2017年10月22日

◆ 希望の党の不思議

 希望の党は、いったい何をやっているのか、わけがわからない状態だ。

 ──

 希望の党の劣勢が報道されているなかで、小池代表は政府批判を鮮明にした。
 小池氏はこの日、劣勢が伝えられる埼玉、神奈川、東京の計9カ所で街頭演説。……「安倍1強を許していいのか。『もりかけ』のように情報公開がされないでいいのか」と批判し、希望への支持を呼びかけた。
 安倍政権と明確に立場が異なる「消費増税の凍結」の主張も強調。「凍結して、持続可能な社会保障制度を描かないといけない」などと訴え、政権との違いをアピールした。
( → 党首ら、最後の訴え:朝日新聞 2017-10-22

 これは変ですね。なるほど、政府寄りで批判されたから、政府批判に転じることで、反自民票を取りたい、ということなのだろう。
 しかし、反自民票を取り合っていては、自民党を利するだけだ。やればやるほど、自民党の議席が増える。
 そもそも、反自民の有権者は、もともと右翼である希望の党なんかを支持しない。今さら党首の反自民の話を聞かされても、「だったら希望の党に投票しよう」とは思うまい。むしろ、れっきとした反自民の政党に投票するだろう。つまり、今さら党首が反自民の方針を出しても、何の効果もない。
 
 では、どうすればよかったか? 希望の党はもともと右翼政党なのだから、反自民なんかを唱えず、右翼の政策を唱えるべきだった。
 「憲法改正・軍事力強化・減税による小さな政府」
 を唱えるべきだった。これは、維新の政策でもあるし、東京版の維新である小池新党とも親和するはずだ。こういう政策を取れば、反自民の票を食い合うよりは、保守の票を食い合うことになったはずだ。それなら、結果的には政局は流動的になっただろうし、そのなかで希望の党の存在価値も上がっただろう。
 そもそも、リベラルの票よりは保守の票の方が多いのだから、小さなパイを食い合うよりは、大きなパイを食い合うべきだった。

 なのに、小池代表は、冒頭のように、反自民の方針を打ち出した。つまり、保守としての立場や姿を消してしまった。まったく、何をやっているんだか。自分が何をやっているか、わかっていない状態だ。
 希望の党はそもそも、「保守2大政党」をめざして、保守票の掘り起こしを狙うはずだった。安倍政権に代わる別の保守政権を立てるはずだった。だからこそ、民進党のリベラル議員を排除したはずだ。思想的保守性を守るために。
 なのに、その核心を見失って、今では単に反自民の票を分けあうことしか狙っていない。
 初志を忘れた健忘症、というところか。有権者に見捨てられるのも仕方あるまい。保守からもリベラルからも、どちらからも仲間はずれにされたようなものだ。鳥からも動物からも仲間はずれにされたコウモリのように。( → イソップ寓話






 [ 付記 ]
 本日朝の記事では、代表の辞任という可能性が報道されている。
  → 希望の党の小池百合子代表、結果次第で辞任する可能性も?関係者が明かす

 小池代表のままでは党が分裂することは不可避だ……というわけで、本人が辞任することになるらしい。
 しかし、これでは「小池の方針のために希望の党を創設した」という根源がひっくり返ってしまう。希望の党そのものが本質的に変質してしまうことになる。
 とすれば、そのあと、そのまま残っても形だけのことになるし、あるいは、一挙に分裂して雲散霧消するかもしれない。

 下記記事を参照。
  → 希望の党は消滅するだろう: Open ブログ




 【 関連サイト 】

 小池都知事を個人攻撃する人もいる。
  → 総選挙投開票日に、都知事の小池百合子さんがパリへ出張(山本一郎)

 この人はやたらと個人攻撃をするのが大好きなようだが、そういうのは下品だと思うので、私は書きません。上記見解に賛同もしません。
 本サイトではもっと本質的なことを探ります。希望の党をいじめたいわけでもないし。ものごとの深層や真相を探るのが目的。

posted by 管理人 at 08:48| Comment(5) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後のあたりに [ 付記 ] を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2017年10月22日 10:10
自民即保守であっても、保守即自民とは限りませんから、反自民の保守という立ち位置もあり得るはずです。判り難さは否めませんけど。

この立ち位置を明確にできなかったことが敗因です。

保守だけど自民不支持(やむを得ず自民支持)とか、自民不支持だからといってリベラルを支持することに抵抗がある層の取り込みに失敗したのでしょう。
Posted by 作業員 at 2017年10月22日 17:11
あとは自民に合流できるよう話つけて、小池さんたちは自民党に返り咲き、与党に就きたくないやつだけ離党後、立憲民主党にいくんでしょ?
で、憲法改正と。自衛隊明記のついでに13条を改正して国民を明確に政府の奴隷として扱うんでしょ
Posted by かーくん at 2017年10月23日 06:52
小さな政府を訴える政党がないのが残念です。
Posted by 北海道の人 at 2017年10月23日 12:56
ウソくせえ選挙だなぁ!ヾ( ̄皿 ̄メ)
Posted by 理想党支持者 at 2017年10月23日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ