2017年11月17日

◆ 若者とスマホ

 スマホを紛失した若者が、スマホを使えない時間を過ごして、自分がいかにものを考えずにいたか気づいた……という話。

 ──

 朝日新聞「ひととき」欄(2017/11/06)に投稿された話。(一部抜粋)


hitotoki2017-1109.gif


 このことに気づく若者は賢明だ。

 ──

 これと関連する話がある。

 (1) 若者は新聞を読まない

 若者は新聞を読まない。その理由は、いろいろと上げられている。
 「ネットで情報は足りている」「お金がもったいない」
 などの理由。
 ただし、それらが理由ならば、若者だけが極端に読まなくなっている理由にならない。

 理由のポイントは、「自己申告」ということだ。これだと、「本人が自覚している理由」だけが挙げられる。しかし、「本人が自覚していない理由」が、別にありそうだ。
 それはこうだ。
 「若者の識字力が著しく衰えているので、長文を読解する能力がなくなってきている」

 新聞の1日分の文字量は、新書の一冊に匹敵する……という話もある。毎日それだけの量の文字を追うのはしんどいだろう。
 若者は、今でも文字数だけなら、2ちゃんねるやまとめサイトで、多くの文字を目にしている。しかし、そこにあるのは、短文の投稿ばかりだ。それも、口語体の、非論理的な投稿ばかりだ。
 ひるがえって、長文の論理的な文章などは、ネットの投稿には少ない。となれば、長文の論理的な文章の多い新聞を読むのは、彼らにとって困難であるに違いない。
 要するに、新聞を「読まない」のではなく、「読めない」のだ。たとえ購読しても、読むだけの時間も根気も能力もない。これが「若者の新聞離れ」の真相だろう。
 そして、それをもたらしたものは、「スマホ漬け」という状態だろう。

 (2) 若者の自民党支持

 若者の自民党支持という傾向も、同様にして解釈できる。
 まず、彼らは「自民党政権時代以前」を知らない。だから、「自民党政権時代には状況が改善している」とだけ思って、「それ以前にはもっと幸福な時代があった」と知らない。この件は、前にも述べた。グラフ付き。
  → 民主党・民進党の消滅: Open ブログ

 ま、知らなければ、知ればいい。だが、若者は新聞を読まない。そのせいで、総合的な俯瞰的な情報を得ることができない。情報を総合的に俯瞰的に整理することができない。かわりに、断片的な小間切れ情報を得るばかりだ。「失業率が改善した」とか、「景気拡大が長期間にわたって続いている」とか。そのせいで、目先の「改善」という情報は得ても、「5年たっても 10年たっても 20年たっても、ほぼゼロ成長から脱していない」といことを理解できない。「ゼロ金利という異常な状態がずっと続いている」ということも理解できない。なぜなら、それは「生まれたときから続いている当り前の状況だ」と思っているからだ。つまり、異常を異常と理解できず、異常を当然だと思っている。俯瞰的な情報を得ることができないからだ。
 こういう状況では、自民党政権を支持するのも、当然かもしれない。
 また、ある大学教授の話では、「立憲民主党の党首の名前を知っていますか?」という質問に、教室で手を挙げた人は3割しかいなかったそうだ。選挙中 or 選挙直後の時期だが。(朝日新聞)
 当時は新聞やテレビであんなに大騒ぎされた立憲民主党の、その党首の名前についてすら、知らない人が7割なのだ。しかも、これは大学生限定だ。大学生以外では、知らない人がもっと多いだろう。
 若者が目にしているのは、新聞ではなく、スマホだ。そこで見るのは、まとめサイトなどだ。そのせいで、「ンゴ」という語が流行語になったりする。
  → 10代女子が選ぶ今年の流行語、3位に「ンゴ」- 産経 2017-11-17

 ──

 若者の「知の劣化」はひどい。そして、それは、「若者の能力が急速に低下しているから」ではない。「若者がスマホ漬けになっているから」だ。このことに気づいて、「スマホ漬け」状態を離れ、スマホからなるべく離れようとする若者は、賢明だ。しかし、そういう若者は、ごく少数しかいない。
 


 [ 付記 ]
 「若者は……」と書いたが、若者に限った話ではない。
 「スマホ漬けで思考能力や読解能力が低下している」というのは、中年以降の人々にも切実な問題だろう。新聞を読む時間が減っている人は多いはずだ。実は私もそうだ。
 わが身を反省する自戒の意味も込めて、本項を考えたい。ネットから離れなくちゃね。スマホに限らず、PC を含めて。



 【 関連項目 】

 似た話題を、前に書いたことがある。いずれも面白い話なので、呼んでみるといいだろう。
   → twitter で馬鹿になる
   → Facebookで馬鹿になる
   → iPad で馬鹿になる
   → Twitter の弊害
   → Twitter で鬱になる

posted by 管理人 at 07:20| Comment(39) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろ思う処があるわけですが...

直情的、短絡的な心情の発露こそがSNSの本質です。瞬時の情報拡散には功罪あるのも当然です。まあ、適正に、或いは有用に使いこなせていない事例が多すぎということでしょうか。

>若者の新聞離れ

"本ブログを読みなさい"でいいのでは。新聞の情報量は膨大ですが、情報が常に正しいわけでもありませんし、明らかに印象操作を企図している記事も少なくありません。中立公正、社会の木鐸、民主主義の必需品を標榜して、そういった記事を読まされるのは苦痛であり、時間の無駄であるのも否めません。

昨今、SNSからの偏向報道、誤報、世論誘導といった新聞のアラの漏出などはSNSの功の一例とみています。

>スマホ漬け

玉石混交の膨大な情報を集めることはできても、それらの取捨選択、新しい何かの創造、起り得る事態を想定した段取り、そういった力の不足を如実に実感しています。
Posted by 作業員 at 2017年11月17日 13:40
 最後に 【 関連項目 】 を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2017年11月17日 14:03
若者が馬鹿なのは今に始まったことではないでしょう。自分の若い頃も読んでラノベでしたし、新聞読んでるような奴もいなかったと思いますよ。

長文を読む習慣がないと大人になってから苦労するのはありますが、そのへんに関しては今も昔も若者の能力的に大差ないかと。

むしろ一番の問題点は「ネットやSNSには中毒性」がありますから、それは現在の問題だとは思います。
とは言え昔もテレビ中毒なんてものもありましたし……

結局のところ、広く情報を公開しておき、偶然いい情報を目にした若者が覚醒めるぐらいが関の山だとは思います。
その意味では、テレビや新聞しかなかった時代より雀の涙ほどはマシなのかもしれません。情報統制されているよりは。
Posted by えと at 2017年11月17日 16:46
人類を馬鹿にする機械を格安で与えて
得する人がいるわけですよね。
ただより高いものはないとつくづく思います。
Posted by 先生 at 2017年11月17日 19:47
子どもの頃に毎日スポーツ漬けだった人に聞いたのですが、子どもの頃に本を読む習慣がないと、大人になってからまとまった量の活字を読むのがしんどいそうです。
そう言えば、本屋で立ち聞きしたのですが、最近の中学生にとって朝日新聞は宗教だそうです。
Posted by skier at 2017年11月18日 00:43
スマホ漬けはまずいというのは同感です。

ただ新聞離れや活字離れが進んでいるのは、単純にドラマやアニメなどの映像娯楽や、ゲームや漫画など娯楽が多様化したからだと思います。

昔は娯楽が今ほど多様でなく、活字が大きな娯楽だったから、新聞や本を読む人が多かった、それだけのことではないかと。

あと新聞を読まなくても論理を磨く手段はたくさんあるし、今は情報氾濫時代なので、多量の文よりも端的にまとまってる文の方が時代にはあっているのではないかと。

新聞は商業誌だと思います。たとえばこちらでよく引用される朝日新聞は記者会見やインタビューなどの一次情報から、思想的に左よりの人が喜ぶ部分を抜粋して書かれていると思います。

そういう意味では、情報媒体の中で、ワンオブゼムに過ぎないので、一昔みたいにやたらと新聞を読むことがもてはやされた時代よりも、今の方がある意味健全かな、と個人的には思います。
Posted by 通りすがり at 2017年11月18日 03:12
> 思想的に左よりの人が喜ぶ部分を抜粋して書かれていると思います。

 朝日はちっとも左寄りじゃないですよ。単にメディアとして、反権力的態度ないし権力チェックをしているだけです。
 それとは逆に、権力に盲従して、権力の問題を報道せず、権力の宣伝機関と化しているのが、読売と産経。

 そんなことにすら気づかずに、「朝日は左寄りだ」というような認識をするところが、ネトウヨなどの特徴です。文字を読まなくなると、正常な思考能力が奪われる、という典型か。
 新聞は娯楽のためにあるのではありません。正常な思考能力を涵養するためにあります。……それができなくなりつつあるのが現代人だ。しかも、そのことを自覚すらできない。

 一方で、本サイトは、右からは左だと詰られ、左からは右だと詰られる。全方向を批判すると、全方向から批判される。

 ちなみに、はてなブックマークで最もブックマークされているのは、朝日新聞でしょう。多くの記事が人気となる。読売なんかとは段違いだ。なのに、人々は朝日の悪口を言う。自分が一番愛用しているものの悪口を言うんだから、精神分裂的だ。
 ま、本音はわかっている。「朝日新聞を購読するには、金を払う必要があるのが困る」ということだ。「この記事はとても有益だから、記事を無料で全文公開しろ」というブックマーク・コメントが、しばしば掲載される。そんなの、朝日だけなんだけどね。
 朝日嫌いの若者の正体は、乞食根性だった、ということかな。
Posted by 管理人 at 2017年11月18日 07:05
というよりも、産経を除いて、我が国の新聞のスタンスは反政府だったんですね。
「何でもかんでも反対というのも変だぞ」ということに気づいたのが読売新聞。
旧日日新聞系(朝日、毎日)は、戦前から相も変わらず、国民を煽る体質が特徴、彼らにとって事実でどうかあるかは関係ありません。
朝日はアンチも多いでしょうから、ファン+アンチとなってブックマークは増えるでしょうね。

10代の頃は新聞配達をしていたので、朝日とニューヨークタイムズは無料で読んでいました。
それを乞食根性と言われてしまえばそれまですが、何時の時代も若者はお金を持っていないものです。
Posted by skier at 2017年11月18日 08:52
> 「何でもかんでも反対というのも変だぞ」ということに気づいたのが読売新聞。

 自民党には何でも賛成にする、というのが読売新聞です。その方針を決めたのが、ナベツネ。それに反対する社内の人々は、すべて左遷されて、一掃された。
 その結果、読売はネトウヨの支持を受けて 部数が大幅に上昇……とはならない。ネトウヨはもともと新聞を読まないし、読売もどんどん部数を減らしている。というか、安易な記事ばかりで、話題にもならない。
 
> 何時の時代も若者はお金を持っていないものです。

 十代で新聞代を払っている人はいないでしょう。親が払います。
 新聞代のお金を出さないのは、親です。
 乞食根性というのは、20代以降。

Posted by 管理人 at 2017年11月18日 09:37
うちの近所では朝日新聞が購読者数を減らしております。
健康とお小遣いを兼ねて新聞配達を数ヶ月やってみたんですが、子どもの頃と比べて激減しているのに驚きました。昔のように効率よく稼ぐというわけにはいきません。
慰安婦記事のねつ造を自白してからは、営業がしつこくなりました。
更に減っているのでしょうかね。

新聞記者はプライドが高いですからね。
ネトウヨなんぞは眼中にないでしょう。
読売はナベツネが亡くなれば変わるでしょうが、旧日日系の新聞はどうでしょうかね。
「ペンは剣よりも弱し」で北朝鮮と中国の批判はほとんどしませんからね。
Posted by skier at 2017年11月18日 10:30
> うちの近所では朝日新聞が購読者数を減らしております。

 朝日も読売も激減しています。このまま新聞社が消滅したら、大変困ることになる。
 しかしまあ、そのころは私の寿命が来るだろうから、私の存命中は、何とか持ちこたえるだろう。
 あと、朝日は不動産収入の方がずっと多いので、少しぐらいは赤字が出ても大丈夫だ。

> 北朝鮮と中国の批判はほとんどしませんからね。

 そんなもの、今さら読みたくないですけどね。政党機関誌じゃあるまいし。
 新聞には政治主張は不要。事実報道だけしてくれればいい。
 だいたい、自社の読者に向かって、他国の悪口を書いたって、何の意味もないし。ただの時間の無駄。紙のインクの無駄。
 とはいえ、他人の悪口を言うことこそが正義だと思っているネトウヨには、「新聞は情報取得のためにある」ということが、理解できないんだろうな。
Posted by 管理人 at 2017年11月18日 10:52
わたしは朝日グループの株主でも従業員でもないので、朝日の経営には興味がありません。

あれ、フェイクニュースと偏向報道は朝日の十八番では?
朝日グループは、不都合な真実は報道しない方針ですしね。
わたくしは朝日は無責任な政治団体だと思っています。
北朝鮮、中国関連の情報は、海外の報道機関の報道を閲覧しています。
目の前にある脅威であり、他人事ではありませんからね。

スマホの話題からは離れすぎているので、これまでにしときます。
Posted by skier at 2017年11月18日 13:56
近所の公園でピクニックしてるカップルが、それぞれスマホに見入ってる光景をよく見かけます。
「お前ら会話せんのかい!」と、心の中で突っ込んでしまいます(苦笑)。
とにかく安易に情報を仕入れられるし、簡単な文章ばかりだから分かりやすい。それで知った気になって思考停止。
ネットに落ちてる情報なんて大したものはないし(普段から新聞なり専門書などを読んだ上でしっかり探せば、このブログみたいに読み応えがあるものに突き当たることはありますが)
しかも、自ら情報を獲得するのではなく、周りから取り残されない為だけの情報を知る以外は興味ない感じですね。
(あと、音楽や動画、ゲームも手軽に楽しめるから、ますます中毒度が増す)
言い方は悪いかもしれませんが、社畜ならぬ家畜が増えてる感じがします。
メディアが発する表現も何もかも表層的で退屈ですし、日本全国総チェーン化って感じ。
Posted by 名無し at 2017年11月18日 15:53
確かに最近の新聞を読んでいないので、左よりかどうかは分かりませんが、実際の記者会見を見て報道と比べると取り上げ方が偏っているのは分かると思いますよ。

新聞始めマスコミは昔は確かに政治などのチェック機能があると思いましたが、今は娯楽の要素の方が大きいと思います。ネットの方が一次情報が早いのに、未だにスクープや批判ばかりしているし。それはああいう書き方をすると喜ぶ昔からの購読者層が多いからです。若い人は「世の中を知るのに新聞が大切」的な一昔前のバイアスにとらわれてないので、買ってまで読む価値がないと思っているからです。

電車に乗っても、昔ほど新聞読んでる人いません、たまに見るのは日経くらいかな。実際自分の周りも昔は読んでたけど、今は読んでない人が多いです。

これを新聞読まないバカが増えたと考えるか、市場のニーズに合わず淘汰されていると考えるかは人それぞれですが。消費税とかなんとかで購読料が上がったり、配達制度がなくなったら、購読量は激減すると個人的には思います。

ぶっちゃけ記者クラブの会見内容をAIに解析させて要約し、そのまま国民に流した方が、偏った情報が流布しなくていいと思います。

それから朝日が左よりというのは例え話(現在正確でなかったらすみません)としてあげたのであって、娯楽が多様化されたから新聞が読まれなくなった、というのが意見です。
申し訳ないのですが、コメントに関してのご意見は細部を取り上げてご意見されている所が多々見られ、論理的でないと思うことがあります(これも批判ではなく、人は感情的な生き物なので良し悪しでないです)。

自分が頭がいいと思ってる人ほど、些細な反論にも感情的に猛反発する感じがします。これはエリート的なものを育てる教育制度に問題があると思いますが、趣旨とはそれるので、深くは述べません。
Posted by 通りすがり at 2017年11月19日 06:24
> 確かに最近の新聞を読んでいないので、左よりかどうかは分かりません

 これがすべて。読まずにわかるはずがないのに、勝手に決めつけている。
 私もそう書こうと思っていたのだが、失礼だと思って、書かなかった。ご本人が気づいているのなら、何より。賢明ですね。

> コメントに関してのご意見は細部を取り上げてご意見されている所が多々見られ

 いちいち反論する必要のない点では、反論しません。同意していることもある。
 たとえば、上記の点についても、反論しません。
Posted by 管理人 at 2017年11月19日 07:23
日経にしても日経オンラインの記事コメント欄のネトウヨ跋扈は凄まじいものです。このような思想の読者が経済を回しているとすれば怖いものがあります。本音の吐露でしょうから数十年後の経済学、社会学研究者の貴重な史料になるでしょう。
Posted by アラ還オヤジ at 2017年11月19日 08:29
先程は誤操作による二重投稿失礼しました。
経済政策は本来全体のパイを大きくすべきものと考えが、一方でゼロサムゲームの要素がありますので、金は弱者に使わず自分たちに回せという、経済紙読者として非常にわかりやすい構図ではありますね。
Posted by アラ還オヤジ at 2017年11月19日 08:49
たびたびの投稿失礼します。(二重投稿分は削除いただいたようでありがとうございました)
8:29投稿分ですが
「本音の吐露」の前に「SNSの脊髄反射的な」を入れていただくと今回のテーマに少し近づくかもしれません。
SNSそのものの内容も分析対象として興味深くはありますが研究対象として耐えられる程度に内容を固定化したものはアーカイブされているのでしょうか。
Posted by アラ還オヤジ at 2017年11月19日 09:20
>いちいち反論する必要のない点では、反論しませ ん。同意していることもある。
>たとえば、上記の点についても、反論しません。

なるほど、納得しました。
朝日左よりのクダリは訂正します(例として昔から言われている一般論的なものを出したので、どちらでもいいというのが本音なのですが)。

最後に本当に余計なお世話ですが、反論する必要のない部分でも同意できる部分があるなら、その部分も一言書かれた方がいいと思います。
同じことでもそれだけでコメント返しの印象が大分変わると思います。

たまに中高年の人と話をしていて、やたらと反対、批判しかしない人がいて、なぜかと思ってましたが、このやり取りで何となく理解できました。ありがとうございます。
Posted by 通りすがり at 2017年11月19日 13:59
管理人様
クロスオーナーシップが認められているので、マスコミに自浄作用は働かず、偏向報道だらけになってしまうと思うのですが、どう思いますか?
日本以外のほとんどの先進国では、クロスオーナーシップが認められていないのは、自浄作用が働かない事の証明だと思います。
Posted by aa at 2017年11月19日 21:16
> クロスオーナーシップ

 新聞社が放送局に資本参加すれば、放送局は新聞社の意向を受けることもありそうだが、新聞社自体は他の会社の株式支配を受けているわけではないので、対象外。
 自浄作用というなら、朝日は経営が資本から独立しているし、紙面でも外部からの批判を受けている。たとえば池上の批判。それを紙面に掲載している。
 外部による自社チェックを公表している会社というのは、私の知る限り、朝日新聞しかない。
 偏向報道だらけというのは、読売や産経についてなら、当てはまる。NHK も安倍支配を受けているし。……右翼系のマスコミは、独裁者による支配を受けている傾向があるね。
 なのにネトウヨは、逆に朝日を「偏向だ」と批判する。自分が右に偏向しているせいか。
Posted by 管理人 at 2017年11月19日 21:33
人間とは元来「信じたいものの裏付けを取りたがる生き物」であり、ネットやSNSはその性質をより顕著にしています。
熱心に情報を集めようとする若者であっても、自分の支持するものに対して都合の悪い情報はシャットアウトしてしまうのです。
情報の選り好みをしておきながら「分かったつもり」になる、これが恐ろしい事だと思います。
彼らは「分かったつもり」であるからこそ新聞は必要ないと言い切れるのです。
ネットによって情報は広くから集められる状況であるにも関わらず、そのことで人間の視野はより狭くなっているとは皮肉なものです。
日本に限らず無知な若者には「耳当たりの良いナショナリズム」を吹き込むだけで、彼らはもはや自発的に主張を変える事は出来はしないのです。
Posted by Dブラウン at 2017年11月19日 22:15
Dブラウン様、強く同感です。
Posted by 名無し at 2017年11月20日 15:36
Dブラウン様、私も同感です。
現実の本質は「汲み尽くし難さ」なので、思考の起点はどうしても「情緒」になります。
佐藤優氏は「どのような宗教や思想も、徹底的に詰めていけば、
どこかで論証不能なトートロジーに行き当たる」キリスト教であれ、
マルクス主義であれ、といっています。
天皇陛下が尊いのも、管理人さんの安倍嫌い、朝日贔屓も。たぶん
Posted by とおりすがりの文系 at 2017年11月20日 17:33
> 安倍嫌い

 別に嫌いじゃないですよ。恨みがあるわけでもないし。むしろ、「最高の詐欺師だ」と褒めています。また、
  http://openblog.seesaa.net/article/453832559.html
 では、「安倍首相の考え方は、基本としては正しい」と述べて、称賛しています。
 安倍さんが悪いわけじゃない。詐欺師にだまされる国民が悪い。
 安倍さんは単に右寄りの主張をしているだけです。それは、主義の一つだから、良くも悪くもない。
 「右だから悪だ」
 という命題は成立しない。一方、
 「左だから悪だ」
 とネトウヨは主張するが、私はそういう決めつけの立場ではない。

> 朝日贔屓

 本サイトは朝日の悪口がいっぱい書いてありますよ。特に太陽光発電や燃料電池車やリサイクルなどのエコ問題では、朝日の悪口のオンパレードだ。
 右は私を左だと批判し、左は私を右だと批判する……と述べた通りになりますね。

 ついでだが、天皇や皇族を称賛する記事も、本サイトにはたくさんあります。また、朝日は皇室とは結びつきがすごく強い。首相と皇室が対立するような場合には、たいてい皇室側の味方です。読売とは正反対だな。
Posted by 管理人 at 2017年11月20日 18:52
管理人様が、Openブログ閲覧者に、
「どれか1紙定期購読するとしたら何新聞を進めるか?」と問われた場合、朝日1択なのでしょうか?

毎日・日経も読売・産経と同列ですか?
Posted by 傍観者 at 2017年11月20日 19:25
 読売・産経でなければいい。毎日でもいいし、地方紙でもいいですよ。東京新聞・中日新聞など。日経は、これ一つでは足りないでしょう。併読用です。
 あと、読売も、併読にはいいですよ。朝日にはない情報もけっこう掲載されます。私はつい最近まで、朝日と読売を併読していました。何十年も。
 ※ 最近やめたのは、家族構成が変わったから。

 産経だけは、購読するのが純然たる無駄ですね。ネットの記事で足りる。
Posted by 管理人 at 2017年11月20日 20:28
管理人様
韓国、中国、北朝鮮を嫌う日本人が多い事については、どうお考えですか?
Posted by aa at 2017年11月20日 21:22
 向こうが日本を大嫌いになっているのが先でしょう。逆に、台湾は日本を好きになっている。
 それに対して、日本人がどういう態度を取るのかは、不思議でも何でもない。

 そもそも、日本は長らく中国の文化圏にあったのだから、中国が大好きだった。上記の三国が、反日キャンペーンをしなかったら、今でも友好状態が続いていたはずです。
Posted by 管理人 at 2017年11月20日 21:37
Dブラウン様

>人間とは元来「信じたいものの裏付けを取りたがる生き物」であり、ネットやSNSはその性質をより顕著にしています。

とても同感します。が、

>彼らは「分かったつもり」であるからこそ新聞は必要ないと言い切れるのです。

若者が既存のマスコミ反対というバイアスに陥りがちなのは分かります。
が、新聞やテレビなどの既存メディアも情報のえり好みをしていて、そこに若者が気づいているという所もあると思います。マスコミも自分たちの生活のためにやっている、ゆえに多くの人が好みそうなことをするのが自分たちの権利を守るのに大切ということに気づいてしまったのですね(だから世の中を良くすることと無関係な、色恋報道だったり、批判記事が多くなる訳です。

どの業界にも共通することかと思うのですが、既得権益によって保護されている業界ほど、時代の流れについてこれてないと思います。

公務員、保険制度に支えられている医療業界、電波などで独占を持っているマスコミ業界(大新聞はテレビも持っているので)、大手広告業界など。

社会的地位が高いと言われていた、弁護士や税理士や歯科医などが昔よりも厳しい状況にあるのも既得権益の有無にあるかなと思います。
そして既得権益がある業界ほど時代に置いてかれがちになるので、先入観がない若者の批判にあいがちなのかな、と思います。
Posted by hiro at 2017年11月21日 19:52
「国民は騙されている!知能の高い自分は真実を知っている!」という
まあ、たいした実績もない大学生がよくやるようなこと事をいくつになってもするのは不思議ですな。

結局のところ、新聞を読もうとネット記事を読もうと、老人だろうと、若者だろうと、人は見たいものしか見ないのですが。

とはいえ、新しいツールに拒否反応を示すのは脳が衰えつつある人間の特権ですか。あれもこれも馬鹿になるとは笑ってしまいました。
Posted by 通りすがり at 2017年11月23日 18:27
hiro様の指摘する既存メディアの欠点については承知しております。補足すると、ネット社会を生きる若者が、社会情勢を知るために新聞を見る代わりにどうすべきか?という点が重要です。
まず、掲示板やSNSでは代替品足りえません。管理人さんの指摘した「短文で口語体の非論理的な投稿が多い」という欠点があるからです。
ネット上で複数のジャーナリストや政治学者など識者の記事を巡り、様々な視点から社会情勢を理解しようと努めているならば問題ないでしょう。しかし、これを行うには「長文の理解力」が必須となり、実行できる若者は多くありません。
情報を選別し咀嚼する思考力、識字力こそが肝要なのであり、情報源が新聞であるかどうかは重要ではないのです。

メディアの双方向性が叫ばれる時代に生きる我々が心掛けるべきは、価値の薄い発信に注力しない事です。長文を読んで理解し、深く考える余裕を作るのが最初の一歩です。故にスマホから離れる時間を作ろう、といった意見に共感できます。
Posted by Dブラウン at 2017年11月23日 21:00
> 人は見たいものしか見ないのですが。

 それを是正して、まんべんなく多様な見方を知る方法が、新聞です。1記事ではなく、全部の記事に目を通すことで、自分の見方の偏りを是正できる。
 といっても、わからない人にはわからないでしょうね。自分を反省する能力をもとう、と言っても、馬の耳に念仏か。あるいは、猫に小判か。

 
Posted by 管理人 at 2017年11月23日 22:17
>ネット上で複数のジャーナリストや政治学者など識者の記事を巡り

問題ありでしょう。
佐藤優・池上彰クラスの人がなぜ朝日を読んでいるのか。
自分に興味がない事も含めて読む(読まされる)から良いわけで。
自分でバランス取って取捨選択してますというスタンスの人間が、
私は一番信用できないです。

少ないサンプル数ですけど、周囲のインテリ層or年収高で新聞購読している人は、
朝日を軸に併読型タイプが多いですね。
日経は取っていたけどネットに切り替えたって人も多いかな。
20〜30代でもそれなりのポジションにいる人は、皆読んでますね。
まあ、朝日とって後は図書館でというのがお勧めでしょうか。
ちなみに私のお勧めは、朝日とOpenブログ+池田信夫氏です^^;
効能が強すぎるのが玉に瑕ですが(苦笑
Posted by アレン at 2017年11月24日 00:43
>自分に興味がない事も含めて読む(読まされる)から良いわけで。
自分でバランス取って取捨選択してますというスタンスの人間が、
私は一番信用できないです。

私は前のコメントで、人間は「信じたいものの裏付けを取りたがる生き物」と書いています。当然、人間は「自分でバランスを取って取捨選択できない」と理解しています。
自覚してさえいれば新聞でなくとも興味のない記事を自分に読ませることは可能です。抽選ソフトやサイコロを使って記事を決めるという方法を取ればよいのです。
しかし、手間もかけず質のいい幅広い内容の記事を読みたい、と考えるならばやはり新聞が良いでしょう。
私自身が新聞の無い生活というのは殆ど経験していないので、ネットで様々な視点から情報を得る方法についてはまだ発展途上の段階です。抽選して読んだ記事が冗長だったり、ニッチ過ぎたりしてうんざりする事がままあります。
欠点こそあれど面白い方法です。
Posted by Dブラウン at 2017年11月24日 23:18
> 抽選ソフトやサイコロを使って記事を決めるという方法を取ればよいのです。

 そんなことをしなくても、ニュースアプリというのはありますよ。gunosy や、はてなブックマークもある。
 しかし、いずれも補完的なマイナーニュースです。メジャーニュースは、テレビや新聞にはかなわない。
 料理でいえば、メインの魚や肉がなくて、添え物のサラダか、デザートのお菓子だけ食べているようなもの。
Posted by 管理人 at 2017年11月24日 23:30
なるほど、いろいろ考えさせられました。
D.ブラウン様返答ありがとうございます。

これは自分の周りの話を聞いた感触で、客観的な根拠はないのですが。。。

一昔前に新聞を読んでいて購読をやめた人は、ネットに移行しても、長文を読んだり、情報をきちんと選択したり、ネットの泳ぎ方も分かっているような気がします。

SNSなどで単発で無意味なコメントを乱発する層は、もともと活字などは読まず、スマホが普及されることで書き込みをするようになり、ちょこちょこ書き込んでいる人たちではないかと思います。

そういう意味ではメディアは変わっているものの、本質的に熟考する層と短絡的な思考で反応する層の比率はそんなに変わらないのではないかなと思います。

バカとはさみは使いようではないですが、ネットという自由な空間を使って、短絡的な思考層→熟考する層の比率が増えていけばいいのかなと思いました。
Posted by hiro at 2017年11月25日 19:06
>それを是正して、まんべんなく多様な見方を知る方法が、新聞です。

違います。もっとも確かなのは自分の目で見て自分の耳で聞くことです。新聞は所詮誰かが書いたものにすぎませんから(もちろんネットも)。
自分とは違う国の人や職業、所得等の人間と話すことこそ偏りを正せる方法です。多様性のない似たような考え方の人で集まるから自分が偏向している事が分からなくなるのです。

実際、米大統領選は池上氏含め多くのジャーナリストや学者が外しました。彼はその後アメリカに取材に行って米国の現状を報道しているので自己反省できる人間ということになりますね。米国人に「間違った選択をした」と指摘することはあるでしょうが、新聞だけを読んで馬鹿だ馬鹿だと罵りはしません。彼だけが特別というわけではなく他のジャーナリスト達も同様にして新聞記事を書いています。そして偉いのは情報を取ってくるジャーナリスト達であって消費者ではありません。

だいたい、新聞を読みさえすれば自己反省能力がつくなどと信じ込めるのが不思議ですね。カルト信者の発想ですよ。外に出たらどうですか。
Posted by 通りすがり at 2017年11月25日 19:10
>人類を馬鹿にする機械を格安で与えて
>得する人がいるわけですよね。
>ただより高いものはないとつくづく思います。
>Posted by 先生 at 2017年11月17日 19:47

Appleの創業者スティーブ・ジョブズは、自分の子供にiPhoneを持たせなかったそうです。
Posted by とおりすがり at 2017年12月17日 00:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ