2017年09月18日

◆ EV に太陽光発電を蓄電する?

 電気自動車(EV)の電池に、太陽光発電の電力を蓄電するといい、というアイデアがある。妥当か? 

 ──

 電気自動車(EV)の電池に、太陽光発電の電力を蓄電するといい、というアイデアがある。実際、これは国も推進していて、165万円もの補助金が出るそうだ。
  → 電気自動車+EV充電スタンド−太陽光発電省エネドットコム

 ──

 では、これは「うまい方法」と言えるか? ちょっと考えてみよう。

 (1) 売電との比較

 原理的には、蓄電するよりは、売電する方が効率的だ。たとえば、次の比較だ。
  ・ 昼間に太陽光発電で発電して、それを蓄電して、夜に使う。
  ・ 昼間に太陽光発電で発電して、それを売電する。


 前者は、家庭内で発電して自家消費する。蓄電池のコストの分だけ、余計な金がかかる。
 後者は、蓄電池のコストがかからない。それでいて、効果は同じだ。
 とすれば、両者を比較して、「後者の方が利口だ」と言える。

 ただし、注意点がある。
 「後者が可能なのは、電力会社が売電を受け入れてくれる場合だ」
 ということだ。このことは、関東や関西では成立するが、九州は北海道では成立しない。太陽光発電の発電量(正確には電力会社の受け入れ可能量)が、需要を上回ってしまうからだ。

 逆に言えば、九州や北海道では、「EV を蓄電池として使う」ということが有効だが、関東や関西では、「そんなことをするより、電力会社に売電する方がいい」と言える。

 (2) 夜間電力料金との比較

 昼間に電力を使うのならば、太陽光発電の電力をそのまま家庭で使えばいいので、特に蓄電する必要はない。
 蓄電する必要があるとしたら、太陽光発電の発電がない夜間に電力を使う場合だ。
 ただし、夜間に使うなら、夜間電力料金とも比較するといい。

 夜間電力料金については、前項で示した。そこから、こうわかる。
 「プランごとに割引率が異なる。午後9時以降で安くなるプランもあるし、午前1時以降で安くなるプランもある。割引率が高いプランは、深夜だけで割引されるプランだ。だから、深夜でない夜間には、割引されない」

 従って、次のように結論できる。
 (i) 昼間に蓄電した電力を、深夜よりも前に使うのであれば、昼間料金の電力を節約できる。この点は、昼間の場合と同様だ。
 (ii)昼間に蓄電した電力を、深夜に使うのであれば、比較対象は深夜料金の電力となる。この場合は、蓄電した電力を使っても、節約にならない。


 (3) 深夜に充電

 電力料金の安い深夜に充電して、昼間に電気を使う、という方法もある。この場合、太陽光発電の電力を蓄電するのと違って、深夜電力を蓄電することになる。
 これはこれで、電気代を節約できるし、電力の需要を平準化するという効果もあるので、好ましいことだ。とはいえ、コストが問題だ。このようにすると、設備負担が大きくなる。かなりの金額の設備負担が必要となるので、経済的にはペイできそうにない。
 あまりお薦めできない。



 [ 付記 ]
 以上のように、いくつかの観点から説明した。
 このようなこと( EV の電池に蓄電すること)が可能なのは、「電池の劣化がない」ということが条件だ。
 そして、そのことは、テスラの電池には成立するが、日産の新型リーフの電池には成立しない。
 日産の新型リーフの電池は、劣化が激しい。ゆえに、毎日のように蓄電すると、電池の寿命そのものが短くなってしまって、電気自動車として使い物にならなくなる。電池を交換すれば、多額の出費となる。だから、日産の新型リーフでは、本項で述べたことは成立しない。
 本項で述べたことは、あくまで、「電池の劣化がほとんどないこと」が条件となる。
 このことは、「電池に冷却システムが備わっていること」と、ほぼ同義である。
  ・ 日産新型リーフ …… 冷却システム なし
  ・ テスラ(全車) …… 冷却システム あり


 日産の新型リーフでは、「太陽光発電で蓄電する」という発想そのものが成立しないわけだ。

 ※ 電池の劣化について、詳細は前出項目。
    → 新型リーフの電池の劣化



 [ 余談 ]
 本項を読んで、「何でこんなマイナーな話題を記すのか?」と疑問に思うかもしれない。
 実は、最後の「新型リーフでは電池の劣化がある」というのが、話の本題である。この件では、前にも述べたが、そこでは話を書き尽くしていなかった。ついでに周辺的な話題として、本項の話題が思いついた。
 そこで、この話題を扱って、調べてみた。そうしたら、かなり話が大きくなってしまったので、先の項目に追記するだけでは収まらなくなってしまった。だから、追記するかわりに、単独の別項目を立てることにした。それが本項だ。

 位置づけとしては、あくまで、「前出項目の続き」という扱いである。つまり、「リーフの電池は劣化する」という主題のオマケで、本項は「関連的な話題」として書かれた。

 「日産の悪口ばかり、しつこく熱心に書くもんだな」
 と思う人もいるかもしれない。 (^^);
 しかし、イヤミを言いたいわけじゃない。私の大好きな電気自動車について、日本のリーダーである日産があまりにもだらしないので、叱咤激励しているのである。
 「嘘つけ、悪口を言いたいだけだろ」と思われるかもしれないが。 (^^);


kaisya_okorareru.png
       日産

posted by 管理人 at 09:46| Comment(0) | エネルギー・環境2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ