2017年09月05日

◆ 北朝鮮と対話は可能か?

 北朝鮮の核とミサイルの抑止のため、「対話すべきだ」という主張がある。だが、その路線はもはや不可能だ。

 ──

 対話すべきか? 


 「北朝鮮と対話すべきだ」
 という見解がある。中国とロシアが主張している。また、戦争嫌いの朝日も、この路線を好意的に紹介している。
  → 米、制裁強化案配布へ 対北朝鮮、外交手段尽くす時 中ロは対話訴え 安保理:朝日新聞 2017-09-05

 なるほど、武力を使わずに外交的手段だけで解決ができるのなら、それは最善だ。しかしながら、この路線は成立しない。妥協点が存在しないからだ。
  ・ 北朝鮮は、核とミサイルの保有を主張する。
  ・ 米国等は、核とミサイルの保有を否定する。

 どちらも一歩も譲れない。ゆえに、妥協点が存在しない。ゆえに、外交的には解決が不可能だ。

 どうしても外交的に解決するならば、米国の側は一定の譲歩が必要だ。たとえば、こうだ。
 「核とミサイルの限定的な保持を認める。核弾頭の規模と、ミサイルの数を制限した上で、核ミサイルの保有を認める」
 このような譲歩をするつもりなら、「対話で解決する」という路線を取ってもいい。しかし、こういう譲歩ができないのであれば、対話では解決ができない。

 このくらいの基本原理はわきまえておくべきだ。
 要するに、「対話による解決は原理的に不可能だ」といううことを理解するべきだ。こんなことも理解しないで、「対話で外交を」と述べるのは、外交音痴も甚だしい。砂上の楼閣を空想しているにすぎない。

 時間切れ


 今回は、対話をしても、解決しなくても、時間切れの時期が自動的に来てしまう。それは、北朝鮮による「核ミサイルの開発成功」である。いったんその時期が来たら、もはや対話も戦争もできない。「北朝鮮の核ミサイル保有」を認めるしかない。(認めなければ、北朝鮮の核ミサイルが、日本や米国に降りかかる。)
 そして、その時期は、ごく間近に迫っている。次の情報があるからだ。
 《 北朝鮮ICBM「核搭載可能」 韓国国防相》
 韓国の宋永武(ソンヨンム)国防相は4日、韓国国会への報告で、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星(ファソン)14」(射程1万3千キロ)に搭載できる500キログラム程度まで、核弾頭の小型・軽量化に成功したとの見方を示した。
( → 朝日新聞 2017-09-05

 韓国軍当局は4日、北韓が核弾頭の小型化に成功したと推定されると明らかにしました。
 国会国防委員会の全体会議が4日開かれ、宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は、「北韓が核弾頭を500キログラム以下に小型化・軽量化することに成功したと推定される」と述べました。
( → 北韓 核弾頭の小型化・軽量化に成功か | KBS World Radio

 《 小型化進み多弾頭式の恐れも 》
 北朝鮮は今回の核実験をについて、……
 東京工業大の沢田哲生助教(原子核工学)は「威力が長崎型原子爆弾を大きく上回る可能性がある。実戦用核弾頭の実験に成功したのではないか」と指摘。その上で「核弾頭は北の最新鋭のICBMであれば数本同時に搭載可能なサイズとみられ、多弾頭式の実戦配備の恐れが出てきた」とした。
 核爆弾の小型化はICBMへの搭載に欠かせないが、鬼塚氏はこの写真について「大きさだけ見れば弾頭部分に搭載できそうだ。これが本物なら、後は大気圏再突入技術の有無が鍵となる」と述べた。
 写真を分析した軍事アナリスト、小都元(おづ・はじめ)氏も「ミサイルに搭載できる弾頭の小型化はクリアしたようだ」と話す。
( → 【北朝鮮核実験】 - 産経ニュース

 北朝鮮の核・ミサイル開発の進展について、核弾頭の小型化がどの程度進んでいるのかと問われた佐藤正久副大臣は「確証はないが、6回の核実験を踏まえれば、小型化が相当程度進んできた可能性も否定できない」との見方を示した。
( → 朝日新聞 2017-09-05

 要するに、北朝鮮の核爆弾の「小型化」はすでに完成寸前にまで近づいている。時間切れの起源はすぐそこまで来ている。グズグズしていれば、時間切れだ。
 そうなったら、もはや対話も戦争もあり得ない。あとにあるのは、屈服だけだ。つまり、白旗を揚げて降伏するしかない。


( ※ それがイヤなら、北朝鮮の核ミサイルを浴びてしまう。われわれの選択肢は、降伏してともに生存するか、ともに滅びるか、二者択一だ。相手が気違いのときには、合理的な選択肢は、降伏以外にはあり得ないのだ。 → 解説



 【 関連項目 】
 「だったらどうすればいいのか?」
 という質問については、前項で答えている。下記。
  → 北朝鮮への限定攻撃: Open ブログ



 【 関連動画 】



posted by 管理人 at 20:08| Comment(0) |  戦争・軍備 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ