2017年11月19日

◆ 電気毛布で暖を取る

 省エネの暖房として、「電気毛布をかぶる」という方法がある。

 ──

 省エネの暖房というと、足温器が思い浮かぶ。ただ、寒さが募ると、足温器だけでは足りないと感じることもある。そういうときには、全身をすっぽりと、電気毛布でくるむといい。

 具体的には、次のやり方。
  ・ 和室の畳の上で、座椅子を使う。
  ・ 座椅子の背もたれを、深く傾ける。
  ・ そこに坐りながら、全身(首の下)に、電気毛布を掛ける。


 これで、相当、暖かくなる。さらに、アンカや足温器を併用すると、足元も暖かくなる。
 この格好でテレビを見ると、極楽だ。

  ※ 足温器だけだと、寒いときのために。
  ※ 電気毛布のかわりに、ただの毛布で足りることもある。
    (寒さしだいで、お好み通りに。)



 【 関連項目 】

 足温器については、別項で。

  → 足温器のお勧め: Open ブログ
  → 足温器の電源を切るのを忘れない: Open ブログ




 電気毛布の商品案内



http://amzn.to/2Adltjp



http://amzn.to/2zNWliF


 電気毛布を買うときは、サイズに注意。
 アマゾンでは格安品を売っているが、サイズが小さいので、大人向けではない。
posted by 管理人 at 22:42| Comment(1) |  健康・寒暖対策 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更に上からアルミのサバイバルシートでも巻けば
もう、動きたくなくなりそう。
Posted by けろ at 2017年11月21日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ