2018年01月09日

◆ 高齢老人の自動車事故

 高齢老人の自動車事故がまたあった。国の検査でパスした直後なのに、運転事故。

 ──
 
 高齢老人の運転する自動車事故がまたあった。
 《 女子高生2人、はねられ重体 85歳男性が運転 》
 前橋市北代田町の県道で、85歳の男性が運転する乗用車が自転車の女子高校生2人をはねる事故があった。前橋署によると、女子高校生は2人とも意識不明の重体。
 乗用車は北から南へ向かう途中、対向車線の車と接触し、縁石に乗り上げて民家の塀と衝突し横転。自転車で縦列で走行中だった女子高校生2人を巻き込み、さらに別の車とぶつかって停止したという。
  男性の息子の妻(56)によると、男性には普段から物忘れなどがみられ、免許返納を勧めていたが拒まれていた。昨秋には認知機能検査を経て免許が更新されたという。「物損事故を数え切れないくらい起こし、いつも『運転はやめて』と話していた。今朝も(家族にとめられないよう)隠れるように出て行ってしまった」と話す。
( → 朝日新聞 2018-01-09

 高齢者を批判する人が多そうだが、高齢者には責任はないと思う。自分で正常な判断ができなくなっているのだから、「責任能力なし」と判定できそうだ。法律の普通の判断なら、責任は免責されておかしくない。(まったく責任なし、ということはないが、半分ぐらいは免責されていい。)

 問題は、無能な高齢者そのものでなく、無能な高齢者に免許を許容する国の制度だ。
 「物損事故を数え切れないくらい起こし、いつも『運転はやめて』と話していた」
 というような(半)痴呆老人に免許を許容する方がどうかしている。

 記事では、
 「昨秋には認知機能検査を経て免許が更新された」
 ということだ。ここでは、「認知機能検査を経て免許」という制度そのものが根源的に狂っていることになる。
 なぜか? 検査すべきことは、認知機能ではなくて、運転能力であるからだ。高齢化して、運転能力が欠落しているのに、「認知機能は著しく悪化してはいない」というような理屈で、免許を許容する。こういうデタラメな制度が問題だ。

 仮に、こんな制度が認められるのなら、自動車免許という制度そのものが根源的に否定される。かわりに、「認知症検査」を受けさせて、それで点数が著しく低くない人の全員に、運転免許証が許容されるはずだ。そうなったら、運転能力のない人々にどんどん免許証が交付される。……そういう馬鹿げた状態になる。
 そして、それと同様の馬鹿げたことをやっているのが、今の「高齢者に免許証を許容する」という制度だ。

 ──

 では、この悪しき制度を、どう改善するべきか? 
 それについては、前に述べたことがある。
  → 高齢の運転不適格者: Open ブログ
  → 高齢者免許と認知症診断: Open ブログ

 要するに、高齢者に対して、運転能力の検査をすればいい。そこで点数が低い人は、免許証を取り上げる。
 というより、むしろ、高齢者に対しては一律に免許証を廃止する方がいい。そして、検査でパスした人のみに、延長を認める。検査をパスしなかったり、検査を受けなかったりすれば、免許証は自動的に失効する。
 これならば、問題ない。仮に、そういうふうにしていたら、今回の高校生の被害はなかったはずだ。
 国のせいで、高校生に重大な被害が生じた。そして、今後もまた続々と。
 お寒い話だ。
 


 【 関連項目 】

 別案もある。
 「自動ブレーキを搭載した自動車に限定した免許」というのを、高齢者向けに用意する……というもの。
  → 高齢者には限定免許を: Open ブログ

 自動ブレーキ付きの自動車ならば、高齢者が運転しても、重度に危険な事故は起こしにくくなる。だから、自動ブレーキを搭載した自動車に限ってなら、ある程度、運転を認めてもいい……というわけだ。
 今回の事故でも、自動ブレーキを搭載した自動車を運転していたなら、これほどひどい被害は生じなかっただろう。
 
posted by 管理人 at 20:17| Comment(6) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
報道を見る限り、この方の場合、
免許がなくても運転しちゃいそうですけどね。
Posted by わたあめ at 2018年01月10日 09:18
法的規制
@認知試験と運転試験の両方を義務付した方が良いと思います。
A自動ブレーキでやたらブレーキばかり掛ける場合、追突事故の多発に繋がる可能性あります。
ただ地方だと、車が無くなると生活出来なくなる人が出て来るので、どうしたら良いか?
Posted by 中高年の親父 at 2018年01月10日 10:32
> 自動ブレーキでやたらブレーキばかり掛ける場合、追突事故の多発に繋がる可能性あります。

 自動ブレーキは直前までかからない。だから、放置した場合、ブレーキに強い衝撃がかかり、非常に不快です。「死なずに済んだ」という程度のことであって、体には衝撃が加わって、不快です。放置する人はいないでしょう。

> ただ地方だと、車が無くなると生活出来なくなる人が出て来るので、どうしたら良いか?

 僻地から町村部に移住する、というのがお薦めです。そばに小型スーパーぐらいはあるところ。
 月2〜3万円程度の借間暮らしなら、年 30万円程度。自動車の維持費よりは安い。狭いのが不満だろうが、都市部だって若者は狭い部屋に住んでいる。
 僻地に住むのは、僻地に農地があって働いているような生産者の場合。(高齢で)働きもしないのに僻地に住むのは、もはや金持ちのぜいたくとなっている。そういうぜいたくをやめればいい。
Posted by 管理人 at 2018年01月10日 13:00
> かわりに、「認知症検査」を受けさせて、それで点数が著しく低くない人の全員に、
> 運転免許証が許容されるはずだ。

これほどひどい論理の飛躍はめったに見ないわね
Posted by さなえklaus at 2018年01月12日 20:41
 そりゃまあ、皮肉とかナンセンスとかは、論理が飛躍しているものです。皮肉とかナンセンスとかに、論理を求める人はいないでしょう。
 もともと「馬鹿げた」と書いてあるんだし。ちゃんと読んでね。
Posted by 管理人 at 2018年01月12日 21:04
 類似事故。
 87歳。白内障で運転困難なのに、認知症の検査ではパスしたから、免許証は取り消されなかった例。
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180117/k10011292421000.html
Posted by 管理人 at 2018年01月18日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ