2017年06月17日

◆ なぜネトウヨが増えたのか?

 近年、ネトウヨがやたらと増えた。それは、なぜか?

 ──

 トランプや安倍などの右翼政治家は、従来ならば政権を取ることなどは考えられなかった。仮に政権を取っても、すぐに支持を失うはずだった。なのに、比較的高い支持率を得ている。これはなぜか? 
 その理由は、「世間にネトウヨが増えたからだ」と推定できる。
  → トランプ・安倍は なぜ支持されるのか?(前項)

 ──

 すると、問題は次のことに移る。
 「ではどうして、世間にネトウヨが増えたのか?」
 これについて考察しよう。

 まず、事実として、「世間にネトウヨが増えた」ということがある。二つの記事を紹介しよう。

 (1) オタクはネトウヨだらけ

 オタクはネトウヨだらけだ、という見解がある。
 《 ハト派オタクだけど周りがネトウヨだらけでつらい 》
俺のツイッターの相互フォロワーはほぼオタクだけ。
オタクにはネット右翼が多すぎる。
彼らからは「マスゴミに踊らされない俺たちは一般人より情強だ」という考えが感じられるが、悲しいことにそのRTの多くが根拠のないデマであったり、意図的に情報が切り取られたものなのである。
キミたちが「共謀罪に反対するサヨクは日本から出ていけ!」という内容のツイートをRTするたびに、僕は心臓が握りつぶされるような気持になる。
一番心にキたのは「安保法案に疑問を抱いている時点で朝鮮人だからなw」というツイートだ。
( → はてな匿名ダイアリー


 (2) ネットの両極化

 ネットでは意見集団が二極化している、という見解がある。津田大介。
 客観的な事実より、感情的な訴えかけの方が世論形成に影響を与える時代。「ポスト真実」の特徴が表れている。「共謀罪」がなければ「五輪を開けないと言っても過言ではない」といった明らかなウソが信用される。昔は無視されたような言説が、物言わぬ多数派を取り込みつつある。
 ネットは議論のプラットフォームではなくなりつつある。自分が信じたい結論が先にあり、それに合致する情報を探し出す。特にツイッターでは、考えが近い人をフォローするから利用者の二極化が進む。政権を支持する人は共謀罪に賛成、支持しない人は反対とはっきり分かれる。
( → ネット議論に表れる「ポスト真実」の時代 津田大介さん:朝日新聞 2017-06-17

 ──
netgame_chudoku_haijin.png

 私の見解

 以上の二つの見解を見たあとで、私の見解を述べよう。こうだ。
 「ネトウヨが増えたのは、左派や中間派が右派になったのではない。世間全体が右傾化したのではない。政治に無関心だった層が、ネット時代に乗じて、SNS などを通じて政治分野に参入したからだ」
 「彼らは、政治の素人であり、政治にはもともと関心がない。経済政策がどうのこうのとか、共謀罪による人権がどうのこうのとか、そういう政治的な話題には関心がない」
 「彼らにとって関心があるのは、自分よりも下に見られる人々への差別だけだ。米国ならば、底辺労働の移民。日本ならば、在日朝鮮人。これらを見下して、下層にいる自分よりもさらに下層にいる人々を侮辱することに、生きがいを見出す」


 たとえば、「痛いニュース」とか「保守速報」とかのネトウヨサイトがある。これらのサイトは、デマを飛ばしたり、誤報タイトルを付けたりして、しきりにインチキ情報で読者を誤誘導する。同様のことは、米国のトランプ支持のサイトもやっていた。では、こういうインチキ情報サイト(一種の捏造サイト)は、どうして多くの読者を集めるのか? 
 それは、対象となる読者が、もともとその手の読者だけらだ。本来の政治には関心がなく、下層への差別だけに関心がある。こういう読者に迎合するための記事を掲載したいのだが、現実にはそういう都合のいい事件は生じない。そこで、都合のいい事件が生じたかのように、嘘情報を捏造するのだ。
 特に、「痛いニュース」は、元記事を引用することなく、元記事へのリンクだけを載せて、タイトルで内容を誤報する(捏造する)ことが多い。たとえば、下記。
  → 痛いニュース(ノ∀`) : 民進・小川敏夫「私がヤクザに誘われて一緒に犯罪したら共謀罪で処罰される。一般人も対象じゃないか」

 ここでは「私がヤクザに誘われて一緒に犯罪したら」というタイトルがあるが、そんな発言は誰もしていない。なのに、そういう発言があったかのごとく、タイトルを捏造する。そして、その発言内容は、(現実には存在しないので)引用することはない。かわりに、捏造の元となる情報へのリンクを掲載して、あたかもその発言があったかのごとく印象づける。

 そして、そのような捏造タイトルを読んで、そのまま信じる人が多い。たとえば、これだ。
  → はてなブックマーク - 痛いニュース(ノ∀`)
 ここでは多くの人が、痛いニュースのデマをそのまま信じている。デマを信じて、民主党を攻撃している。これを通じて、痛いニュースはページ・ビューを稼いで、自分のアフィリエイト収入とする。


hyuohen_computer_internet.png


 まとめて言えば、こうだ。
 近年、ネトウヨがやたらと増えているが、それは、世の中が右傾化したからではない。政治的に無関心な層が、差別主義的な分野に参入しているだけだ。そのための道具が、ネットだ。
 社会下層の人々は、従来は政治に無関心だったが、近年ネットを通じて、差別をあおるサイトに引きつけられる。彼ら自身がニートだったりして、差別される側なので、自分よりももっと下層の人々を差別したがる。
 それをうまく利用して、右翼の政治家が支持を集める。ちょうど、ヒトラーが、最下層のユダヤ人を差別することで、大衆の支持を得たように。
 そして、ネットは、そのために利用されているのだ。だからこそ、ネット時代に、ネトウヨは増えるのである。右翼というよりは、ネット右翼という特殊な形で。
 その政治方針は、保守一般というよりは、ただの民族差別と愛国主義だ。(民族差別は、愛国心と、表裏一体だ。) 当然ながら、そこには経済政策や環境政策や外交政策などはない。そんなことを考えることができるほど、頭が良くないからだ。
 かくて、トランプや安倍の支持者が(ネットで)どんどん増殖する。



 【 関連項目 】

  → トランプ・安倍は なぜ支持されるのか? (前項)
 
posted by 管理人 at 09:30| Comment(29) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういった見方からすれば、安倍政権がネットとかICTを最も効果的に利用していることになります。偶々でしょうか。

”ポピュリズムへのICTの活用”
というテーマで一席ぶてるかも。
Posted by 作業員 at 2017年06月17日 09:53
初めてコメントします
管理人さんの自動運転、自動ブレーキの情報、見解は大いに支持していますが、このテーマについての見解は偏見が過ぎるように思います
安倍政権の支持率が高いのは、野党があまりにもひどいことが一番の原因で、あとはメディアの偏向がネットの普及によって広く認識されたからでしょう
世の中が右傾化したというよりも、左から少し真ん中に寄って来たと考えるのが妥当ではないでしょうか
管理人さんは朝日新聞や毎日新聞、NHKを含めたテレビ局の報道をどう感じますか
Posted by 国民A at 2017年06月17日 11:00
> 安倍政権の支持率が高いのは、野党があまりにもひどいこと

 経済政策なら、まだわからなくもないが、加計学園問題や、共謀罪では、野党の無能では説明不能でしょう。
 そもそも、こんなことをやったら、昔なら支持率は暴落したものだが。そうならない理由を探っているわけ。

> 左から少し真ん中に寄って来た

 集団的自衛権や、共謀罪では、歴史上で最右翼です。これより右翼はないんじゃない? 共謀罪では、国連や欧州諸国からも、呆れられているんだが。これを「真ん中」だと思うと、ほとんど戦前の日本だし、あとは国連脱退しかないな。
Posted by 管理人 at 2017年06月17日 11:30
私は国民の自民党政権支持が強固だと思いません。。。
去年の参議院選挙でもそこそこ1人区で野党が議席を得ていました。

現状、野党・民進党が政権構想も示さず、
批判ばかりしているから、
国民が自民党政権を倒閣することに躊躇しているのではないでしょうか?

森友学園問題・加計学園問題の本質は、政府・官僚・民業による
不透明な取引なのに、安倍首相や夫人など個人にスポットライトを
あてて野党が得点しようとしたために、攻撃に迫力がなかった。

共謀罪も、採決の仕方や法務大臣の人間性に焦点をあてすぎ。
法案の中身について「なんとなく怖いね」程度の説明しかなく、
論理的に国民に不安を訴えるような姿勢が見られなかった。

野党は政権構想・政策を持って
「安倍政権のここが危ない。民進党が政権を取ればわれわれはこういった政策を取る。」
と訴えるべきです。
そういったものが出てくれば迫力が出てきて
「得点稼ぎのパフォーマンス」が「民進党による提言」と変わっていって
耳を傾ける国民が増えてくるでしょう。

「安倍首相や支持者が強固」というより
「野党に政権を渡すことの不安」が優先しているのが現状だと思います
Posted by 傍観者 at 2017年06月17日 12:13
> 現状、野党・民進党が政権構想も示さず、

 野党が支持を得ていない点については、ごもっともですが、それは本項の論点ではありません。
 本サイトは、政治サイトというよりは、ITのサイトです。本項も、政治よりはITの観点から論じています。「ITの社会的影響」みたいな話。
Posted by 管理人 at 2017年06月17日 12:44
なるほど。差別主義が根底にあると。
私は国民のメディアリテラシーの欠如と、政権と癒着しているメスメディアに原因があると思っていましたが、根本的には差別主義的な思想があるという主張は説得力がありますね。
それらをうまく利用、助長しているのがアクセス稼ぎのデマサイトということになるのでしょうか。
Posted by 解析する者 at 2017年06月17日 12:53
>解析する者&管理人
さんにに全く同感!!!
レベルが落ちますがそれにあえて加えますと、
匿名性が保てるので、自らの足りなさを堂々と暴露することにつながらないのかも・・・
Posted by yomoyamapage at 2017年06月17日 21:53
慶応大学経済学部 井手英策教授あいさつ=全文

>そう、誰もが犠牲者に、被害者になり得るというこの悲しい構図の中で、弱者に対する優しさが失われ、不安を抱える者同士が傷つけ合う。それが今の日本社会の姿ではないのかと思います。

https://www.minshin.or.jp/article/111330

動画
https://www.youtube.com/watch?v=fE0jOpOA9IU
Posted by こもの at 2017年06月17日 23:29
集団的自衛権や、共謀罪を支持するのを右翼扱いするのはやり過ぎでは?集団的自衛権を否定したら、日米安保のアメリカはどうすりゃいいの?って話になるし、共謀罪のような対テロ対策の法律は主要な国では
整備されているはず。
有事や安全保障にかかわることでは、情報や人権がある程度は制限されるのは常識なんだけど、そのことを理解しない人が多すぎ。
朝鮮人は●ね!みたいな発言をする奴はどうしようもないネトウヨだけど、なんでもかんでもネトウヨ扱いするのは良くないと思うよ。
Posted by ポール at 2017年06月18日 00:05
下記に動画とそのテキスト起こしが記載されています。

民進党・小川敏夫議員「私がヤクザに誘われて一緒に犯罪したら共謀罪で処罰される。一般人も対象じゃないか!」

http://blog.esuteru.com/archives/20014880.html
Posted by 渡辺 at 2017年06月18日 02:33
上でポールさんが指摘されているように安倍政権の支持は、中国の超大国化・韓国の反日化・北朝鮮の軍国化から、国家として、また人間として当然の動きに思えます。

少なくともその点に触れないのでは、いくら「ITのサイト」だといわれても、説得力に欠ける主張になってしまうのではないでしょうか?
Posted by 渡辺 at 2017年06月18日 02:45
 上に変なコメントがいくつか来ているが、まとめて返答すると……

 いずれも他項目で説明済みなので、そっちを読めばわかります。それでも(重複になるが)、ここでまた説明すると、……

> 集団的自衛権を否定したら、日米安保のアメリカはどうすりゃいいの?

 自衛権で済む。説明済み。

> 共謀罪のような対テロ対策の法律は主要な国では整備されているはず。

 対テロ対策の法律は日本でも整備されています。共謀罪は対テロ以外で、一般人を取り締まる。対テロというのは、安倍首相のペテン。説明済み。

> 有事や安全保障にかかわることでは、情報や人権がある程度は制限される

 有事や安全保障にかかわらないことで制限されるのが共謀罪。同じく説明済み。

> 「私がヤクザに誘われて一緒に犯罪したら共謀罪で処罰される。一般人も対象じゃないか!」

 リンクにある原文を見ればわかるように、原文には「共謀罪で」という語はない。つまり、

> 「私がヤクザに誘われて一緒に犯罪したら処罰される」

 という当たり前のことを言っているだけ。
 そもそも共謀罪は、何かを実行したことで処罰されるのではなく、準備したことで処罰される。「犯罪行為が共謀罪で処罰される」という解釈は、話がずれている。犯罪行為は、共謀罪ではない罪で処罰される。
 批判者は完全に誤読している。

> 安倍政権の支持は、中国の超大国化・韓国の反日化・北朝鮮の軍国化から、国家として、また人間として当然の動きに思えます。

 中国の超大国化・韓国の反日化・北朝鮮の軍国化についてなら、私はこれらに懸念しますが、だからといって安倍政権を支持しませんよ。
 これらを懸念しているのは安倍政権だけじゃない。国民の大半がそうです。政治家の大半もそうでしょう。安倍政権だけが上記に対策していると思うのは、ネトウヨの勘違い。
 まあ、米国だって似たようなものかな。反中国だからトランプを支持する、というネトウヨが多い。実際には、クリントンだって反中国である(むしろトランプ以上に厳しい)のだが、そういう現実を知らないわけ。無知と勘違い。これがネトウヨの知性だ。日米共通。

 ──

 ともあれ、本サイトで説明済みのことさえ理解できないのでは困ります。ちゃんと読んでからコメントしてください。そうすれば、変な勘違いをしないで済む。

 ※ もしかして、本サイトを読まないで書いている、一見さん(通りすがりの人)が、上でコメントしているのかな? 
Posted by 管理人 at 2017年06月18日 06:46
 上のコメントでもわかるが、中国・韓国・北朝鮮を危険視するがゆえに安倍首相を支持する、という人が多いようですね。ネトウヨに特徴的な、短絡的な思考。中国・韓国・北朝鮮を危険視するのは安倍首相だけだ、と勘違いしているわけ。政治的な情報量が圧倒的に少ないので、他の政党も中国・韓国・北朝鮮を危険視している、ということを知らないわけ。もしくは、「野党 = 左翼 = 中国・韓国・北朝鮮を支持」と勘違いしているわけ。
 差別感情だけあって、政治的な知識が皆無だから、勝手に誤解している。
Posted by 管理人 at 2017年06月18日 07:30
管理人さんの分析いつも興味深く拝見しています。
ボクちゃんのヒーローの阿部ちゃんを悪くいうのは朝◯の工作員に違いない。後ろめたいことがあるから共謀罪にも反対しているんだ。てな感じですね。
彼らはすぐ社会的弱者を自自己責任と言って切り捨てます。これも安倍政権後の傾向の氣がします
首相はオヤジ言動がますますトランプ大統領と似てきましたね。
Posted by アラカンのオヤジ at 2017年06月18日 08:28
自民党ネットサポーターズクラブが、ネトウヨの活動を支えているとの話を聞いたことがあります。真偽は不明ですが。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/自民党ネットサポーターズクラブ

Posted by 反財務省 at 2017年06月18日 09:50
仕事や家庭があるので、情報収集に時間が割けず「政治的な情報量が圧倒的に少ない」のは自覚しています。

だからこそ当サイトのような示唆に富むブログでそれを補おうとしているのですが、その場合に今回の記事の中で「中国・韓国・北朝鮮」のような重要な項目が抜けていると、とても乱暴な議論に思え、説得力に欠ける気がします。

無料サイトなのでいちいち過去記事への参照を書くのは面倒というのはわかりますが、コメント欄で反論される余力があるのであれば、「本サイトで説明済みのこと」であっても本文でその旨を少しでも触れておけば説得力が増すのではないかと思った次第です。

当記事の趣旨には特に反論はありません。ただ、乱暴な議論に読めると賛同者が増えずもったいないなと思っただけです。

最後に甘えるようですみませんが「他の政党も中国・韓国・北朝鮮を危険視している」具体例と、権力の空白期間を生まずに安倍政権から理想の政権に移行する具体的な道筋があるのであればご教授ください。

Posted by 渡辺 at 2017年06月18日 15:09
> 今回の記事の中で「中国・韓国・北朝鮮」のような重要な項目が抜けている

 今回の記事以外に記述済みだからです。「中国・韓国・北朝鮮」についての政治的見解なら、別ブログで書いているので、そちらをご覧ください。
  → http://nando.seesaa.net/

 あとはサイト内検索すればいい。たとえば中国や韓国についてなら
  → http://j.mp/2rJ3Wap
  → http://j.mp/2sDcBiO
 
> 本文でその旨を少しでも触れておけば

 サイト内検索すれば、誰でもすぐに見つかります。

> 「他の政党も中国・韓国・北朝鮮を危険視している」

 そんなの、自分で各政党の政策ページを見ればいいでしょう。中国・韓国・北朝鮮を危険視していていない政党なんか、どこにもないですよ。
 北朝鮮のミサイルのときには、どの政党も北朝鮮批判していたし。韓国の慰安婦像問題でも同様。
 ググればすぐに見つかる。
  http://j.mp/2sG8umR
  http://j.mp/2rJ2PYh

 後者を見るとわかるが、民進党は日韓合意を是認して、慰安婦像の撤去を求めているのに、日本のネトウヨはそれを正反対に誤解して、民進党を批判している。デマばかりだな。デマの方が報道よりも多い。
 中国との関係では、
 「2012年の民主党政権時代、当時首相だった野田佳彦氏が中国側の反対を押し切って尖閣諸島を国有化する方針を打ち出した」
 という民主党の対中強硬政策があったのだが、これを逆にとらえて、対中軟弱政策を取った、というふうにネトウヨは批判している。頭が妄想で狂っている。現実歪曲空間だな。

 ──

 あと、野党についての言及は、本サイトの目的じゃない。別に私は野党を支持しているわけじゃない。野党が何を言おうが言うまいが、関係ない。
 中国・韓国・北朝鮮については、日本中で批判が出ている。いや、米国や欧州も批判している。トランプやクリントンだって何度も批判している。別に、安倍首相ひとりの独占事項じゃない。
 どちらかというと、自民より維新の方が強硬ですね。中国・韓国・北朝鮮を批判したければ、維新でも支持すれば?
 といっても、ネトウヨは政治音痴だから、ネトウヨのサイトしか見ないんだろうなあ。新聞さえも読まないようだし。だからデマばかり信じる。

Posted by 管理人 at 2017年06月18日 17:32
> 権力の空白期間を生まずに安倍政権から理想の政権に移行する具体的な道筋

 理想の政権なんてものは存在しませんが、よりマシな政権に移行する方法は存在します。それは「民主主義」です。そのための条件は、
 「1票の格差の是正」
 です。都会の票が軽んじられて田舎の票ばかりが重視される、という歪んだ選挙制度をなくせば、これまでに何度も政権交代が起こっているはずでした。
 実際、自民党の得票率が過半数になったことはあまりないんです。選挙制度の歪みで政権を取っているだけです。
 日本が民主主義の国になれば、日本でも政権交代が起こるのだが、日本は中国や北朝鮮に似ているので、体制側が政権を取るような政治制度になっているんです。
 で、そのあと、政権は国民を洗脳する。洗脳された人が、ネトウヨになる。
Posted by 管理人 at 2017年06月18日 18:13
要するに、『情報に溺れ自分で考えることを放棄した、又は、自分で考えることができなくなった』人たちが増えたということでしょうか。

今の安倍政権は、そのような人たちに支えられているんですね。
Posted by 反財務省 at 2017年06月18日 18:14
コメントありがとうございます。

長くなったので尖閣諸島国有化について最後に1点だけ。

下記を見ると野田氏は沈静化を意図して国有化したのであり、決して対中強硬政策をとったつもりはなかったとあります。
自分の記憶にも合っています。
結果、野田氏の意に反して中国政府・国民を激しく刺激し、排斥運動がおこったはずです。

中国に最大限忖度し弱腰で対応したつもりが相手を怒らせた最悪の外交センス・情報収集能力に、
日本国民が大きく失望した記憶が鮮明にあります。

管理人さんの区分では下記はデマ記事ということになるのでしょうか?

wikipedia「尖閣諸島国有化」

https://goo.gl/MPSMN3
「日本政府(野田内閣)は中国政府の反発を和らげ「平穏かつ安定的な維持管理」をするためとして、国有化をする方針を決め」

その元ソース「NHK NEWS」のアーカイブサイト
https://goo.gl/Py3G26
「政府は、日中間の対立が先鋭化するのを避けるため、島の国有を急ぐ必要があると判断。」


私は現実歪曲空間にとりこまれてしまっているのでしょうか?

Posted by 渡辺 at 2017年06月18日 18:30
> 野田氏は沈静化を意図して国有化したのであり、決して対中強硬政策をとったつもりはなかった

 そう言えば、そうですね。本人の意図では、鎮静化のつもりでしたね。
 ただし結果的には、対中強硬策と同じになってしまった。
 ただ、国有化というのは、右翼の方針と同じだし、弱腰というのとは違う。石原都知事が強硬策を取ったので、それを上から取り上げる(ぶんどる)形にしただけだ。
 中国は何も言わないだろう、というのが見込み違いだっただけで、弱腰とは正反対だ。弱腰というのは、国有化をしないで、中国領土だと認めることでしょう。

> 最悪の外交センス

 そうは言えないと思います。「中国が怒り狂う」と予想した人はほとんどいなかったはず。石原都知事の方針でうまく行った保証もない。
 というか、「国有化」をしたがっていたのは、ネトウヨのはずなんだが。この件で野田首相を批判するのはお門違い。

 あ、わかった。ネトウヨが国有化に文句を言っているのは、野田首相(民主)がやったからだ。同じことを安倍首相がやったら、大絶賛だったはず。間違いなし。

 ──

 ちなみに当時、新聞社(社説)はほとんどが国有化を支持していました。
  → https://matome.naver.jp/odai/2134693285468765301

 自民党も国有化支持でした。
  → https://www.jimin.jp/news/activities/129542.html

 国有化に批判的だった人は、私は見たことがない。たぶん、あなただけでしょう。
 ただし、国有化を批判すると、ネトウヨに攻撃されるかもね。
Posted by 管理人 at 2017年06月18日 18:31
都民なので「1票の格差の是正」には大きく共感します。
できれば、18才未満の分の票も親が行使できればよりよい民主主義になると思います。
Posted by 渡辺 at 2017年06月18日 18:34
国会の議決権は得票数に比例する、としてしまえば「1票の格差」問題は今後の人口変化を含め解決するのでは?

これも以前に管理人様が指摘されていたかも
Posted by アラカンのオヤジ at 2017年06月19日 08:16
> 国会の議決権は得票数に比例する

得票数でなく選挙区人口に比例、ですね。
議決権の大きさについては、「端数議席」「半数議席」という概念で説明しています。

 → http://openblog.seesaa.net/article/435849519.html
Posted by 管理人 at 2017年06月19日 08:16
高齢者に「隠れ自民支持者」がたくさんいるだけでは?

選挙のたびに若者が投票に行かないことが問題になってますよね。これは印象論ではなく出口調査などからもある程度定量的に検証されています。
地方に若者が偏在していて一票の格差を利用して自分たちの力をうまく利用しているというようなカラクリがあるのならはなしはわかりますが、実情は逆で高齢者が地方で一票の格差を利用しています。これは管理人さんもいつも指摘しているとおり。
Posted by 通りがかり at 2017年06月19日 10:26
私がいいたいことは
「若者に自民党支持者が特別多いのではなく、全年齢層の平均的な割合を示しているに過ぎない」
ということです。
若者はスマホでチョロチョロとヘッドラインだけみている、などとも批判されますが、ヘッドラインだけでも読んでいるぶんだけでも高齢者よりもマシかもしれません。
かつての安保闘争のとき、「アンポ反対、岸やめろ」と叫んでいた連中で日米安保条約のことを知っていた人間はほとんどいなかったと西部邁などは証言していますよ。
Posted by 通りがかり at 2017年06月19日 10:50
ゆとり教育の推進者・三浦朱門氏(故人)の名言(迷言?)の元に育った人たちが、ネトウヨ化したのかもしれませんね。


〜三浦朱門氏の発言〜

「出来ん者は出来んままで結構、エリート以外は実直な精神だけ持っていてくれればいい」

「限りなくできない非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです」
Posted by 反財務省 at 2017年06月25日 18:06
本来は労働者のために動くのがリベラル派。
ところがリーマンショック後に政権を取った民主党が行なった政策は事業仕分けなどの、緊縮政策。
中学校で習う用語で言えば、ニューディール政策とは全く真逆のことを彼らはした。結果として経済はうだつが上がらず失業率もよくなることはなかった。
ところが安倍政権がやっているアベノミクスというのはむしろニューディール政策に近い。そして失業率も確実に減少している。
そりゃあ今までの左系勢力は批判にさらされるわな。
Posted by リベラルはもっと労働者のためのことをやれ at 2018年03月10日 22:40
緊縮政策? 事業仕分けが? 頭やばいね
Posted by かーくん at 2018年03月12日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ