2017年06月14日

◆ 低品質な民泊の問題

 京都で観光客が多すぎて問題になっている、という報道があった。ここでは、民泊が悪影響を及ぼしている。

 ──

 京都で観光客が多すぎて問題になっている、という報道があった。
 急増する外国人観光客が日本屈指の観光都市・京都に押し寄せ、住民の日常生活に思わぬ影響が出始めている。バスは満員、違法民泊も増え、「もはや限界」「観光公害」という声が出るほどだ。
 京都市を南北に走る東大路通り。夕方、清水道を下りた所のバス停付近には数十人の観光客らが狭い歩道に密集し、歩行者は車道に出ないと通れない状況になっていた。
 「バスが満員で通過するのは日常茶飯事。いつか事故が起きそうで怖い」と地元の藤田洋さん(68)。地元住民らでまちづくりの勉強会を続けている。「このところの人の数は尋常ではない。キャパ(限度)を超えている感じがする」

 高台寺や清水寺、三十三間堂を抱える京都市東山区。……空き家も増え続けている。そこに広がっているのが違法民泊だ。
 八坂の塔の近くで細い路地に入ると、4軒並ぶ町家のうち2軒は民泊になっていた。もう1軒も民泊に改修中で、残る1軒は表札がない。
 ネットの紹介サイトに登録されている市内の民泊は約5千。15年の市の調査では民泊の9割が違法だった。
 京都の観光政策を担う担当部長の三重野真代さんは「この2年で外国人観光客があまりにも急激に増え、うまく対応できずにひずみが出た。その原因が違法民泊だ」と指摘する。
( → 朝日新聞 2017-06-14

 ──

 民泊が問題のようだが、民泊と観光客の急増とは、どう関係しているのか? そう問うて、考えたすえ、こう推定した。
 「小さな民家に、大量の観光客を、安価で宿泊させる。つまり、タコ部屋だ。そのせいで、本来の宿泊可能数を大幅に超えて、多数の観光客が押し寄せる。しかも、安価な宿に泊まる客ばかりだから、ろくに金を落とさない」


 こう思って、調べてみることにした。
  → Airbnb の例 (京都市・格安・シェアルーム)
 
 これは、次の条件での検索だ。
  ・ 1100〜1437円(1人あたり)という宿泊料金
  ・ シェアルーム


 すると、次のような結果を得た。(検索ヒットの一部)


minpaku-kyoto.jpg


 まさしく「タコ部屋」という感じだ。
 こういう密集状態の違法民泊がどんどん増えている。そのせいで、本来の宿泊可能数を越えた観光客がどんどん押し寄せる。
 民泊はまさしく京都の状況を悪化させている。

 ──

 では、対策は? 
 もちろん、「違法な民泊を取り締まること」であり、また、「民泊を強く規制すること」だ。この件は、前にも「民泊の問題」として述べた。
 こういう単身者向けマンションは、原則、1人暮らし向けだし、せいせい(一晩の恋人との)2人向けだ。
 そういう狭いマンションに、10人もの宿泊者を泊めよう、というのが政府の方針だ。
 粗悪も極まれり!
( → 民泊と規制緩和

 要するに、ホテル不足なので、政府は「規制緩和」の方針の下で、民泊を解禁する方針だが、民泊をすでに実現したフランスでは、とんでもないことになっている。
( → ホテル不足の対策

 なのに、政府は民泊をどんどん解禁しようとする。
  → 民泊の話題

 政府の方針を歓迎する新聞(日経)もあるが、それについては、はてなブックマークで多くの批判が寄せられた。
  → はてなブックマーク - 「民泊」解禁どころか後退へ、経産省の不作為

 民泊には大きな問題があることが、すでにあちこちで指摘されている。なのに政府は、「規制緩和」の名目で、民泊をどんどん推進しようとする。
 その結果、安全性を無視した、「タコ部屋」みたいな詰め込み民泊がどんどん増える。そのせいで、観光地では、金のない外国人客がやたらと路上にあふれる。
( ※ 金があれば、高い参拝料を払って、三十三間堂などを見るのだが、金がないから、京都の路上をぶらついて、無料で観光を済ませようとする。)

 こうして、貧困観光客が京都市内にあふれて(あぶれて)、京都の状況はどんどん悪化していく。まるで観光スラム街だ。
 そして、その根源はすべて、「規制緩和」を唱えた自民党政権の施策なのである。
 
posted by 管理人 at 21:57| Comment(4) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三条大橋の下に、ゴミが山盛り投棄されてるのも、この影響があるかもしれませんね・・・

話は逸れますが、この数年の京都は魅力が段々薄れていってますね。
見栄えがいいだけの飲食店(多分、東京資本)が増え、外国人観光客に阿るあまり、いい意味での排他性(伝統や歴史遺産を守り伝えゆく為には必要)が薄れ、ディズニーランド化が顕著。
地元の志高い観光業者は、これ以上の観光客は必要ない。狭い京都に適正な観光客数を維持するのが良いというようなことを言ってました。
リニアの強引誘致といい、過去の遺産で食ってるのに、常に上から目線の態度は慎むべきです。
Posted by 通りすがり at 2017年06月16日 17:20
次のことが懸念されます。

- 狭い部屋に大量の宿泊客
- 客の中のひとりによるタバコの火の不始末
- 宿泊所全焼、全員死亡
→→ 更なる観光イメージの悪化

こうならないことを切に願います。

Posted by 反財務省 at 2017年06月25日 17:51
 火災の件は、前に言及しました。上記のリンク先。ここ。
  http://openblog.seesaa.net/article/435851619.html
Posted by 管理人 at 2017年06月25日 18:21
管理人さま

リンク先の記事拝見しました。
ご指摘ありがとうございました。
Posted by 反財務省 at 2017年06月25日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ