。以下、スズキ、トヨタ、ホンダが9〜7%台で続く。これに対して日産は5.6%とかなり離されており、「病み上がり」の三菱は最下位の4.7%にとどまる。
 日産は2011年度に策定した経営計画「日産パワー88」で、計画の最終年度である2016年度に売上高営業利益率と世界シェアをともに8%とする目標を掲げたが、どちらも達成できなかった。
( → ライブドアニュース

 《 日産の、販売台数が5%増加するも営業利益率は1ポイント悪化 》
 売上高は2兆7604億円と4.0%増加した。しかし、営業利益は1533億円で12.8%も減少し、営業利益率は1ポイント悪化の5.6%になっている。それは日本以外が大きく減少しているためだ。日本が952億円(40.0%増)に対し、北米508億円(36.0%減)、アジア174億円(23.5%減)で、欧州に至っては27億円の営業赤字に転落している。
 その減益要因で大きな部分はマーケティング・販売費用で、前年同期に比べ508億円も増えている。言ってみれば、台数を確保するためにインセンティブ(販売奨励金)を積み増したわけだ。
( → レスポンス(Response.jp)

 これは昨年前半の話。その後、「日産は北米でシェアを維持しているが、多額の販売リベート(奨励金)で大幅値引き販売しているだけだ。台数は保っているが、利益率は激減している、と報道された。
 呆れて心配していたが、本日発売のベストカーでは、もっとひどい状況が記されていた。



http://amzn.to/2DjtyAw


 日産で利益を出しているのは、国内市場ぐらい。国内分は、全体の1割未満の販売台数で、6割以上の利益を稼ぎ出している。換言すれば、それ以外の世界市場では、大量の販売台数を誇っても、利益がほとんど上がっていない。
 しかも、これは、大幅な円安という状況でのことだ。ここで、もうちょっと円高に振れたら、利益はすべて吹っ飛んでしまう。つまり、もうちょっと円高に振れたら、日産は大幅赤字を出して、倒産しかねないのだ。もう、顔真っ青である。

 どうしてこうなったか? 
 雑誌記事では、「モデルチェンジをしないから」と言っている。モデルチェンジをしないまま、7〜8年も前の古いモデルのまま売っている車が多い。これでは売れなくて当然だ、というわけ。
 なるほど。では、なぜ、モデルチェンジをしないのか? 金がないのか? いや、金ならば、空前の金余りのなかで、いくらでも貸してくれるだろう。となると、理由は、次のいずれかだ。
  ・ ゴーンが金をケチって、新車開発をしない。
  ・ 開発要員がいなくなって、開発できない。

 どっちであるかは知らないが、どっちにしても同様で、もはや生存能力をなくして瀕死のありさまだ。早晩、倒産しそうだ。

 もう一つ、根源的な理由もある。日産の車の品質評価が暴落している、ということだ。


ranking_brand.jpg


 この件は、前に別項で言及した。再掲しよう。
 見ればわかるように、日産・三菱・インフィニティが業界でも最低レベルのクラスだ。
 これは何を意味するかというと、日産の自動車技術の開発力の低さを意味するのではなくて、日産の使っている部品が粗悪品ばかりだということを意味する。要するに、部品を(低コストな)粗悪品ばかりにしている、ということだ。
 印象的に言えば、「日産の使っている部品は中国製の粗悪部品ばかりだ」という感じだ。実際に中国製ということはないのだが、韓国製の部品をかなり輸入しているし、粗悪品が多いのは事実であるようだ。

 まあ、輸入部品であっても、ちゃんとした品質のものであればいいのだが、日産の場合、タイ製のマーチを見てもわかるように、ひどい低品質の部品を多用している。粗悪品の塊という感じだ。それが、上のグラフにはっきりと出ている、と言えるだろう。
( → 日産が駄目になったわけ: Open ブログ

 このことは、世界的に定評となっている。「故障しない車がほしければ、トヨタ車がいい」とは言われるが、「日産車がいい」とは決して言われない。日産車は韓国車以下の粗悪品だ、というのが、世界的な定評だ。

 ただし、日本だけは違う。日本の人は、昔の「技術の日産」のことをよく覚えている人が多いので、日産車を「品質が高い」と今でも思い込んでいる。妄想を信じているわけだ。そのせいで、低品質のものを高額で買ってくれる。
 これはまあ、詐欺師にカモにされているのも同然だ。
 そこで、「詐欺師にだまされるな」というのをポリシーとしてる私が、難点を指摘しているわけだ。

 ──

 日産車は、自動ブレーキですら、5000円〜1万円ぐらいのコストを惜しんで、ミリ波レーダーを搭載しない。これほどにも安全性をないがしろにして、コストカットばかりに励む。
 そういう「コストカット体質」が、あらゆる部門に行き渡っている。だから、結果的に、「安かろう、悪かろう」という商品ばかりができる。そのせいで、高値で売れなくなって、利益率が激減する。まともに売れるのは、だまされている国内ユーザーを相手に高値販売しているときだけだ。(外国では、リベートで大幅値引きしているときだけだ。)
 もう、つぶれていいよ、と言いたいぐらいだ。

 ──

 では、どうすればいい? 困ったときの Openブログ……と言いたいところだが、私としても、画期的な名案があるわけじゃない。
 強いて言えば、「ゴーンを追放すること」だ。この人の「コストカット最優先」という方針が、諸悪の根源なのだから、ゴーンを追い出すことこそ、根本的な治療の条件となる。
 あと、もう一つ、大事なことがある。日産の統一デザイン(Vモーションと言われるもの)を、やめることだ。この統一デザインのせいで、日産車はみんな同じようなデザインで、魅力が低下している。これで成功しているのは、新型マイクラぐらいだろう。
( ※ フロントドアのウインドウのラインが低いので、ウェッジシェイプになっている。一方、ノートやリーフは、以前のドアを踏襲しているので、ウインドウのラインが高いままであり、ウェッジシェイプになれず、ずんぐりしたスタイルとなっている。悪くはないが、いまいちのデザインだ。)
 一方、Vモーションをやめて成功した例もある。セレナだ。セレナのデザインは好評だ。おかげで売れ行きも上々だ。仮に、セレナのデザインが Vモーションになっていたら、売上げは半減していただろう。
 逆に言えば、セレナ以外の日産車のほとんどは、 Vモーションのせいで、不評となり、販売台数が伸びず、利益率も低迷しているわけだ。要するに、日産の不振の理由の半分は、Vモーションのせいだと言える。(残りの半分は品質の低下。)

 なお、あともう一つ、根源的な問題がある。それは「社内の英語公用語化」だ。こいつのせいで、日産の開発能力は大幅に低下してしまった。この件は、前に論じた。
  → 日産が駄目になったわけ: Open ブログ

 この件も合わせて、ゴーンを追放することこそ、日産が再生するための条件となる。問題は、ゴーンが出ていく前に、日産が赤字倒産するかどうかだ。円安が続けばいいが、円高になれば、日産は一挙に倒産しかねない。



 【 関連項目 】

  → 日産のデザイン責任者の交替: Open ブログ

 日産のデザイン責任者が交替した。中村史郎から、外国人へ。
 しかし、この外国人が Vモーションを推進している。この方針は、なかなか撤回されないだろう。困ったことだ。
 こんな人物を選ぶ経営者が悪い、と言えばそれまでだが。

 ともあれ、日産は、瀕死の重病人、というありさまだ。環境が悪化したら一気に死亡してもおかしくない状態だ。



 [ 付記 ]
 なお、もっといろいろと詳しいことを知りたければ、上記のベストカーを買えばいいだろう。興味深い話がいろいろと書いてある。これを読むと、「日産って、ダメになったね」ということが、ひしひしと伝わってくる。あまりにも可哀想なので、同情して、「つぶれないように頑張って」と応援する批評家が多い。
 私としても、可哀想なので、応援したいんだけどね。いかんせん、ゴーンが……

  Gone with the wind ....

 (日産は風と共に去りぬ。ゴーンとともに死ぬ。)

 ──

 なお、ベストカーに書いてあるが、日産の品質レベルは、もはやスズキ(スイフト)以下だ。
 日産よりも上なのは、トヨタ・ホンダ・スバル・マツダ・スズキ。日産よりもしたなのは、三菱だけ。……まったく、情けないありさまだ。スバル・マツダ・スズキの後塵を拝するのだから、企業経営としては大失敗の部類に入るだろう。
 コストカットのことばかり考えているから、こうなる。……一般的な日本企業の典型かもね。
posted by 管理人 at 18:48| Comment(7) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあ、無理でしょうな。
言わば、彼はルノーのエージェントですから。
乗っ取り成功です。
もはや、日産は食い尽くされて、捨てられる運命です。
顧客は騙せなかったということでしょうね。
Posted by 普通のおっさん at 2018年03月10日 21:17
だったら日産でルノーを売ればいいのだけれど
日本で売れるようなルノー車もない
ルノーもマツダスズキ以下だってこと
最近の話
日産ディラーの営業マンはひいき筋の老人のユーザのところにもまわらないことになったそうだ
ディラーに買いたいと言ってきた人にしか売らないらしい
日産とかいてヒサンと読む
Posted by ヒサン at 2018年03月11日 04:51
日本国の縮図の見せられている様な話ですね。
上は自分の懐を潤し、下には節約、粗悪、忍耐を押し付けるというのが……。
Posted by 無機名 at 2018年03月11日 06:10
このことでまたぞろ円安政策になったら嫌だなあ。
円安は国民全体の負担により(自民党に献金する自動車産業等の)輸出企業に帳簿上の利益をもたらすものと思っています。
安倍ちゃんは円安で株価が上がる(アベノミクス大成功)と言っているが、海外機関投資家が日本株を買う(このことで株価が上がる)と同時にリスクヘッジで円を売る(円安になる)行動をとっているもので原因と結果が逆でしょう。
Posted by アラ還オヤジ at 2018年03月11日 07:30
あいかわらず突っ込みどころが多いですね。
あなたは自分の都合の良いデータだけあつめて持ち出しているだけです。

>> 見ればわかるように、日産・三菱・インフィニティが業界でも最低レベルのクラスだ。

http://japan.jdpower.com/ja/press-release/2017%20US%20Initial%20Quality%20Study%20%28IQS%29/JP
http://www.jdpower.com/press-releases/jd-power-2018-us-vehicle-dependability-study?src=homepage

品質調査なんてこんなもんです。
所詮人間が採点するものですので、結果はころころ変わります。


>> 社内の英語公用語化」だ。こいつのせいで、日産の開発能力は大幅に低下してしまった。

日産の社内公用語は日本語ですね。
日本での開発は日本語です。
海外と会議をする際は当然英語となりますが、これは日本の会社はどこでもそうです。

>> モデルチェンジをしないまま、7〜8年も前の古いモデルのまま売っている車が多い。

これは日本に限った話ですね。
その他市場では他社と同程度の頻度でマイナーチェンジとモデルチェンジを繰り返してます。
別段国内外他社と違いはありませんね。

>> セレナのデザインは好評だ。おかげで売れ行きも上々だ。仮に、セレナのデザインが Vモーションになっていたら、売上げは半減していただろう。

セレナにもVモーショングリルは採用されてますね。
あとノートやエクストレイルの成功は無視ですか?

>> 日産のデザイン責任者が交替した。中村史郎から、外国人へ。
 しかし、この外国人が Vモーションを推進している。この方針は、なかなか撤回されないだろう。困ったことだ。
 こんな人物を選ぶ経営者が悪い、と言えばそれまでだが。

Vモーショングリルの生みの親が中村氏自身です。推進していたのもこの方。
新責任者は現在のインフィニティデザインの生みの親ですね。
Posted by きゅうとぴ at 2018年03月13日 21:15
> 結果はころころ変わります。

 残念でした。それは初期品質のデータ。本記事で示しているのは耐久性のデータ。全然、別のデータです。データがコロコロ変わるんじゃない。あなたの視点がコロコロ変わっているだけ。
 両方のデータを混同しているですね。

> 日産の社内公用語は日本語ですね。

 あなたは人の話を読まないで誤解しています。この件はちゃんとリンク先(およびそのまたリンク先)で詳しく説明してあります。人の説明を読んでから書きましょう。そうすれば事実誤認を避けられます。

> これは日本に限った話ですね。

 そんなわけがないでしょ。キューブ、フェアレディ、ジューク、アルティマ、エルグランド。ま、国内専用車だと、他にも多いが。

> セレナにもVモーショングリルは採用されてますね

 あれはVモーショングリルじゃないですよ。ちょっと似た感じがあるだけで、全然別物。特に、豚の鼻がないし、V の銀棒もない。

> ノートやエクストレイルの成功

 ノートは古くて売れなくなっている。成功しているのは e-power だけ。あと、ベストカーにも書いてあるが、日産の他の小型車が全部売れなくなっているので、日産ファンがせいぜいノートぐらいを買うようになっているだけ。ノートは売れていても、日産の小型車全体では大幅減少。
 エクストレイルも先代の成功に比べて落ちている。先代は業界トップだったのに、今ではライバル比でトヨタやマツダに負けてしまった。1位から3位に落ちてしまった。もしかしたら CRV にも負けて4位かも。大失敗ではないが、小失敗の部類。まともに成功しているのはローグだけ。ただ、ローグも台数は出ているが、利益は出ていないので、単に安売りしているだけだ。利益を出している他社とは比べものにならない。

> Vモーショングリルの生みの親が中村氏自身です。推進していたのもこの方。

 それはそうだけど、わかっているから、いちいち書かなくてもいいです。本記事ではそのあとのことを書いています。話題が別。

> 新責任者は現在のインフィニティデザインの生みの親ですね。

 そんなことは関係ない。この人は Vモーション2 という新デザインの推進者。それが話題となっている。
 中村史郎の Vモーションのゴリ押しがなくなって、これで改善されそうだと喜んでいたら、かわりに Vモーション2 を推進している。がっかり。そういう話。
Posted by 管理人 at 2018年03月13日 21:51
技術はごっそり盗んで、分断統治ってことなんでしょうな
ゴーン氏、価値を生む仕事には向いていない人ですね
Posted by 普通のおっさん at 2018年03月14日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ