2017年11月09日

◆ 保育所の無償化が公約違反に

 「保育所の無償化」という公約があったが、さっそくこれが(なかば)ホゴにされそうになっている。公約違反。

 ──

 先の総選挙では、安倍政権は「保育所の無償化」という公約をした。しかし選挙が終わったあとの初仕事みたいな感じで、この公約を(なかば)ホゴにしようとしている。
 すべてをひっくり返すというわけではないのだが、「無償化」の対象を「認可保育園」に限り、「認可外」を対象外としようとしている。(財源不足なので、という理由。)
 《 教育無償化、認可外保育園は対象にしない方向 政府方針 》
 政府が幼児教育の無償化策について、認可外の保育園は対象にしない方向で検討していることがわかった。国の基準を満たしていない施設への入園を推し進めていると受け止められかねない、との懸念からだ。ただ、認可園に入れず待機児童となった子どもを認可外園に通わせている家庭もあり、不公平感がさらに増すとの危惧もある。
( → 朝日新聞 2017年11月5日

 自民党が衆院選の公約に掲げた幼児教育・保育の無償化について、認可外保育施設の利用は無償化の対象に含まない制度設計を政府が検討していることが分かった。東京都の認証保育所など認可外保育施設に通う子どもは17万人以上おり、不平等だと批判が出る可能性がある。与党内でも配慮を求める声が出ているが、財源の大枠は固まりつつあり調整は難航しそうだ。
 政府は年内に消費税率10%への引き上げの増収分などを活用した2兆円規模の経済政策パッケージをまとめる予定で、このうち1兆円超を幼児教育・保育の無償化に充てる方針。2019年度から段階的に、0〜2歳児は低所得層限定で、3〜5歳児は全世帯を対象に無償化する。
 政府の試算は認可保育所や幼稚園の利用に限っており、ベビーホテルや事業所内保育所などを含む認可外施設の利用は想定していない。認可外は保育士の配置や面積などの基準が認可よりも緩い。無償化の対象にすると、政府が推奨していると受け止められかねないからだ。
 だが、厚生労働省の13年調査によると、認可外利用の約4割は、認可への入所を希望していたが空きがなく入れなかった人たち。
( → <認可外保育>無償化せず、政府検討 財源に限界 | ニコニコニュース

 このような公約違反に対して、批判の声が上がっている。
 《 保育無償化:首相「すべての子供たちに」はウソだった? 》
 安倍晋三首相が衆院選で力を込めて訴えた「幼児教育・保育の無償化」を巡り、政府は認可外保育施設を対象から外すことを検討している。これを知った保護者たちから、怒りと落胆の声があふれ出している。
 女性の長男は、東京都が独自に定める基準を満たす認証保育所に通う。利用料は認可保育所より高いが、同区が差額を補助する。それでも「認可外施設」であり、無償化の対象から外れる見込みだ。都の担当者は「認可が無償化されれば、ますます差が広がる。自治体による差額補助には限界がある」と話す。
 認可外利用者の4割は、認可に落選した子供たちだ。中でも認証保育所や企業主導型保育所は「認可外」だが公的な補助を受け、国が公表する待機児童2万6081人にもカウントされていない。安倍政権は待機児童対策として2020年度までに32万人分の保育の受け皿整備を目指すとしているが、それらをすべて認可施設でまかなえるわけでもない。多様な保育の受け皿として期待されてきた企業主導型や地域単独の保育事業が無償化の対象から除外されれば、事業者の参入を妨げ、待機児童解消がさらに遠のくことになりかねない。
 野村総合研究所の武田佳奈上級コンサルタントは「希望する認可に入園できなかったうえに無償化の対象からも除外されるのは、当事者を二重に窮地に立たせることになる。公平性の観点からも疑問を持たざるを得ない」と指摘。
( → 毎日新聞 2017年11月7日

 まったく、ひどいものだ。うまい公約で票を得て、選挙が終われば、掌をひるがえす。詐欺師の手口。ま、自民党政権というのは、こういうものであるが。それに引っかかる国民が悪いと言えば言えるが。
 それにしても、これが民主党ならば大批判を浴びるのに、これが自民党ならばあっさり看過される。国民もどうかしているな。



 【 補説 】 
 認可保育園と認可外保育園との違いは、施設の整備状況や保育士の配備などにある。認可の方が認可外よりも、いろいろと条件がいい。
 ただ、保育士の配備状況はともかく、「広い園庭」という条件もある。都会では、この条件を満たすことは難しい。広い園庭を得るには、公園などをつぶすしかない、というような地域もある。これは住民の反発を招きやすい。杉並区などでは、この問題が発生した。「公園をつぶすな」というふうな。
  → 杉並区の保育園騒動: Open ブログ
  → 銀座の公園を保育所に?: Open ブログ

 だが、実を言うと、園庭というものは必要だとは言えない。特に、零歳児や1歳児では、ろくに歩けないのだから、園庭などはもともと必要ない。
 一方、現在、保育所が不足しているのは、零歳児〜1歳児だ。
 つまり、零歳児〜1歳児のための保育所が不足しているという状況で、(もともと必要のない)園庭の設置をあえて条件としているせいで、肝心の保育所そのものが開設できなくなってしまっているのだ。根源的矛盾。

 園庭のないままでは、たとえ開設しても、そこは「認可外」ということで補助金が得られず、高料金となる。おまけに、今回の方針では、「無償化」の対象からもはずされる。ひどいものだ。

 その一方で、「認可外」に入った人の分は、「待機児童」のカウントからははずされてしまう。自治体は「待機児童ゼロの公約を達成しました」とか、「待機児童やごく少数です」というふうに宣伝して、状況の改善を謳う。
 その典型が、横浜市だろう。「横浜保育室」という名前で、認可外の施設ばかりをやたらと増やして、「待機児童数の激減」を宣伝している。
 これも詐欺師みたいなものだ。



 【 関連項目 】
 もともと定員が少ないところで、無償化をすれば、入園希望者が激増して、保育園に入れない人が増えてしまう……という問題もある。これについては、前に述べた。
  → 幼児教育無償化という地獄: Open ブログ

 これと同趣旨の見解は、下記にも見られる。(他の問題も指摘されている。)
  → 無償化「認可外保育所排除」でもたらされるのは、より激しい保活地獄



 [ 余談 ]
 本項は 11月5日に書く予定だったが、疲れていたので休んでいるうちに、11月7日に毎日の記事が出てしまった。私の指摘したいことがその記事に書かれてしまったので、引用で済ませた。
 なお、11月7日にも上記の話を書こうと思ったのだが、まだ疲れが取れないで、グズグズしているうちに、11月9日になってしまった。
 ここでようやく、疲れが取れてきたので、本項を書いた。

 【 関連サイト 】
 最新の記事
  → 高等教育などの無償化、住民税非課税世帯で検討 政府:朝日新聞 2017-11-09
posted by 管理人 at 07:22| Comment(6) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 批判されたので、方針を変更して、認可外も(部分敵に)無償化の対象とするらしい。
  → http://www.asahi.com/articles/ASKC96KH4KC9UTFK00Z.html?iref=comtop_8_05

 とはいえ、「保育園に落ちた」という人は、相も変わらず、一切の補助金を受けられない。本来ならば、これらの人々にこそ、補助金を与えるべきなのだが。
  → http://openblog.seesaa.net/article/435851702.html

 最困窮者は放置して、金持ち層には大幅に補助金を与える、という政策(金持ち優遇策)は、いかにも自民党らしい。
  → http://openblog.seesaa.net/article/454358452.html
Posted by 管理人 at 2017年11月10日 07:47
「やる」と約束したことをできないのは情状酌量の余地があります。
でも「やらない」と約束したことをやるのは許せません。
旧民主党が消費増税を議論すらしないと公約したにもかかわらず、強行したのと比較すれば、今の自民党の方がはるかにましだと思いますけどね。(いいとは言いませんが。)
Posted by ネトウヨ at 2017年11月11日 07:33
> 旧民主党が消費増税を議論すらしないと公約したにもかかわらず、強行した

 歴史認識が歪んでいますよ。消費税の増税を決めたのは、(共産党を別とすれば)自民と公明もいっしょです。両党とも賛成しました。
  https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1002H_Q2A810C1000000/

 また、実際に8%に増税になったのは、安倍政権のときです。
  http://www.nippon.com/ja/genre/politics/l00048/
  http://www.nippon.com/ja/features/h00013/

 なお、増税法案が通ったときの参院では、民主党は過半数割れだったので、強行採決なんかできませんでした。

Posted by 管理人 at 2017年11月11日 08:25
被害妄想が過ぎるのでは?
与党議員が不倫しようものなら、ボロボロに叩かれて公開処刑されますが、野党はそうはならんでしょう
他国なら二重国籍が発覚すれば、潔く議員辞職しますが、我が国の野党ならお構いなしです

「与党のくせにドンブリ勘定しよって」とあきれますが、金持ち野党だった民主党もシンクタンクなり外部の専門家を使ってでもしっかり見積もって政策を立てて欲しかったです
「思いつき」や「誰かの受け売り」ばかりで勘定すらしない希望の党なんてお話にもなりません
Posted by skier at 2017年11月13日 20:17
保育料無償化だなんて断固反対、断固拒否。
子供を産む産まないは個人の自由で、なぜ産みたい人、産んだ人の費用を産まない人が負担する必要があるのかわからない。
まるで子供を産まない人間は無価値だとでも言われているようで不愉快です。
Posted by YokotaGO_YokotaGOGO at 2017年11月23日 18:27
> 産みたい人、産んだ人の費用を産まない人が負担する必要があるのかわからない。

 人は、大人になったら、育児をして、年を取ったら、子供の世話になる……というのが、伝統的な制度でした。
 近年では、育児負担も公的にわかちあい、年を取ったら子供世代から年金の形で仕送りを受ける……というふうになっています。
 あなたが子供を馬負ければ、あなたが年を取ったとき、あなたの子供では泣いたの比との子供から、年金という形で仕送りを受けることになります。将来は金をもらうのだから、今のうちに育児の形で負担する、というわけです。

 こんなことは新聞に何度も掲載されているんだから、新聞を読めばすぐにわかることなんだが、新聞を読まない人は、社会問題についての基礎知識がないんだよね。というか、他人の意見を聞いていない。

> 子供を産まない人間は無価値だとでも言われているようで不愉快です。

 そうじゃないです.金を払わずに金をもらうという、乞食みたいな自分勝手はやめろ、ということです。
 それを否定するのなら、あなたは将来、年金をもらうのをやめてください。そうするなら、あなたの言い分は通ります。
 ※ 全額の辞退ではなく、公的負担のある半額の辞退となります。半額は自分の払った分だから、もらう資格がある。しかし残りの半額は、次世代からの仕送りです。

 あと、現状では、若い世代の負担が大きすぎて、少子化が進行しています。これでは日本という国が滅びかねない。あなたが高齢者になったとき、その年金資金を負担してくれる人が激減してしまう。
Posted by 管理人 at 2017年11月23日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ