2018年01月25日

◆ 少子化と東大のレベル低下/男女別学の効果

 少子化で東大のレベル低下が起こっているそうだ。
 一方で、男女別学には効果があるそうだ。

 ──

 東大というと、昔から傑出した秀才の集まりと思われてきたが、近年では相当事情が異なっているようだ。東大生のレベル低下が起こっているらしい。
  → 東大の中下位層はレベルが下がっている……林修がその原因を推理
  → 東大理1が岐阜大(医学部)と同レベル

 国立大医学部と比べると、東大理1は、以前は上回っていたのに、近年ではそうではなくなってきているという。

 ドラゴン桜というマンガでは、劣等生が東大に入る、という話があった。
 ビリギャルという実話・物語では、超劣等生が慶大に入る、という話があった。
  → 学年でビリだったギャルが慶應大学に現役で合格した話
  → 初登場! 私が慶應に受かった「ビリギャル」です
  → 慶応大に進学した“ビリギャル” その後の物語

 これというのも、東大理1の定員はかなり多いので、少子化の影響をまともに受けるからだろう。
 少子化の影響がこんなところに出ているわけだ。



http://amzn.to/2Br7nYb



 ──

 話は変わるが、「男女別学では、生徒の学力が大幅に向上する」というデータがある。オーストラリアの話。
 2000年に6年間の調査結果として、男女別学の学校で学んだ生徒の方が、共学で学んだ生徒たちよりも15〜22%成績がよいことを発表しています。
 実際にイギリスの全国統一模試の上位50校のうち、8割を男女別学の学校が占めています。また日本と同じアジア圏の韓国でも同様に、2009年の大学修学能力試験で、上位100校のうちの7割は男女別学の学校であると「韓国日報」が報じています。
( → 日本で女子校が減る理由、海外で女子校が増える理由 - 子育ての達人

 はてなブックマークにも感想がある。
hiroyuki1983  桜蔭、開成、灘といった名門校が軒並み昔から男女別なことを考えると「少子化の中でも男女別を維持できるブランド校には優秀な生徒が集まる説」よりは「男女別の方が成績が良くなる説」の方が有力な気がする

sayaka_pinky  横浜の別学某進学校、高3で選択授業で共学化するんだけど女子と机を並べた途端に男子学生の学力ガタ落ちするって20年前から言われてたなー。

 ついでだが、私自身の体験を言えば、中学生時代は共学で、朝から晩まで女の子(ガールフレンド)のことばかり考えていたが、高校は別学でした。別に、別学だから選んだというわけじゃなくて、単純に偏差値で別学の高校を選んだのだが、別学の方が自分に向いていると思ったし、実際にそうだった。
 上の sayaka_pinky さんの言っていることには、身につまされる。別学にしていて、良かった。もし共学にしていたら、一浪していたかもね。
posted by 管理人 at 07:14| Comment(1) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう。
男子高校生時代なんて、煩悩の塊ですもんね。
集中できるわけがない。
(たとい、実交際のない非モテであっても!)
Posted by けろ at 2018年01月26日 10:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ