2017年12月31日

◆ 首都圏の基地を移転せよ

 北朝鮮のミサイルの標的となる米軍基地を、首都圏からは移転するべきだ。

 ──

 北朝鮮のミサイルの危険性があるからといって、政府は住民に避難訓練を強要している。
  → 北ミサイルには避難するな 2: Open ブログ (前項)

 しかし、こんなことをするよりは、標的となる米軍基地を移転する方がいい。特に、首都圏から移転するべきだ。(そっちの方がずっと効果的だ。)

 ──

 そもそも、首都圏に米軍基地があるということの方がおかしい。都市部に危険な基地を置くなんて、狂気の沙汰だ。

 米国だって、ニューヨークやワシントンに軍事基地を作ったりはしない。むしろ、グアムとかネバダみたいな地方部に軍事基地が多い。
  → 米軍基地の地理的配置

 なのに日本では、首都圏に基地がある。これはおかしい。
 特に、横田や厚木の空港は、騒音被害もあるので、撤去した方がいい。この件は、前にも述べた。
  → 厚木基地の騒音問題は?: Open ブログ

 その後、厚木基地の航空機は、岩国に移転することになった。これは好ましいことだ。
  → 厚木から岩国へ米軍移転: Open ブログ

 ところが、移転したあとも、米軍は厚木基地を使い続けている。
  → 厚木基地で離着陸訓練: Open ブログ

 しかし、これは好ましくない。むしろ、米軍機はすべて追い出して、厚木基地は日本の民間機で利用した方がいい。民間機ならば、軍用機よりも、騒音は圧倒的に小さいので、騒音問題もなくなる。
  → 厚木基地の騒音問題は?: Open ブログ

 ──

 また、騒音以外に、別の論点もある。
 厚木基地や横田基地を、民間で利用できるようになると、航空機を安価に利用できるようになるのだ。
 今現在、首都圏で航空機を使うのは、羽田を使うのが普通だ。しかし、羽田は容量が満杯なので、需要と供給の関係から、航空運賃は高止まりしている。
 その一方で、成田発の国内便は格安だ。
 たとえば、「東京・沖縄」の料金は、羽田発だと、2.5〜3.8万円ぐらいが多いが、成田発だと、6500円ぐらいで済む。2〜3割ぐらいの格安料金で済むわけだ。

 「だったら成田発を使えばいいだろ」と思うかもしれないが、千葉県民ならともかく、東京西部や神奈川・静岡・山梨あたりに住む人にとっては、成田は遠すぎる。一方で、横田や厚木は近い。だから、横田や厚木の米軍基地を民間利用できるようになれば、首都圏の南西部に住む人々にとってはとても有益なのだ。(日本各地に安価で航空便利用できるようになる。)

 ──

 ちなみに、奄美大島のホテルを無料で利用できた、という体験談がある。(有名人の例)
  → SNSのフォロワーが多いと高級ホテルに安く泊まれる「フォロ割」に一番乗りしてきた - ヨッピーのブログ
 11万円分のホテル利用が無料で済んだ、という話。

 ただし、航空機は、羽田発なので、13万円弱もかかった。ここで、成田発にすれば、(片道1人 7360円なので、2名往復なら)合計3万円で済んだはずだ。
 ホテル代では 11万円も得したが、航空機代では 10万円も損した。それというのも、成田があまりにも遠すぎて、利用しづらいからだ。
 一方、厚木や横田を民間機で利用できるようになれば、これらの空港からの発着も安価になるので、安価に航空機を利用できるようになるわけだ。

 ──

 というわけで。
 「北朝鮮のミサイルについて避難訓練をするぐらいなら、米軍基地を移転せよ」

 という結論になる。その理由は、
  ・ 安全性のため
  ・ 航空運賃が激安になるから

 という二点だ。 

 この二点のうち、前者は当然だが、後者はちょっと発想が飛躍しているだろう。だから、たいていの人は、思いつきもしないだろう。
 しかし、こういう効果もあるのだ。一石二鳥ふうに。

 北朝鮮のミサイルで騒ぐよりは、「災い転じて福となす」というふうにした方がいい。

( ※ 「ミサイル騒動をまんまとうまく利用する」というのを、実際にやっているのが、安倍首相だ。北朝鮮のミサイルについての人々の不安のおかげで、選挙では大幅に票を伸ばして、圧倒的多数の議席を得た。北朝鮮のミサイルを、うまく政治利用している。)




posted by 管理人 at 10:00| Comment(7) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
在日米軍基地は首都を包囲しているのです。
日本が反抗しようとしたら、すぐに首都を占拠して、反米政権を叩き潰すつもりなんです。
Posted by Inoue at 2018年01月01日 10:00
> 反米政権

 その可能性はないんじゃない? 反米政権ができたら、米軍よりも先に、国民がたたきつぶしそうだ。
 そういえば、民主党の致命的要因は、鳩山の反米政策だったかもね。あれで総スカンを食った。
Posted by 管理人 at 2018年01月01日 11:03
横田、厚木を民間転用するのは別に問題ないが、勿論成田空港は残すべき。千葉県民や東京23区東部民にとって成田空港は必要ですので。
千葉から横田、厚木はかなり遠いですので。
Posted by まりもん at 2018年01月06日 03:03
米軍の駐留も憲法も、もともとの狙いは日本を戦争が出来ないように
締め上げることですよね。日本が開戦時に世界最先端の飛行機技術を
持っていたのに現在実質的な後発国になったしまったのはその名残で
すし。故糸川博士が航空機開発の仕事を戦後潰された時に自殺を考え
ていた事を著作で読みました。

冷戦の勃発と朝鮮戦争で事情が変わり、日本を防共の砦にしないと
いけない事情から米国の対日政策が180度方針が変わった状況を
故小室直樹氏は「太平洋戦争中に吹かなかった神風が戦後まとめて
吹いた」と表現されていました(確かに地図を見ると、日本が赤化
した場合、太平洋が共産主義勢力の支配下になってしまいますね
^^;)。

そもそも米国内では禁止されている共産主義者をGHQが釈放した
のも、もともとの意図は丸見えですし。

その意味では  Inoue さんの

>在日米軍基地は首都を包囲しているのです。

はもともとの狙いには合致していると思います。
もっとも沖縄では逆に米軍基地が日本の軍用基地建設の制限を受け
なかった故に基地が建設されるとあっと言う間に住宅や民間施設が
周辺に乱立して、その補助費用(悪く言えばたかり、ですか)
負担に耐え切れず沖縄返還が行われたんだろう、と週刊新潮の巻末
コラムで揶揄されていましたけど、併せて否定しきれない不気味さ
があります。

>民主党の致命的要因は、鳩山の反米政策だったかもね。あれで総スカンを食った。

あと、何と言っても尖閣諸島の漁船衝突問題がハイライトだったと
思います。中国側が「全ての責任は日本側にある」と言っているのに
「外交上の配慮」と称して一切の動画・画像を公表しなかった。
元海上保安庁の有志が自分の将来を犠牲にして動画を公開しなければ
無実の責任を擦り付けられていた訳ですから。

民主党政権に「いったいどこの国の政権なんだ」と国民が不信感を持
ったのは自然な流れだったと感じます。
Posted by ky12 at 2018年01月09日 22:10
> 日本が開戦時に世界最先端の飛行機技術を持っていたのに

 それは、ジブリの映画で有名な零戦の開発者の個人的力量による。天才が一人いたというだけの話。日本全体の能力が高かったわけではない。
 だから、戦争が進展して何年もたつと、零戦はたちまち追い抜かれて、次々と撃墜されてしまった。

 なお、当時の日本を現在の日本と同様のものと見なすのは、大間違い。今の日本は、人口の比率を考慮すれば、米国と大差ない国力を持っているが、開戦時の日本は圧倒的に劣っていた。今の日本は米国の半分ぐらいの規模があるが、当時の日本は米国の 10分の1だった。
  https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14122058864
 
 今の日本に比べて、5分の1の質でしかなかった。現代の中国レベルの質でしかなかった。圧倒的な後進国だった。

 日本が急激に進歩したのは、高度成長期があったから。当時の人々(現代の超高齢者)のおかげで、今日の日本がある。今はその貯金で食っているようなものだ。

> 日本を戦争が出来ないように締め上げる

 締め上げなくたって、もともと無能です。軍事的に有効な戦闘機は旧式化しているし。(F-4 は退役したし、F-15 は老朽化して稼働率が低下している。)
 その一方で、役にも立たない兵器ばかり大量に買っているし。(戦車、迎撃ミサイル、オスプレイ、F-35 プロトタイプ)
 今の日本は、海上自衛隊以外は、ほとんど役立たず。対潜水艦の能力だけは世界的にも一流だが、そもそも北朝鮮は潜水艦を持っていないから、宝の持ち腐れ。中国だって、潜水艦よりは、空母に熱中しているらしいし。
 
 自衛隊のただ一つの役割は、米国の兵器を買って、米国にお金を渡すことだけでしょう。軍事的には、能力はほとんどない。それが現実。
 米国が心配するほどの戦力はない。仮にあったとしても、無能な本部しかないのだから、戦争能力なんてないも同然だ。インパールみたいになるだけだろう。
 http://openblog.seesaa.net/article/453059783.html
Posted by 管理人 at 2018年01月09日 23:53
>それは、ジブリの映画で有名な零戦の開発者の個人的力量による。天才が一人いたというだけの話。日本全体の能力が高かったわけではない。

たとえば隼や、鍾馗を設計したのは糸川博士(技師)です。

小室氏の著作では、もともとメッサーシュミットを導入しよう、という
軍部の意向に糸川氏が「それ以上の戦闘機を設計してみせる」と待った
をかけて、鍾馗の開発後にドイツの飛行士を招いて行った両機の模擬戦
では鍾馗が圧勝、書かれておりました。

堀越二郎氏の功績がいかに大きくても、決して氏一人だけですべてが成し
遂げられたわけではないでしょう。

このブログを読んで常々感じるのですが、どうやら管理人様は組織(もし
くは企業)で一定年数以上働いた経験がありませんね?

組織の中で協業した経験があれば、どんな天才でも技術者には優秀な理解者
と縁の下の力持ち的な実務家集団がサポートして初めて力量を発揮できる
のが常識以前の意識として体に染み込んでいるはずですから

>天才が一人いたというだけの話。

こんな言い方は絶対にしません。

>戦争が進展して何年もたつと、

ですので私は「開戦時に」と申し上げました。

国力・および工業生産力に(比較するのも辛い)圧倒的な差があり、長期戦
になればたちまち大差が出る、というのは様々な本や映画、はては漫画でまで
散々論じられてきたテーマですから今さら言われるまでもありません。

開戦当初の戦闘機や、戦争末期の(制空権も制海権も失った状態での)硫黄島
や沖縄での激しい抵抗に驚愕した米国が日本が一体化しないよう様々な施策を
行ったことはそろそろ自然に受け止めてもよいのではないでしょうか。

>締め上げなくたって、もともと無能です。

まさにGHQの戦後政策が成功した結果だ、とも言えますね。

帝国主義時代は有色人種としての支配対象(狙い)のひとつでしかなかった
はずの小国が(マハティール氏曰く)新しいアジアを生み出す母体になる
ほどの抵抗を見せたんですから。

粗を探せばいろいろあるでしょうけど、「アジアの開放」を基に勇戦敢闘
した先人の精神性は貶めてはならないと常々思います。それが失われた事
も自衛隊(日本の軍隊、と言えないのが更に変ですね。日本は独立国で
あるはずなのに)が弱体化している要因の一つだと思います。
Posted by ky12 at 2018年01月10日 01:38
> 氏一人だけですべてが成し遂げられたわけではないでしょう。

 そりゃ、そうです。それに反することは言っていません。
 私が言っているのは、「零戦の優れたところは、技術的に優れたというよりは、設計思想が優れていた」ということ。その設計思想は、個人的なものだった、ということ。
 自動車開発で言えば、主管が優れていた。スカイラインの桜井眞一郎のようなもの。組織は最高ではなくても、主管が傑出していれば、できた製品は最優秀になれる。
 組織におけるリーダーシップの重要性を言っています。リーダーシップとか経営とかを理解していればわかるはず。
Posted by 管理人 at 2018年01月10日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ