2017年09月29日

◆ 希望の党は政権を取れるか?

 民進党が(実質)解党したあとで、希望の党は政権を取れるだろうか?

 ──

 政権を取れるかどうかは、過半数を取れるかどうかによる。それについては、安倍首相の方針が参考となる。こうだ。
 周辺は語る。「右は安定的な安倍首相の支持層で、左は何を言っても取り込めない。残りの中道5割のうち、半分弱を取れば過半数となる。だから、安倍政権としては『中道の右半分』を目がけて政策を練ればいい」
 政権が見すえる中道層とは、経済情勢や社会保障への関心が高く、外交・安全保障面では中国や北朝鮮の強硬路線を不安に感じながら、政権への支持を明確にしない人々のようだ。首相は国政選挙のたびに、こうした「消極的支持層」に向けて経済再生を掲げて関心をつなぎ留めてきた。
( → 選挙中は「こだわり」封印:朝日新聞 2017-09-29

 要するに、政権を取るには、「右」や「左」でなく、「中道」の票を取ることが必要だ。ここで勝負が決まる。
 そして、中道というのは、次の二点が重要だ。
  ・ 重視するのは、経済政策や社会保障
  ・ 外交や安保は、気にするが重視しない。


 したがって安倍首相の選挙時の方針は、こうだ。
  ・ 経済では景気回復策。福祉は充実。
  ・ 外交や安保は、選挙中は隠して、選挙後に独走。

 一方、民主党はどうかというと、「消費税増税」で大失敗した。(この件は、別項で述べる予定。)

 では、希望の党はどうか? どうやら、次のことであるらしい。
  ・ 経済は不明。福祉は充実。
  ・ 安保や軍事は、最重要の点として重視する。(右派)

 これは、安倍首相とは正反対の方針だ。
 では、それは、成功するか? どうも失敗しそうだが。

 ──

 ここで私の考えを述べよう。
 まず、安倍首相の考え方は、基本としては正しい。
 ただし、この方針が成立するのは、保守とリベラルとに二分されている状況だ。この場合、保守の側が中道の票をうまく取り込めば、過半数を取れる。そして、まさしくそうなった。一方、民主党・民進党は、経済で緊縮の方針を取って、惨敗した。

 このあと、民主党が消滅した。つまり、リベラルの党が事実上存在しなくなった。(あとは弱小の社民党と共産党しかない。通常、選択肢に入らない。)
 こうなると、「保守とリベラルで二分する」という安倍首相の方針は成立しなくなった。
 このあと、希望の党は、次のいずれかとなる。

 (1) リベラルを取り込む

 リベラルを取り込めば、右は自民党に行き、左は希望の党に行き、中道は自民と希望の取り合いとなる。ここで、自民は「森友・加計学園」でミソをつけて不人気になったので、票の取りこぼしが大きい。となると、希望が半数近くを取ることもありそうだ。他の野党の支持を得て、政権を取ることも可能だろう。
 その条件は、「リベラルを取り込むこと」だ。その意味は、次の4点だ。
  ・ 政治的位置は、自民よりも左で、中道寄り。
  ・ 安保については、おおむね現状維持。
  ・ 福祉については、充実。
  ・ 経済については、景気刺激。増税否定。

 希望の党がそのような方針を取れば、リベラルと中道の票をたくさん取って、政権を取れそうだ。(少なくとも伯仲にはなる。)

 (2) リベラルを排除する

 リベラルを排除した場合には、単純な保守政党となる。この場合、次のようになる。
 「右と中道の票を、自民と希望で取り合う」
 おおざっぱに言えば、自民と希望で半々になってもいいが、しかし、「現政権の有利さ」というものが、もともとある。ハンディキャップみたいなもので、一方だけに有利になるようになっている。このせいで、
 「どちらも同じような政治的位置にあるならば、票を取り合っても、現政権の方が有利になる」と言える。
 結局、右と中道の6割ぐらいを取り合って、「自民が4割、希望が2割」となりそうだ。
 希望の党がリベラルを排除した場合には、希望の党は惨敗するだろう。自民党が3分の2を取って、圧倒的多数を取ることもありそうだ。
 一方、リベラル支持の人々は大量に棄権するので、投票率は大幅に低下するだろう。同時に、固定票のある公明党と共産党の議席は(比例区で)大幅に増えるだろう。自民は小選挙区で圧勝し、公明と共産は(比例区で)大幅に増える、という結果になる。希望の党は、一人負けという感じだ。できたとたんに、消滅の危機となる。
 ただし、この場合、「リベラル新党」が間に合えば、そちらにもいくらか票が行きそうだ。しかし、とても、間に合いそうにない。

 ──

 以上のことからして、希望の党が取るべき道は、一つしかない。
 「リベラルを排除しないで、右から左までの票を大きく取り込み、政権を取る」
 ということだ。この場合には、勝利することも十分に可能だ。頭が良ければ、そうする。
 一方、頭が悪ければ、「右だけにこだわる」というふうにして、自民と票の取り合いをして、そのあげく、最終的には議席をほとんど取れない。小選挙区では惨敗するだろう。自民が3分の2を取るのを、指をくわえて見守るしかない。そのあと、最終的には、解党となる。

 ──
 
 では、小池百合子は、どうするか? 
 「彼女は頭がいいので、リベラルを取り込むだろう」
 と思う人もいるだろうが、私は否定的だった。
 「彼女は頭が悪いので、リベラルを取り込むことはせず、頑固に自説にこだわって、自爆するだろう」
 というのが、私の予想だった。

 その予想を今夜は書こう……と思っていたら、事実はあまりにも早く推移した。早くも小池百合子が「リベラル派を排除する」と明言したのだ。
 新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は29日の記者会見で、希望の党からの出馬を望む民進党の立候補予定者の絞り込みについて、「リベラル派を『大量虐殺』するのか」と問われ、「(リベラル派が)排除されないということはない。排除する」と言い切った。
 その上で、小池氏は「安全保障、憲法観といった根幹部分で一致していることが、政党構成員としての必要最低限」と重ねて強調した。
( →  希望・小池百合子代表が明言 - 産経ニュース

 こうして、過半数の票を取ることを諦め(というか票を捨てて)、右半分の票を自民党と取り合うことに決めた。これでは、よくて自民と痛み分けだし、実際には自民に大敗するだろう。
 小池百合子は自爆しそうだ……という予想は、私がここに書くまでもなく、早くも実現してしまった。早すぎ。

 ──

 これまでのマスコミ報道では、「希望の党は民主党をほぼ丸呑みコミする」という話だったので、それならばまだしも勝ち目はありそうだ……と思った人が多かっただろう。前原を初めとする民進党議員もそうだったのだろう。なぜなら、そうすることだけが、自民党に勝つ唯一の方法だからだ。
 前原の「民進党を解党する」という方針も、「一緒になれば自民党に勝てる」と思ったからだ。
 小池新党の誕生で野党候補の乱立が避けられない情勢になり、前原氏は政権交代に向けて与党側と対決するためには野党勢力の結集が必要と判断。会談では、小池氏に「大同してやっていこう」と連携の必要性を訴え、小池氏が理解を示したとみられる。
( → 民進、希望と連携合意 高まる合流論、統一名簿を模索:朝日新聞 2017年9月27日

 前原のこの判断は、間違いではない。実際、小池百合子が前原の提案を受け入れていれば、政権を取る可能性は十分にあった。「まともな政治的計算ができれば、民進党のほぼ全議員を受け入れるはずだ」と思ったのだろう。民進党の議員もそう思ったのだろう。
 ところが、小池百合子の頭のレベルは、あまりにもひどかった。
  ・ リベラルの票を得て、政権を取る
  ・ リベラルの票を得ず、政権を取らない

 という二者択一で、前者でなく後者を選んだのだ。もう、バカとしか言いようがない。あまりにもひどいバカさ加減に、前原も民進党議員も、青ざめているだろう。「バカを信じたおれたちが、どうしようもない大バカだった」と思って自嘲しているかも。

 ──

 まあ、小池百合子がバカだということは、豊洲市場の判断からも、明らかだった。
 しかし、バカはバカでも、これほどひどいバカだとは、私も思わなかったよ。せめて、もうちょっと、迷ってから決めると思った。なのに、あっという間に自爆するとはね。こいつは予想外だった。



 [ 付記 ]
 小池百合子はたぶん自惚れているのだろう。
 そもそも東京都で小池百合子が大勝したのは、自民党都連の旧体質に、都民がうんざりしていたからだ。それをつぶす小池百合子が、ジャンヌ・ダルクのようなヒロインに見えたから、「悪と対決する少女」みたいな感じで、支持が集まった。
 ここでは別に、小池百合子の政策や人柄などがよかったわけではない。単に自民党都連が悪役だったから、悪役への対抗馬として人気があっただけだ。
 なのに、小池百合子はそれを、自分への指示だと勘違いした。ここに、彼女の自惚れがある。彼女の右翼的な政治体質など、まったく支持されていないのだが、「右翼だから支持される」と思い込んでいる。
 また、「左翼よりも右翼の方が人気だから、右翼の方針を得れば大丈夫」と思っている。ここでは、「右翼ならば安倍と票を分かちあうしかない」というの事実を理解できていない。
 自惚れが過ぎると、自分自身への認識を誤る。老人にはありがちなことだし、権力者にもありがちなことだ。小池百合子は都知事になる前だけがよかった。都知事になったあとでは、もはやただの馬鹿政治家であるにすぎない。
 
 こんなのを信じて命を預けた民進党議員も、哀れだな。詐欺師に全財産を、身ぐるみ剥がれたのに等しい。



 [ 余談 ]
 民進党には、巨額の政治資金がある。(政党交付金など)
 これを希望の党に流用するとしたら、希望の党は民進党の金を泥棒するのに等しい。
     希望(の党) = 泥棒

 というダジャレみたいな等式(?)が成立する。

 実は、前原の方針では、民進党が(ほぼ)そのまま希望の党に流入する予定だったので、民進党の資金を希望の党に転用しても問題ない、ということだったらしい。
 しかし現実には、希望の党は民進党のリベラル派を排除する予定だ。かなり多くが排除されるだろう。となれば、民進党の政治資金を与えられる理由がない。強引に政治資金を取るとしたら、泥棒も同然だ。
 というか、民進党の一部の人々が、政治資金を希望の党に流用するとしたら、横領に相当するだろう。横領したすえに、自分たちで勝手に使うのだから、泥棒も同然だが。

 仮に小池百合子が、リベラルを受け入れたなら、この問題は発生しなかった。「党の吸収合併」にほとんど等しいからだ。
 しかるに小池百合子は、リベラルを排除した。このことで、民進党の巨額の政治資金を受け入れる道を断たれた。なのに強引に資金を取り込めば、泥棒も同然だ。

 ──

 なお、民進党の議員が、民進党に残ったまま、希望の党にも属して、民進党の資金を得る……という方法もある。この場合は、「二重党籍」という形になる。
 この場合は
  ・ 法的には合法であるが、倫理的には問題だ。
  ・ 希望の党そのものが、二重党籍を認めないだろう。

 という二点があるので、二重党籍はまず不可能だろう。
 となると、「民進党議員が、民進党に残ったまま、民進党の政治資金を使う」ということもできなくなる。

 ま、どっちみち、リベラルを排除した希望の党は、資金的にもきわめて厳しい。十分にポスターを貼ることすらできないかもしれない。
 リベラルを排除することで、政治資金を排除し、かつ、国民の票も排除してしまうのだ。……政治的計算のできない馬鹿丸出し、というところか。



 [ 補足 ]
 リベラルの党がなくなってしまったようだが、小池に排除された民進党の人々が新党を結成する……というプランもあるにはある。
 希望の党に合流しない人たちで新たな左派リベラルの政党をつくり、堂々と戦えばいいのだ。共産党と連携、あるいはさらに進めて、合流して新党を結成してもいい。そうすれば、小選挙区でもいくつかは議席が取れるだろう。そして、比例ではかなり取れる可能性がある。
( → 民進党議員たちの今後 | ビジネスジャーナル

 これで少しは票を取れそうだが、今の民進党の数分の1にしかならないだろう。小選挙区では全滅となりそうだし、共産党の後塵を拝することになりそうだ。
 対抗勢力にはなりそうもない。何より、時間不足だし、リーダーすら決まっていない。埋没は不可避。



 【 関連動画 】






 【 関連サイト 】

 「リベラルの排除」という方針は、他にもいくつかの点で非現実的であるようだ。特に、「候補者不足」という点がある。
 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は民進党からの合流について基本政策が一致しない場合は「排除する」と明言した。新党に民進党色がつき、清新さが薄れるのを嫌ったためだが、選別しすぎれば候補者が不足するジレンマもある。
「私どもの政策に合致するのかどうか、さまざまな観点から絞り込みをしていきたい。全員を受け入れるということはさらさらない」
 29日午前、東京・新宿のホテルで民進党の前原誠司代表との会談を終えた小池氏は民進党の候補者の受け入れについて、記者団にこう述べた。安全保障法制や憲法改正などへの賛同など、一定の条件を満たした候補者のみ合流を認める「排除の論理」を強調した。
 しかし、希望の党には排除の論理だけを貫けない事情もある。基本的に候補者数が不足しているためだ。小池氏は「突然の選挙で候補予定の方が、特に新人がなかなか(集まらず)現実の壁になっている」と話す。
 小池氏は28日の日本記者クラブの記者会見で、旧日本新党時代に河野洋平元衆院議長らが所属した「新自由クラブ」を研究したと明かし「なぜ、新自由クラブが政権を取れなかったかというと候補者が足りなかったから。できるだけ多くの候補者を出していく」と述べた。
 ただ、小池氏の「排除」発言で、民進党は混乱した。同党は29日午前9時すぎ、全候補者向けに大島敦幹事長名で民進党への「離党届」と希望の党への「公認申請」の書類をメールで一斉送信したが、小池氏と前原氏の会談が終わった約2時間後、廃棄するよう求めるメールを送った。「リベラル派が合流を拒絶される」「前原代表はだまされた」(関係者)との反発が党内で広がり、手続きをいったん中止したとみられる。
( → 希望、排除の論理 小池氏「全員受け入れ、さらさらない」 民進、広がる反発 - 毎日新聞

 このあとは、二つの方向の可能性がある。
  ・ 方向性を転換する。希望の党がリベラル議員も受け入れる。
  ・ 方向性を保つ。それを民進党が拒否して、この話自体が消える。


 前者ならば、希望の党が政権を取る可能性が出てくる。
 後者ならば、この話が立ち消えとなって、合流そのものがなくなる。野党は分裂して小党乱立となり、希望も民進も小選挙区で壊滅する。安倍自民は3分の2どころか、8割以上の議席になるかも。
 どちらになるかは不明だ。なぜなら、小池百合子の胸三寸によるからだ。あとは彼女の知性がどのくらいであるかに依存する。偏差値 50以上があれば前者を選ぶだろうが、しかし、問題は、小池百合子に人並みの知恵があるかどうかだ。猿並みかもしれない。「自説に頑固にこだわる」という方針の人は、猿並みの知恵しかないのが普通だ。



 [ 余談 ]
 比喩。病院の院長の話。
 「小池くん。きみは当病院の外科の副部長として、よく頑張ってくれたね」
 「はい。ありがとうございます」
 「ところでね。前原内科部長が不人気なんでね。彼は辞任したいと申し出ているんだよ。そこで考えたんだがね」
 「はい」
 「きみを処遇しようかとも思ったのだが、外科のきみを内科にすえるわけにも行かない。で、思ったのだが、私も年だし、きみを院長にして、外科も内科もすべてまとめるトップになってもらいたいんだ。どうかね?」
 「え、私を院長にするんですか?」
 「うん。そうだよ」
 「それはお断りします」
 「え、何でだね?」
 「私は外科一本に絞りたいんです。内科も外科も両方やるなんて、まっぴらごめんです。内科を扱うのは絶対にごめんです。内科を扱いたくないので、院長にはなりません」
 「そうか。わかった。じゃ、クビだ。出ていけ」 

 かくて、小池・外科副部長は、院長昇進の内示を蹴って、クビになってしまった。小池さんは、トップに立つ器じゃないということですね。

posted by 管理人 at 23:53| Comment(57) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後に 【 関連サイト 】 を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2017年09月30日 07:19
 最後に [ 余談 ] を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
 
Posted by 管理人 at 2017年09月30日 08:07
まあ、元はと言えば前原の失政が原因ですし。不倫解散とも言われてるよ
民進党も希望の党も、頭のないやつを頭にしたのが間違い
Posted by かーくん at 2017年09月30日 09:10
まず政権交代をそもそも狙っているのかどうか
希望の党に入党する中山議員は総理は安倍さん以外ありえないと言ってるし。
Posted by 村井 at 2017年09月30日 11:50
> 政権交代をそもそも狙っているのかどうか


 狙っているかどうかじゃなくて、「狙える(可能性がある)」という好条件をタナボタで提示されたのに、それを自分で捨てている、という状況。
 最後の「余談」を読んでください。
Posted by 管理人 at 2017年09月30日 12:00
世論調査の空気感に、小池都知事がびびってるのでは?

http://www.yomiuri.co.jp/feature/opinion/koumoku/20170930-OYT8T50000.html

小池は衆議院選に出馬すべき 12%
希望の党は民進議員をすべて受け入れるべき 9%
Posted by 傍観者 at 2017年09月30日 12:09
 小池百合子は選挙が始まらないうちに敗北宣言をした。

> 10月10日公示の衆院選に向けて進める候補者擁立作業について、「政権選択選挙であり、選択肢としての候補者擁立を目指している」と述べ、現状で3桁の候補者数は十分可能との見方を示した。
  https://thepage.jp/detail/20170929-00000016-wordleaf

 政権をめざすといいながら、候補者数は3桁がやっと。つまり百数十人。
 一方、衆院の定数は10減で465だ。そのうちの4分の1が最大限となる。現実には落選も多いから、もっと少ない。
 過半数を狙うどころか、百ぐらいで満足してしまっている。選挙が始まる前から、敗北が確定。

 これで「政権をめざす」なんて言うんだから、数値計算ができないんだね。
  100 < 233
 という不等式を、教えて上げましょう。こんな簡単なことも理解できない知性が、彼女なんだから。
Posted by 管理人 at 2017年09月30日 13:58
民主党は消費税増税で壊滅しました。
当時、民主党は増税を検討すらしないと公約していたにもかかわらず、当時の野田首相は強行しました。
約束が守れなかったことは情状酌量の余地がありますが、約束破りは悪意がなければできないことであり、決して許されることではできません。

安部首相に対して思うところがありますが、今回消費税増税を掲げて選挙に挑む姿に漢らしさを感じました。
ですので自分は、希望の党が当時の民主党執行部を含め全部吸収したら、希望の党を支持することはないでしょう。
こういう考えは少数派ですかね?
Posted by 自称中道の人 at 2017年09月30日 15:18
> 消費税増税を掲げて選挙に挑む姿に漢らしさを感じました。

 それをやったのが安倍首相なら大賛成で、菅直人なら大反対、というわけですね。ふむ。同じことをやっても、評価は正反対。
Posted by 管理人 at 2017年09月30日 20:29
 参考記事。

> 小池都知事、東京都職員アンケートで評価が最悪すぎる結果に!!
 https://matome.naver.jp/odai/2150530703025258301
Posted by 管理人 at 2017年09月30日 21:13
管理人氏は読解力がないのでは?
「右は安定的な安倍首相の支持層で、左は何を言っても取り込めない。残りの中道5割のうち、半分弱を取れば過半数となる。だから、安倍政権としては『中道の右半分』を目がけて政策を練ればいい」
これって安倍政権のことですから、小池が同じことをやっても右翼から集中砲火を浴びるだけです。安倍は右翼界隈から特権的な立場を宛がわれてるわけですよ。
Posted by 取り急ぎ名なしさん at 2017年09月30日 22:38
> 小池が同じことをやっても右翼から集中砲火を浴びるだけです。

 安倍より右にするか左にするか、という問題。
 安倍より右なら、右翼の3割の票のうちの半分ぐらいを取れるが、残りの7割の大部分を安倍に取られる。
 安倍より左なら、中道とリベラルの合計7割を取れる。安倍は残りの3割を取る。
 この場合、小池は3割の右翼から集中砲火を浴びるだろうが、痛くも痒くもない。3割の右翼は安倍に与えて、残りの7割を取ればいいだけ。
 計算ができましたか? 

 それでもまだわからなかったら、明日あたりに書く予定の次項を読めばわかるでしょう。あなたの暗黙裏の前提に間違いがあることが指摘されます。
Posted by 管理人 at 2017年10月01日 00:02
>狙っているかどうかじゃなくて、「狙える(可能性がある)」という好条件をタナボタで提示されたのに、それを自分で捨てている、という状況。
 最後の「余談」を読んでください。

いやいやバカって書いてるじゃないですか。
政権交代を狙うというのは嘘でしょう。
野党第1党になるための。
あと都の職員の評価は低いようですがそりゃ都議会と戦っているわけですから周りの評価が低いのは当たり前でしょう。
Posted by 村井 at 2017年10月01日 09:05
あと大阪に希望の党の候補は立てないようなので
民進党出身者は無所属かリベラル派が立ち上げると噂される新党から出ることになりそうです。
Posted by 村井 at 2017年10月01日 09:24
野党第一党?
例えば定数465のうち自民が40減らして240,公明40,共産20として残り165,無所属20,維新が伸びずに20としよう。
残り125のうち民進党が議席40減らして50としても75しか空いてない。75取れば野党第一党ですねw しかしたかだか15%でしかない

むしろさらに野党が乱立してより与党が強まるだろうよ
最初で最後の大チャンスで75議席の野党第一党(笑)
民進党と揉めたらさらに議席が与党に流れて影響力ないまま泡沫だね。お疲れちゃん
Posted by かーくん at 2017年10月01日 10:33
希望がリベラルも含めて民進をまるっと受け入れたら民進内のリベラル支持派の票は希望に集まるでしょう。ただ、そのことでこれまで希望を支持していた層の票が自民に流れてしまう、ということはありませんか?
何より民進をまるっと受け入れてしまったら、これまでの民進の理念なきというか、まとまらない、まとまろうとしない体質もそのまま引き継がれてしまうのでは。そういった体質を嫌って希望離れが起こるということもあるような気がします。
Posted by 作業員 at 2017年10月01日 10:38
離れる票というのは元々自民支持の右でしょ?
ま、それはそうと安倍ちゃん神風吹いてるよね
維新と希望の公約に上がってる議員定数の削減ってのは民主党が当選した選挙区を全て消せばいいもんね

左派壊滅選挙と呼ぶといいかも
将来NHKがその時歴史が動いたで特集する日が来るかもね。前原は歴史に名を残したな
Posted by かーくん at 2017年10月01日 11:04
今回の選挙ほど選択肢のない選挙はないですね。政治家のひとりひとりが何を目指しているのかがさっぱりわかりません。

右とか左とか言う前に、経済最優先(日本人を裕福にすることを最優先)に掲げる人を推したいですね。

とにかく今の日本人は、若者を中心に、『カネがない』ので。
Posted by 反財務省 at 2017年10月01日 13:34
ここの管理人について
良い記事もありますが、朝日新聞を盲目的に信じているところがあります
ネットは間違っていて、新聞テレビは絶対に正しいと妄信している傾向もあります
また、何か反論されても、それを踏まえて考えると言うことが出来ていません(答えはいつも新聞にしかないと思っている感じです)
最近のマスコミの偏向の象徴である「森友・加計問題」に関しても、マスコミが国会中継を切り取ったりして偏向している訳ですが、切り取られる前の国会中継に真実を探しに行ったりもしていません

一度、考えを改めて、両側の意見から判断する、と言うことを覚えれば、さらに良いブログになると思います。
Posted by ty at 2017年10月01日 18:02
> 朝日新聞を盲目的に信じている

 ネット時代以前は、朝日新聞が圧倒的だったので、私は朝日新聞の悪口ばかり言っていました。
 今は新聞を読みもしないで、朝日の悪口を言う人ばかりになっているので、どちらかと言えば朝日擁護をすることも多くなっています。
 私の基本方針は「世間の多数意見とは逆の視点を導入すること」です。朝日擁護が多いと見えるとしたら、世間に朝日批判が多くなっているせいでしょう。

 ついだだけど、朝日の「燃料電池車キャンペーン」や「太陽光発電キャンペーン」を十年ぐらい前からずっと批判しているのが本ブログ(&泉の波立ち)ですよ。
 私が朝日批判をしているときには、世間は私の言っていることを理解しないから、あとになって「どうして朝日批判をしないんだ」と文句を言ってくる。本当は周回遅れだ、と気づかないわけ。

 あとね。私の基本方針は「政府などの多数派・主流派への批判」です。
 朝日は私に似て、政府批判をするから、私が朝日支持に見えることもある。しかしそれは、私が朝日の真似をしているんじゃなくて、朝日が私の真似をしているのかもしれないよ。

> 最近のマスコミの偏向の象徴である「森友・加計問題」

 これは朝日の大々的なスクープです。新聞協会賞か何かを受賞した特ダネ。歴史を動かすすごスクープをしたのは、朝日ならでは。
 マスコミがきちんと仕事をしたときには、評価して上げましょう。他人の足を引っ張るだけの人より、ずっとマシです。

> ネットは間違っていて、新聞テレビは絶対に正しいと妄信している傾向もあります

 そんなことはないはずです。通常、報道の事実確認に当たっては、複数の記事をソースにして確認しています。
 ネットの情報は、玉石混淆なので、一律に判断はしていません。十把一絡げに否定しているわけでもない。実際、あちこちの無名サイトから引用もしています。

 p.s.
 ちょっと思ったが、あなた、新聞を読んでいないでしょ? 特有の無知が露見している。
Posted by 管理人 at 2017年10月01日 19:41
森友・加計問題について
どちらについても、民進党のやばい話が出てきた時点で、マスコミは報道を辞めましたよね
新聞協会賞か何かは、それは、内輪の賞なので取れるでしょう どんな捏造記事でも
そもそもクロスオーナーシップの問題とか知っていますか?
この問題がある限り、監視者がいないのだから、マスコミは嘘つき放題ですよね?
ネットの情報は、玉石混淆と言いながら、マスコミの情報は全て真実と思っている根拠を教えてください。
Posted by ty at 2017年10月01日 20:15
複数の記事をソースにして確認してるのはほんとでしょうけど、もちろん、同意見の記事は多数あるわけです。
逆の意見に聞く耳を持たないと、意味がないのです。
あなたは、朝日新聞の裏づけを取る為の作業をしているだけで、本当の意味での考えると言う事をしていないのです
過去のコメントを見ていても、反論されたら、いつも切れて、適当なブログを根拠に反論しています

切れずに落ち着いて考えて欲しいんです
せっかく、凄い行動力があるのだから、もっといいブログになって欲しいんです。

相手が正しい場合もあるんですよ。
朝日新聞が間違ってる事もあるんですよ。
Posted by ty at 2017年10月01日 20:23
冷静に読み返すと少しきつく言い過ぎたと反省しています。
基本的には、このブログを応援しています。
Posted by ty at 2017年10月01日 21:18
tyさん、
最近このブログを読むようになったのでしょうか。

> 朝日新聞を盲目的に信じているところがあります

ここの管理人様に限って「盲目的」なんてこと
有り得ないことぐらい
わかりそうですけど。
Posted by けろ at 2017年10月01日 21:37
ここの管理人が盲目的に信じているのは管理人自身でしょう。これまでのブログ内容やコメントは一貫して自分を信じて否定することはないよね。
Posted by ななし at 2017年10月01日 23:22
>あなた、新聞を読んでいないでしょ? 特有の無知が露見している。

愛情溢れるコメントですね。
tyさん、ご自身が嫌だと感じる情報(朝日新聞?!)にも目を通されると良いですよ。
ここの管理人様は、世間が小泉さ〜ん♪となっていた頃、
黙々と小泉批判を書かれていた方ですから(懐かしい)。
ネットを見回しても、これだけ色々な視点を提供してくださる方はあまりいません。

あと、質問のレベルが上がると丁寧に回答してくださるときがあります。
ご自身のレベルを確認する一種のメルクマールとして、ご活用されてはいかがでしょうか。

しかし、小池女史・・・凄いですね。
このままだと与党大勝になってしまいそう。
なんなんでしょうね。政権を取りたいのではなくて民進党を解体したいだけなんでしょうか?
女性初の総理になりたいんですよねあの方は?
よくわかりませんねえ・・・・

Posted by アレン at 2017年10月01日 23:27
>Posted by ty at 2017年10月01日 18:02

私も同意見です。
自説を曲げることは絶対無いし(少なくともこれまで読んできた限りでは)、何かスポーツライターの広尾氏と同じような個性を感じます。(あちらはもっと傲慢というか圧が凄まじいので、非難されまくってますが)
ただ、こちらの管理人さんは、言うまでもなく物凄い博学で頭も良いので、どんな記事でも目が離せません。こういうブログ、他に類を見ないような…
だからこそ、読者(皆さんも博学)は厳しくなってしまうのかもしれませんが。
Posted by スミヤバ猿 at 2017年10月02日 15:01
> 自説を曲げることは絶対無いし

 いっぱいありますよ。ググればわかる。
 →  http://j.mp/2x9pa3Q

 項目数は 6000に近いので、お詫びして訂正したことも数十あります。率にして1%もないので、相対的には目立たないが。

 あと、項目の全面取り消しも、3件ぐらいはあるはず。(取り消した残骸は消さずに残っています。)
Posted by 管理人 at 2017年10月02日 18:48
希望の党は、民進党の150億円を欲しい(盗みたい)だけなのかも。
Posted by 反財務省 at 2017年10月02日 20:21
20171002 2110時点のフォロワー数
希望の党:831
立憲民主党:19798

はい、小池逝ったー
これから野党も与党もぬすっ党だと集中砲火するだろう
選挙はイメージが全て、右は自民維新に食われ、左は立憲民主党含め野党連合に食われる
人を平気で騙し、金を盗ろうとする女と騙され、仲間を見捨て、理念も捨てるような情けない男どもという印象を植え付けてしまった。完璧に立ち振る舞いを失敗した
Posted by かーくん at 2017年10月02日 21:25
右から左まで無理やりくっつけて失敗したのが民主党、民進党です。「寛容な保守改革政党」などという言葉も出てますが、自民党にすら収まりきれなかったもっと右派の人たちと、民進党左派に引きずられて左に寄りすぎてウンザリしたので出てきた人達とで、独裁者を祭り上げて作った党ですから、そりゃ民進左派を受け入れられるはず無いと思います。

民進左翼をリベラルと呼ぶのも不思議な感じです。自由の為に進撃して戦うのがリベラルでしょう。護憲不戦、再分配の重視なら(あえてサヨクと言わないなら)中道左派、社会民主主義では?
Posted by dawn at 2017年10月03日 00:04
> 民進左派を受け入れられるはず無いと思います。

 ところが自民党は、社会党の委員長を首相にする、という形で政権を奪ったことがある。
 社会党の方は、自衛隊違憲論を捨てて合憲論に転じてまで、自民党との連立政権で首相の座を得た、ということがある。
 主義主張にこだわって政権を失うのは二流の政治家。主義主張を捨てても政権を奪うのが一流。
 ま、子供と大人の違いですね。給料をもらうためにはじっと我慢する、というのが大人です。ケツをまくって会社を辞めるのはガキ。

> 自由の為に進撃して戦う

 誰と戦う? 王制または独裁制ですね。いずれも日本にはない。
 「立憲」ならば、王制または独裁制への対抗を意味する。しかし日本では無意味。
 どうも、政治用語を理解できていない人が多すぎ。

 ※ 「リベラル」は「保守主義」の対立概念。
Posted by 管理人 at 2017年10月03日 00:08
>どうも、政治用語を理解できていない人が多すぎ。
>「リベラル」は「保守主義」の対立概念

米国在住でリベラルというと米国の民主党、直近だとヒラリーなどタカ派なリベラルがまず思い浮かぶので、民進党左派が同じリベラルと言われるピンときません。

希望の「寛容な保守」の「寛容」は家族観で保守(伝統的家族観、中絶反対とか)でなくてリベラル(LGBT容認、夫婦別姓推進)だよ、という意味。「保守」は安保法制賛成、憲法9条改正などの、まあ言ってみりゃ夢想的非武装中立に対する現実路線、と理解してます。アベノミクスだって世界の中で見ればリベラル経済政策。

何だかリベラルという言葉か社会主義共産主義の隠れ蓑、オシャレな言い換えとして便利に使われている気がするんですが、違うんでしょうか?

勉強不足&横道ですみません。
Posted by dawn at 2017年10月03日 01:25
> ヒラリーなどタカ派なリベラルがまず思い浮かぶので、民進党左派が同じリベラルと言われるピンときません。

 同じリベラルじゃないですよ。リベラルの種類もいろいろある。しかしいずれも、共和党とはあまりにも縁が遠い。一方、安倍とトランプはそっくりだ。

> 希望の「寛容な保守」の「寛容」は家族観で保守(伝統的家族観、中絶反対とか)でなくてリベラル(LGBT容認、夫婦別姓推進)だよ、という意味。

 この点だけでは、希望はリベラルと見なしていいですね。ただし外国人の地方参政権については極端にこだわっているので、本質的には保守です。普通はそんなことにはこだわらないものだが。
 安倍首相だって、「高齢者福祉」とか「地方福祉」とかの点では、リベラルっぽいところはあります。
 リベラルっぽい政策を部分的に含むことがあっても、それは普通のことです。ピュアである必要はない。

> 「保守」は安保法制賛成、憲法9条改正などの、まあ言ってみりゃ夢想的非武装中立に対する現実路線、と理解してます。

 夢想的非武装中立なんて言っている政党は一つもありません。共産党ですら、「自分が政権獲得後は武装する」論だ。他はすべて「自衛隊合憲論者」です。あなたの見解では、すべての政党が保守になります。その意味で、あなたのいう「民進党左派」というものは、現実には存在していません。

> それをアベノミクスだって世界の中で見ればリベラル経済政策。

 経済政策は保守・リベラルとは関係ありません。古いところでは、田中角栄の財政拡張と福田の緊縮政策。どちらも保守政治だが、経済政策は正反対。

> 何だかリベラルという言葉か社会主義共産主義の隠れ蓑、オシャレな言い換えとして便利に使われている気がするんですが、違うんでしょうか?

 全然違いますよ。安倍やトランプや小池の独裁政治(極端なトップダウンと民意無視)を見ればわかるでしょ。「安倍やトランプや小池とは正反対」と見なせば、リベラルの概念を理解できるでしょう。「民意重視」とか「民主主義の重視」とか考えればわかる。立憲民主党が「立憲」という名前を取ったのも、基本的には「独裁反対」「法律を守れ」という意味でしょう。
Posted by 管理人 at 2017年10月03日 06:39
>安倍やトランプや小池の独裁政治(極端なトップダウンと民意無視)を見ればわかるでしょ。「安倍やトランプや小池とは正反対」と見なせば、リベラルの概念を理解できるでしょう。「民意重視」とか「民主主義の重視」とか考えればわかる。

安倍さんもトランプも民主選挙で選ばれた民意の塊です。前回選挙以降だって、民進党も共産党も支持率1桁で、安倍政権支持率の数分の1程度。どっちの方が民意を得ていたかは自明。民意重視=リベラルなんてどこから出て来たんでしょう?

トランプ勝利の後この世の終わりの様に嘆いているリベラル系アメリカ人に、同僚中国人とロシア人が、中国には選挙も自由なマスコミもない、ロシアには選挙もマスコミも一応あるけど選択肢が一つしかない、と慰めていたのに対し、民主選挙もあるしマスコミも右から左まで揃っている。にも関わらずトランプが選ばれるんだぞ?最悪だ!と言っていたのを思い出しました。「独裁」という言葉を軽く使いすぎだと思います。
Posted by dawn at 2017年10月03日 10:15
> 民意重視=リベラルなんてどこから出て来たんでしょう?

 選挙のことではありません。
 (1) 個別政策では、彼らは民意に反することをやっている率がとても高い。安倍なら、森友・加計学園での隠蔽。経済政策だけは支持率が高いが、それ以外の大半で支持率が著しく低い。トランプはもっとひどい。
 (2) 民意(世論調査の支持率)が低い政策について、リベラル政権ならばそれに従うことが多い。安倍とトランプと小池は、どれほど支持率が低くても、強行する。特に、官僚の反対があるとき、それを押し切って、「反対する官僚の首をすげ替える」という強行姿勢が強い。これは安倍と小池に共通する独裁者体質。歴代の政権には見られなかった。

 立憲民主党が「憲法や法律を守れ」という当たり前のことを声高に語るのも、安倍が憲法や法律を無視する(勝手な解釈する)ことが多いから。
 違法行為を強弁で強行するというのは、戦前の日本やナチスで見られたことだが、安倍も同様。これを黙認するのが保守で、徹底反対するのがリベラル。
Posted by 管理人 at 2017年10月03日 12:20
森友、加計問題を隠しているのは、マスコミと民進党では?
Posted by はままつ at 2017年10月03日 12:42
 ブルジョワ政治委員会に何の興味もないですが 今年を世界史から見ると歴史の転換点に考えられそうなんですが この茶番劇もその些細な項目になるんだろうな
 イスラム 欧州における民族解放運動 トランプ
中華金満思想  その意味するところを把握しておかないといけないな

 北鮮の彼の満面の笑み 凛々しく感じるのは何故だろ
 
Posted by  k at 2017年10月04日 04:12
衆議院選挙で希望の党が過半数を取れなければ分裂するだろう。過半数が取れても、江田憲司が、希望の党に入り、党首を狙うだろう。それは、小池百合子が都知事だからだ。過半数を獲得するということは、党首は総理大臣に、なれるからだ。希望の党の面々を見れば、江田憲司には負けるだろう。今迄の江田憲司を見れば、汚さがわかるだろう。
Posted by 日本をわかる男 at 2017年10月04日 10:29
加計学園に関しては愛媛県前知事の加戸さんの
証言はどう考えているのでしょうか?
Posted by 山野 at 2017年10月04日 12:17
> 愛媛県前知事の加戸さんの証言

 そんなものは存在しないからです。証言というのは、自分のやったことについての発言です。
 上記は、他人(前川氏)の証言についての個人的な感想であって、証言ではありません。2ちゃんねるのコメントと同様であって、報道の価値はありません。「前知事のコメントだから重視するべきだ」と本人は思っているんでしょうけど、頭が老人ぼけしているな。
Posted by 管理人 at 2017年10月04日 12:58
>北鮮の彼の満面の笑み 凛々しく感じるのは何故だろ

70年前日本は韓国朝鮮と共に民族自決、欧米植民地支配からのアジア解放を掲げて戦った。だが負けて変節し日本韓国は米国の僕に成り下がったが、北朝鮮は変節せず未だに米国覇権主義と戦っている。というおとぎ話にも一部の真実があるから凛々しく感じる所もあるのでしょう。(朝鮮韓国や日本サヨク向けにするには最初の部分を少し変えて日本=植民地支配側、韓国朝鮮は戦勝国側に変えないといけませんが)。

現実の北朝鮮の中身は残酷な恐怖独裁政治、外を見ればかつての植民地も独立を果たし、欧米の覇権主義もかつてほどの力はなく、冷戦終結、共産主義崩壊、9・11以降の世界では、70年前の日本程度の大義すら持ち得ない、というところでしょうか。


Posted by dawn at 2017年10月04日 23:04
>特に、官僚の反対があるとき、それを押し切って、「反対する官僚の首をすげ替える」という強行姿勢が強い

前川氏が辞めたのは天下りで明らかな法律違反してた首謀者だったから。それにしばらく前は右も左も腐った官僚主導を打破、政治主導に転換、って言ってたよーな。だから改革して閣僚の任命権移動したのでしょ?岩盤規制打破はその中心にいる官僚と戦うのは当たり前。なんかほぼ改革なんかするな、岩盤規制バンサイという主張に聞こえます。

>これは安倍と小池に共通する独裁者体質。

都民ファ希望の党内の発言すら許さない独裁者体質は確かにすごい。都政でも都議会無視して議論ゼロで突然「築地も再開発」とか決めちゃうし。完全なる闇。

自民党内は色々発言があって安倍の次を狙う人達の足引っ張りまであって、安倍が党内独裁やってるようには全然見えない。平気で安倍首相のこの意見には反対ですって言ってる自民党議員いるし。あれ希望でやったら即クビだよな〜。

この管理人さんのブログだいぶ昔(小泉の頃)から見てて、独自の視点が面白く、大好きなんですが、森友加計問題に関しては何だか朝日毎日に踊らされている感があります。個人的な感想です。すみません。
Posted by dawn at 2017年10月04日 23:58
閣僚の任命権
ー>
官僚の任命権
Posted by dawn at 2017年10月05日 00:45
>政権を取れるかどうかは、過半数を取れるかどうかによる。

この前提が間違っている気がします。

自公過半数さえ割れれば、安倍退陣。自公希で連立小池内閣とか?議席数によっては自公維に邪魔される可能性はあるけど、そしたら自民の中に手を突っ込んで割ることも目論んでくるよね。他にもいろんな政権の取り方あると思います。いずれにしろ民進左派と有力者は切っておかないと選挙後造反で乗っ取られるので、欲しいのは物言わない民進中間層の数とお金。必然であって、バカとか猿とかいうより、本質そのもの。
Posted by dawn at 2017年10月05日 01:35
> 前川氏が辞めたのは

 前川氏が辞めたのは、首相が辞めさせたわけじゃありません。自分で自発的に辞めたのです。このことは前川氏が明言して強調しています。
 強引に辞めさせるというのは、集団的自衛権を「違憲だ」と判断した内閣法制局長官などの首をすげ替えたことや、その他もろもろの各省庁の人事(課長級までを含む大量の人事)で次々と人事介入したことを意味しています。官僚の課長級にまで大量に人事介入・粛正するなんて、前代未聞のことなんですけどね。
 このことは朝日新聞が何度も報じていますが、あなたは新聞を読まないから、基礎知識がないのでしょう。自分にとって都合の悪い情報をシャットアウトしているわけ。安倍さんと体質がそっくり。

> 自公希で連立小池内閣とか

 妄想も甚だしい。衆議院議員でない都知事が国の首相になるなんて、憲法すら理解できていない。
 無知がひどすぎるので、もう書かないでください。
Posted by 管理人 at 2017年10月05日 07:36
新聞読みますし、官僚人事の事も知ってるし、小池さん出馬ないと言ってますが、まだ可能性あるでしょう。このページの管理人の記事だって小池出馬前提じゃないんですか?

まあでも了解です。もう書き込みません。読むだけに戻ります。
他人のブログに色々長々と書き込んですみませんでした。失礼します。
Posted by dawn at 2017年10月05日 10:33
日本にリベラルなんていません。左翼反日。
安保法案反対の時の下品なデモなどを見ればわかる。民意をみるとか言われてるが意気地なしなだけ。反日だから国民の目線を気にしないとやっていけないんでしょう。オドオドしてるだけ。
頭が悪いから反論しかできない。対話できるレベルにない。
Posted by 中尾 at 2017年10月05日 12:07
> 日本にリベラルなんていません

 とりあえず下記ページでも読んでください。
  http://satlaws.web.fc2.com/edano1003.html

 はてブ
  http://b.hatena.ne.jp/entry/satlaws.web.fc2.com/edano1003.html
Posted by 管理人 at 2017年10月05日 12:36
枝野さんの演説は、ネトウヨの自分から見ても非の打ちどころがなくすばらしいと思います。

でも国民の大多数は憲法を守り、隣国に侵略されることを望んでいません。
また立憲民主党に名前を変えたところで、中に入っている酒は元・民主党左派そのままです。
尖閣で情報秘匿し消費税増税を強行した元民主党のいうことは信用できません。
現在の日本で「リベラル=売国奴でウソツキ」だと思っている人は少なくないと思います。
Posted by ネトウヨでごめんなさい at 2017年10月05日 20:24
> 尖閣で情報秘匿し消費税増税を強行した

 それは自民党政権のことでしょ。消費税増税はいずれも自民党政権でなされました。法律を通したのは、与野党の双方の合意でした。
 尖閣の国有化を決めたのは民主党政権でしたが、それがあなたのご不満でしたか。ネトウヨのくせに、尖閣の国有化に反対するんですね。
 情報秘匿は、民主党政権で何か一つぐらいはあったかもしれませんが、安倍内閣では、何から何まで全部隠していますからね。公開文書は墨塗ばかりだし。1年で文書を捨てるし。文書公開法は否定するし。真っ白だと、黒い点が一つ目立つが、真っ黒だと、黒い点があっても目立ちませんね。

> 元・民主党左派

 それ、たぶん数人しかいませんよ。民主党・民進党の議員の9割以上は、自衛隊の強化に賛成しています。
 一方、安倍首相は、役立たずのオスプレイや F-35 を購入することで、日本の軍備を大幅に弱体化しました。日本の防衛力を弱めて、侵略されやすくしているのは、安倍首相です。
 この件は、本サイトの「戦争・軍備」のカテゴリで詳しく記してあります。
  → http://openblog.seesaa.net/category/26601429-1.html
Posted by 管理人 at 2017年10月05日 22:58
dawnさん戻ってきてください
反日を野放しにすると日本が滅びてしまいます
Posted by はままつ at 2017年10月05日 23:17
愛媛県前知事の加戸氏の話を報道せずに前川氏の話のみを報道するのは、やはりおかしいのでは?
マスコミが、どちらの話が捏造で、どちらの話が真実かを、そんなにすぐに判断出来ますか?
初めから決めていたとしか思えませんが
Posted by はままつ at 2017年10月05日 23:20
管理人
都合の悪いコメントをすぐに消さないでください
両側の意見で、討論すべきなのに、あなたは、相手の話を全く聞いていない
Posted by はままつ at 2017年10月05日 23:23
>官僚の任命権移動・・・


森友学園の件で、煙に巻いた対応を評価されて出世した例の方のような官僚ばかりになってしまう恐れがあるので、
人事に関してはイギリスのように、官僚にリストを提出させてその中から選ばせる方式に変えた方が良いと思いますね。
政治主導と官僚主導のちょうど中間形態の様な。
おそらく、政権交代を前提にしていると思われるので、
長期政権が続くと、今のように政治主導のデメリットが前面に出てくる形になる。
将来、安部首相よりもっと痛い人が出てきた場合の事を考えないと。


岩盤規制打破云々というのも、違和感ありますね。
必要な規制なら50年でも100年でも必要。
労働関係諸法の規制を、岩盤規制だから壊そう!!!なんていう人は、まさかこの国にはいないでしょう。
自分の首を絞めるだけですし。
Posted by アレン at 2017年10月05日 23:42
もう書かないと言いましたがもう一度だけ。はままつ様へ。

>dawnさん戻ってきてください
>反日を野放しにすると日本が滅びてしまいます
長年ここの管理人さんのブログ見てきましたが、管理人さんが反日だとは私には見えません。

>都合の悪いコメントをすぐに消さないでください
少なくとも私=dawnの書いたコメントは一つも消されていません。

今度こそ本当に黙ります。
Posted by dawn at 2017年10月05日 23:58
自称リベラルの共産党は暴力革命をやってますし
中国の共産党はもろ独裁ですね。
Posted by 濱田 at 2017年10月06日 11:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ