2018年02月04日

◆ 災害死者の氏名公表

 災害死者の氏名公表をするべきか? 一般人はともかく公務員の公務中の殉職はどうか? 

 ──

 これが問題となったのは、白根山の噴火のときに犠牲になった自衛隊員の氏名が、二日間も公表されなかったこと。
 12人が死傷した草津白根山(群馬県草津町)の噴火で、亡くなった自衛隊員の氏名の公表まで丸2日かかった。防衛省は「遺族の同意を得るのに時間を要した」と説明。群馬県と群馬県警でも、公表の方法を定めた国の方針をめぐって一時、認識のずれがみられた。識者は災害の実相を伝えるためにも氏名は明らかにされるべきだと指摘するが……
 背景には、遺族の違法への配慮がある。防衛省によると、公務中の死亡者名は「公表が原則」だが、「家族の同意」が条件。
( → 「県が氏名発表」認識にズレ 草津白根山噴火、死亡の自衛隊員:朝日新聞デジタル

 「家族の同意」が条件というのは、一般的には成立するだろう。しかし公務員の公務中は、話が別だ。これは業務の一環なのだから、プライバシーは関係ない。業務についての情報公開の一つとして、死亡者名も公表するのが当然だろう。
 ただし、例外もある。それは、「公表すると死亡者の不名誉になる」という場合だ。この場合には、プライバシー権が成立する。
 一方、今回の場合は、どうか? 業務中の殉職ということで、死後に特別昇任(2階級特進?)があった。
 こういう「名誉ある殉職」という扱いなのだから、氏名公表は当然のことだろう。
 新聞でも名誉ある死として大きく報道された。
  → 3等陸尉に特別昇任:朝日新聞 2018年1月29日
  → 犠牲の陸曹長、別の隊員守り噴石直撃か:朝日新聞 2018年1月26日

 結局、「名誉ある死」(特別昇任あり)ならば、家族の同意なしに、さっさと公表するべきだ。ただし、同時に、家族には「名誉ある殉職」と「特別昇任あり」を伝達するべきだ。
 このとき、家族は「公表を拒否」できる。ただし、その場合、「特別昇任の取り消し」で「不名誉除隊」の扱いになる、と伝えるべきだろう。……こう伝えれば、ほぼ自動的に、「家族の同意」を得ることができる。

 こうして、家族も政府もマスコミも win-win の形で公表可能となる。
 物事は、頭の使いようで、いくらでも解決できるものだ。(逆に、知恵が回らないと、無駄に余計な手続きをかけて、時間を無駄につぶす。)
posted by 管理人 at 19:00| Comment(8) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
公務中/業務中、特に第三者の目が無い場所での死亡者の氏名公表にはどんなメリットがあるのでしょうか。
今回の場合は
「遺族の同意を得るのに時間を要した」
とのことですが、遺族を説得してまで公表するメリットとは何なのでしょうか。
Posted by 横断中 at 2018年02月04日 21:04
> 公表するメリット

 公務に関することは、公開するのが原則でしょう。(プライバシーの侵害がない限り。)
 あえて「墨塗り」にして、公務の情報を隠蔽する必要がない。後ろめたいことをしている安倍首相じゃあるまいし。
 何だって公務の情報を隠蔽する必要があるのか? 

> 遺族を説得してまで公表する

 説得する必要などはない、というのが本項の主張です。
 遺族は、拒否したければ、拒否してもいい。ただしその場合には、「名誉ある死」の扱いはされないし、2階級特進もない。
 今回の場合は、自衛隊による公的な葬儀がなされて、名誉ある葬儀となった。
  → http://j.mp/2DZqQFw
 名前を公表しないのでは、こういう扱いはできず、犯罪者のようにひっそりと葬られることになる。
 殉職した公務員の名を公表することは、何よりも、本人のためになる。公表以外はあり得ない。ただ、どうせ公表するにしても、余計な無駄手間をかけるかどうか、という問題があるだけだ。
 基本的には、同意なしにさっさと公表して、同意は事後に得ればいいだろう。
Posted by 管理人 at 2018年02月04日 23:54
だいたいは問題ないと思いますが、なにかの理由で個人情報を隠したい人もいるので、ベストな方法ではないと思います。

絶対公開しない家族がいたら、英雄なのに不名誉除隊になってしまう恐れがあります。
Posted by 時々コメントしてます at 2018年02月05日 11:20
> 個人情報を隠したい人

氏名は個人情報じゃありません。個人情報にあたる住所や電話番号は公開していません。
 
氏名なら、隠したいかどうかは、関係ありません。気持ちがどうであれ、公務員は公務中には自分の氏名を表示することが義務づけられています。役所に行けば、みんな胸に名札を付けていますよ。
公務中に氏名を隠したいのであれば、公務員を辞めてもらうしかないですね。逆に言えば、公務員をやっている時点で、公務中に氏名を公開することに同意しています。
 
> 絶対公開しない家族がいたら、英雄なのに不名誉除隊になってしまう恐れがあります。

私の方式なら、不名誉除隊はありえません。政府が一方的に公開するんだから、家族がどうしようと関係ないです。常に英雄扱いとなります。
その意味でも、私の方式が最善。死者の名誉のためにも。
Posted by 管理人 at 2018年02月05日 12:17
森加計問題に関してはこちらをどうぞ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180205-00054360-gendaibiz-bus_all
Posted by ゆうき at 2018年02月05日 14:36
その Yahoo のページは、安倍首相の腰巾着として有名な高橋洋一が自分の名前を隠して公開しているページ。(別ページでは名前を公開しているがこのページでは無署名。)

政策提言と言いながら政府に向かっては何も提言しないでマスコミに注文を付けているだけだが、そういうのは政策提言とは言わない。
Posted by 通りすがり at 2018年02月05日 16:07
名前はともかく、経歴とか人柄とかはいちいち取材しなくていいと思う
Posted by 都会者 at 2018年02月05日 17:35
 参考記事。名誉ある葬儀。

 ──

 部隊葬儀が26日、所属する相馬原駐屯地(群馬県榛東村)で営まれ、隊員らが突然の死を悼んだ。
 参列した草津町の黒岩信忠町長は「立派な方だった。人の命の重さを痛感した」と声を詰まらせた。寒空の下、敬礼する多くの隊員に見守られて出棺した。

 http://www.sankei.com/affairs/news/180127/afr1801270013-n1.html
Posted by 管理人 at 2018年02月05日 18:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ