2018年03月03日

◆ 野菜が高い(冬物)2

 野菜が高い、という話の続編。

 ──

 野菜が高い、という話を前に書いた。
  → 野菜が高い(冬物): Open ブログ

 ここでは、「価格が戻るのは、年明けになってから らしいが、不確実」と書いた。現実には、年明けどころか、2月になっても、3月になっても、野菜は高いままだ。困った。
 では、どうする? 

 ──

 困ったときの Openブログ……と言いたいところだが、私としても、画期的な名案があるわけではない。とりあえずは、ちょっとした工夫ぐらいを示そう。(普通に思いつく案が多いが。)

 前に示したのは、「根菜類と、切り干し大根」だった。
 このうち、タマネギとニンジンは、けっこう重宝するが、すぐに食べ飽きてしまう。毎度毎度、こればかりでは、緑のものが足りない。

 そこでお薦めしたいのは、豆苗だ。ただしこれも、ちょっと工夫がいる。

 (1) 豆苗は、成長に時間がかかる。「切ってから何度も育てて使う」という方法が推奨されているが、この方法では時間がかかりすぎる。私のお薦めは、こうだ。
 「切らずに3週間育てる。3週間後に、背丈が3倍以上になったところで、切って使う」

 一般に、植物が伸びるのは、成長点(てっぺんのそばにある)である。成長点を切ってしまっては、生育速度が落ちる。だから、成長点を切らずに、限界まで伸ばせばいい。「何度も切って使う」という普通の方法は、うまい方法ではないのだ。(グズグズして時間をかけているうちに、豆苗の豆が腐ってしまう。)

 (2) 豆苗は、食べにくい。繊維が固いので、繊維を束ねた状態では、歯でかみ切れない。そこで、細かく包丁で切っておく必要がある。レンジで加熱する必要もある。けっこう面倒だ。

 (3) 味も良くない。甘味を感じさせる他の野菜に比べて、味が苦い。大量に食べると、おいしくない。添え物として食べるぐらいだ。この問題を解決するには、「少量を薬味として食べる」といい。メインの野菜ではなく、薬味として添え物にするぐらいがいい。お薦めは、味噌汁の具だ。ワカメやネギや豆腐という定番のほかに、豆苗の小間切れをいくらか混ぜるといい。

 ……という工夫をすれば、緑の野菜を安上がりに食べることもできる。キャベツやレタスや白菜は、馬鹿高いままなので、上記の豆苗で補おう。



 [ 付記1 ]
 緑のもの以外では、根菜類がいいが、カボチャもいいだろう。注意点は、下記。
  → カボチャの皮をむく: Open ブログ

 [ 付記2 ]
 根菜類で料理を作ったあとでは、トマト缶のトマトを投入すると、味を変えて楽しめることが多い。
  ・ ポトフの残りに トマトを投入 → ミネストローネになる。
  ・ カレーの残りに トマトを投入 → トマトカレーになる。


 [ 付記3 ]
 前にも述べたが、切り干し大根もお薦めだ。店頭では少量でしかないが、水でふやかすと、10倍ぐらいに増える。うまく安上がりに買えば、コスパが最もいい野菜かもしれない。(野菜の高騰時には。)
 ただし、切り干し大根は、店によって値段に大差がある。イオンでは比較的安上がりに買えるようだが、その倍以上の高価格で売っている店も多い。

 切り干し大根の味付けは普通にめんつゆみたいな味でいいが、七味で辛みを付けると、ちょっとおいしいね。
 お餅を焼いて食べるときに、砂糖と醤油と七味を一緒にして味付けするようなもの。単純な味よりは、少し複雑になる。
 ま、お好みでどうぞ。具材も、いろいろと混ぜてもいい。

 ダイエットをするなら、切り干し大根がお薦めだ。炭水化物を食べ過ぎたあとなら、切り干し大根で腹を満腹させながら、ダイエットすることができる。

 [ 付記4 ]
 野菜が重要なのは、食物繊維があるからだ。
 食物繊維が大事であることについては、下記でも論じた。
  → 腸内細菌・自己免疫疾患・子宮頸がんワクチン: Open ブログ

 食物繊維の点では、もやし は不適切だ。ほとんどが水分だからだ。
  → 野菜が高い(冬物): Open ブログ

 ビタミンなどの栄養素で言うと、野菜ジュースや果物ジュースでも栄養は十分に取れるし、価格も激安だが、食物繊維がないので、最も肝心のものが抜けていることになる。
  → 野菜ジュースで便秘になる: Open ブログ
posted by 管理人 at 21:55| Comment(6) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普段なかなか手を出しにくいブランド野菜は相対的に割安感が出ています。トマトは通常品は高値になっていますが、一部のブランドトマトは高値安定の状態です。両者の価格差は縮まってきていますからブランド野菜を購入してみるいい機会かもしれません。
Posted by 作業員 at 2018年03月04日 00:36
 トマトは今の季節だと、高いだけでなく、あまりおいしくないですね。ハウスものらしいけど。
 トマト缶が安く買えるほか、トマトジュースもいい感じ。食物繊維も少しは入っているし。
Posted by 管理人 at 2018年03月04日 00:41
トマトの旬は初夏〜夏だと私も思っていました。露地物が出荷されるせいでしょうか。
ところが晩冬〜春にかけて糖度が最も上がるトマトがあってこの品種は今頃がいい時期です。(ハウスものです。生産者からの話。)このトマトを夏に食べましたが育ちすぎで薄味で、盛夏には暑すぎて育たないという理由で入荷しなくなりました。
問題は価格が高いことです。400gのカットトマト缶の方が圧倒的に安価で使いやすいことに異論はありません。
Posted by 作業員 at 2018年03月04日 09:14
>トマトの旬は初夏
そう思って、この時期にだけいただいています。
∵10年近く前マスコミ報道で、冬季のトマトには発がん物質が含まれているとのこと(迷報道かも?)でしたので...
逆に、旬のトマトには抗がん物質がふくまれているとのことでしたが...
Posted by yomoyamapage at 2018年03月04日 17:46
オクラは繊維豊富で、あのネバネバが素晴らしい…ムチン、たんぱく分解酵素、カロチン、カリウム、カルシウム。
このところ、ずっと100円前後ですし、調理の幅も広い。
一年中重宝してます。お勧めです。
Posted by 名無し at 2018年03月05日 00:51
因みに、豆苗の苦みは美味しいですけど、やや青臭さを感じるかもしれませんね。
酒で蒸して胡麻油と岩塩一つまみで味付けすれば美味しいですが・・・
因みに、昨今の野菜は野菜本来が持ってた強い味わいが薄くなってますね。
とにかく、甘みを追求しすぎて、似たり寄ったりの味わいになってます。
フランス料理でフォンを取ろうとすると、甘い味が勝って使い物にならないというシェフも多いです。
時代の流れと言えば仕方ないですが(嗜好に合わせないといけないし)、豊かな味の広がりは楽しめないと思います。
Posted by 名無し at 2018年03月05日 00:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ