2017年08月09日

◆ 優遇駐車場の不正利用

 スーパーや病院には、障害者用の駐車場が用意されているが、健康な一般人に不正利用されることがある。これをどう解決するか?

 ──

 障害者用の駐車場が不正利用されることがあるので、障害者が使えなくなってしまう。これは困る。罰金をかけてくれ。……という意見があった。しかしこれには、「罰金をどうやって管理するんだ?」という反論が来た。また、「障害者ではないが病気で体を動かせない人にはどうするんだ?」という反論もあった。
  → 朝日新聞・投書欄 2017-08-09 (紙の新聞)

 困った。どうする? 
 そこで、困ったときの Openブログ。名案を出そう。こうだ。

 「この駐車場は、もともと《 有料駐車場 》 という設定にして、高額料金を徴収する。ただし障害者に限り、料金を免除する」


 具体的には、こうだ。
 「一般の人には、1時間 1000円の駐車料金。障害者には、無料。病気の人には、500円。ただしいずれも、お買い上げの荷物を運んで上げるという人的サービスが付く」


 これのメリットは、こうだ。
  ・ 1時間 1000円なら、罰金ではなく、妥当な金額だ。
   (違法になるような高額罰金を取るのではない。)
  ・ 入口のそばの特別な場所だから、高額でも OK。
  ・ 荷物を運ぶ、というサービスが付くので、高額でも OK。
  ・ 店は、人的サービスをする分、収入が増える。
   (人件費は変わらない。どうせ雇用中の人員だ。)


 基本としては、店が「客を選別する」という手間をかけて、不正を排除する。(というか、料金を徴収する。)
 そして、その余分の手間については、対価を得る。
 しかも、対価を得たついでに、「荷物を運ぶ」というサービスを付与して、対価を正当化する。

 ──

 問題は、「駐車したときに、どうやっていちいち客をチェックするか」という点だ。客が申告しなかったら、不正を阻止できない。では、どうする?
 実は、この点は、機械で自動チェックできる。

 (1) 駐車監視システム

 有料駐車場の監視システムというものが開発されている。多数の駐車を一元的に管理するもので、かなり高額だ。
  → 駐車場用検出センサ | 竹中電子工業株式会社
 これはちょっと料金が高すぎるし、性能が過剰なので、適切ではない。

 (2) 不正チェック

 不正駐車だけチェックする、という専用の機械もある。まさしく本項の目的のために開発された機械だ。
  → 不正駐車防止装置「見張り板
 これは専用の機械なので、やはり高額だ。もっと安価な汎用品を使う方がいい。

 (3) 市販品

 私のお薦めは、次の組み合わせだ。
  ・ 駐車場に付ける 赤外線ビームセンサー
  ・ 監視カメラ

 前者は、個人の駐車場にもよく見られるものだ。往来を赤外線でチェックして、往来があると、光が点滅したり、ランプが点灯したり、監視所に通知したりする。アマゾンでも安価に売っている。



http://amzn.to/2hIMymg


 これで監視所に連絡が届く。そうしたら、監視所では、監視カメラでチェックすればいい。

 この際、駐車場には、張り紙を出しておく。
 「有料駐車場です。使用の際には、係員をお呼びください。掲示の料金を、前もってお支払いください」
 
 この後、係員が来て、料金を徴収する。(前述の料金。)
 同時に、自動車のキーを預かる。
 お帰りの際には、お買い上げの荷物を自動車までは混んで上げて、最後には自動車のキーを渡す。駐車料金の領収証も渡す。(1時間を超過した場合には、追加料金もいっしょに徴収する。)

 なお、Amazon 以外では、下記の専用品もある。
  → 車両検知センサー - :ホトロングループHOTRON

 ──

 以上で、万事解決する。
  ・ 駐車の際には、ライト点灯で、心理的な障壁が生じる。
  ・ 監視カメラと録画により、不正の証拠が残る。
  ・ もし不正利用があれば、不正利用の料金を徴収すればいい。
   (不正代として、別途、 1000円を徴収する。)


 かくて、問題は片付く。



 [ 付記 ]
 「駐車場がふさがっていた」という問題を防ぐには、駐車スペースを複数用意しておけばいいだろう。
 「そんな場所が複数あると、場所がもったいない」
 と店は思うかもしれない。だが、それは、無料の場合だ。有料ならば、店の売上げが増えるのだ。「場所がもったいない」ということはない。損するどころか、かえって儲かる。

 基本的には、このような問題は、「経済を利用した市場原理」という方針で解決ができる。不正には、懲罰的な罰金を科するより、「高額の料金設定」という設定で、需給を調整する方がいい。その方が簡単で有益だ。



 【 関連サイト 】
 ネットを探したら、別案もある。

  → 身障者用駐車場の不正利用防止のホログラムが話題に - Spotlight

 冗談みたいな案だが、これも一案だ。日本では無理だろうけど。

 ──

 もう一つ、次の案もある。
 「店の入口のすぐそばではなく、そこに近い地域に、高齢者用の駐車スペースを用意する。これは無料。」
  → 誰のため?何のため?障害者等用駐車場の在り方を問う。 | Plus-handicap

 なるほど。これはこれで、うまい案だ。根本解決ではないが、問題を軽減する。

posted by 管理人 at 20:00| Comment(13) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
荷物を運ぶというのはスーパーに限った話では?病院、市役所、高速道路のサービスエリアなどの公的施設への適用は難しいように思います。

その駐車エリアだけ高額な駐車料金を設定という方策を否定するわけではありませんが、私的なルールでは必ずトラブルが起きたり、SNSで炎上の種にされるような気がします。特に公的施設では。

条令程度の強制性は必要ではないかと。
Posted by 作業員 at 2017年08月09日 22:59
> 荷物を運ぶというのはスーパーに限った話では?

 それもそうですね。荷物のサービスなしなら、1時間 800円ぐらいでいいかも。


> 私的なルールでは必ずトラブルが起きたり

 これについては説明済み。以下、引用。

 ──

  ・ 1時間 1000円なら、罰金ではなく、妥当な金額だ。
   (違法になるような高額罰金を取るのではない。)

 ──
 
 そもそも、このくらいの料金で文句を言われるなら、都心のホテルなどの駐車料金はどうなるの?
 帝国ホテルは 30分 400円。しかも、最高の特等席限定でなく、あらゆる駐車スペースがこの値段。

 常識的価格を付けるだけなのに、条例の必要なんかない。私的な裁量で済む。


 
Posted by 管理人 at 2017年08月09日 23:30
都心部の高級スーパーなら、近隣のコインパーキングの料金戸の比較で妥当な金額かもしれません。ただ、地方の、コインパーキングが事業として成り立たないような地域にあるイオン、西友などにやって来る2000-3000円の日々の買い物客にとってはどうでしょうか。全国的にはそういった場合の方が多数では。私的な裁量でルールは作れますが円滑な運用という点で...

日々訪れる、特に高齢の買い物客ほど障害者用の駐車場に抵抗なく止めているような印象です。

市役所、公民館、図書館、高速道路のパーキングなどで故意か否かはともかく、障害者用の駐車場に止めて800円というのは反発を買うと思いますが。
Posted by 作業員 at 2017年08月10日 00:31
> 反発を買うと思いますが。

 反発するのは不正駐車をする人だけ。莫大な数の客の中で、ほんの一握り。

> 西友などにやって来る2000-3000円の日々の買い物客にとってはどうでしょうか。

 不正をしなければ従来通りなので、誰も文句を言いません。
 
 なお、文句を言う人が多数になったら、多数の人を入口のそばの一等席に駐車させることは物理的に不可能なので、どっちみちトラブルは避けられません。
 そもそも反発する人は「自分は悪人だ」と公言するのも同然なので、頭がおかしいだけ。頭のおかしい人の心配をする必要はない。
 こんな不当な反発を恐れるせいで、正義が実行できないのなら、企業の社会的責任を放棄したのも同然だ。つぶれた方がマシ。

 あと、文句を言うクレーマーがいたら、延々と聞いてあげればいいんですよ。警備員室にでも連れていって、1時間でも2時間でも聞いてあげればいい。途中でクレーマーの方が音を上げる。
 なお、西友などのスーパーならば、荷物運搬サービス付きの料金です。となると、格安ですね。
Posted by 管理人 at 2017年08月10日 07:51
>頭がおかしいだけ。

正常だったら口頭注意だけで解決する話では?現実には行く先々で不正駐車を見かけます。現時点でも企業や施設側が注意すらしないのもちょっと不思議です。摩擦を避けようとしている面もあるような。

先日も
”クルマに“駐車禁止”貼り紙、ネットで物議 ミニストップが謝罪”
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/08/news104.html
という話があったばかりです。
Posted by 作業員 at 2017年08月10日 10:39
ミニストップは4万円。
本項は 1000円。
Posted by 管理人 at 2017年08月10日 12:12
障害者用想定の駐車場を有料にしてしまうというのはとてもいい案だと思います。
本文で述べられているような不正対策等々いろいろな問題はあると思いますが、現状よりは確実に良くなると思いますので、細かいことは抜きにしてとりあえず実施してしまって良いくらいだと思います。

1つだけ懸念点があるとすれば、本当に有料で使われまくってしまって障害者の方々が結果的に利用しにくくなる可能性があることくらいでしょうか。
個人的にはまず間違いなく有料では使わないであろう高額にしてもいいと考えますが、そうするとコメント欄にあるような反発を買うことも考えられるので、価格設定は少し考えないといけないかもしれませんね。
Posted by K2 at 2017年08月10日 13:04
それ以上に問題なのが身障者用のマークを不正に取得する
やからがいるということ
Posted by 田舎者 at 2017年08月10日 13:23
>ミニストップは4万円。
本項は 1000円。

ミニストップの騒動の根本原因は4万円という金額によるものではないとみています。

で、改めて考えてみたのですが、不法駐車に対し店側の人間による口頭注意に対し、駐車場に課金することの優位性が見いだせていません。

そこからの移動を促すだけでは不十分なんでしょうか。
Posted by 作業員 at 2017年08月10日 19:13
> そこからの移動を促すだけでは不十分なんでしょうか。

 不十分だから、何十年も障害者が迷惑をかぶっている。現状ではダメだ、というのが前提。ちゃんと読んでください。冒頭の1行を読むだけでもわかる。

> 店側の人間による口頭注意

 人件費のコストがかかるので、そんなことをやっている店はありません。ありもしない話を持ち出しても無意味。
 基本的には、余分な業務をするにはコストがかかるので、コストを回収する必要がある、ということ。経営の問題です。
Posted by 管理人 at 2017年08月10日 22:29
> 現状ではダメだ、というのが前提。

だから、これまで店側の人間が移動を促すことをしてこなかった、というのが現状では?

これまで、スーパーその他で不正らしき駐車を幾度となく目撃しています。稀に程度ではありません。

しかしながら、駐車場に店側の警備員や誘導員がいても移動を促している場を一度も見たことがありません。

> 人件費のコストがかかるので、

確かにコストはかかりますが、だからといって駐車代を徴収してもとても回収できるとは思えません。

例えば、一年間口頭注意を継続して、意識が醸成され、以降注意が不要になるなら、永続して駐車代を徴収するより長い目で見てコストを抑えることも可能ではないでしょうか。
Posted by 作業員 at 2017年08月10日 23:14
作業員さま
>一年間口頭注意を継続して、意識が醸成され、以降注意が不要になる


身障者駐車場を悪用する車は1台や2台ではなく、そこそこ多いと思いますので、彼らに1年間も注意し続けるのは現実的ではないと考えます。

それに、そういうことをする奴らって、自己中でケチな性格の持ち主がほとんどなので、注意してもどうせまともに聞きやしないですよ。

それよりも、ケチな人が一番困る方策をとるほうが効果が出ると思います。管理人さんの提案は、理にかなっていると私は思います。
Posted by 反財務省 at 2017年08月10日 23:34
反財務省 さま

前のコメントで、”反発が生まれるのでは?”と書いた際、
管理人様から”頭がおかしいだけ。頭のおかしい人の心配をする必要はない。”との返答を頂きました。それに沿って、頭がおかしいとした反発する人は除外して考えています。反発しない人なら口頭注意で十分だろうということです。

”注意してもどうせまともに聞きやしない”人の属性は少なくとも従順ではなく、いわば”無視”ですが、これを反発に含めれば頭のおかしい人になります。従順、反発とは別に、”無視”という属性があるならば、その属性は頭がおかしいのか否かを改めて判断する必要があると考えます。
Posted by 作業員 at 2017年08月11日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ