2017年05月25日

◆ エンジンの振動を消す

 自動車のエンジンの振動を消す方法がある。「電気的に検知して相殺する」という方法。

 ──

 発明協会の表彰で朝日賞を受賞した技術がある。モーターの振動・騒音を激減させる技術。
 朝日新聞社賞
 回転軸のずれ(偏心)をほぼゼロにして効率を3%上げ、振動や騒音は約 10分の1に抑える技術を開発した。
 加工の精密化では解消できない部品固有のわずかな偏心を電流を流して計測する理論を発見。このずれをあえて見かけ上の中心から逆方向にずらして補正する。
( → 全国発明表彰、受賞者決まる:朝日新聞 2017-05-25

 これはうまい方法だ。いわゆるアクティブ補正である。特に「電気的に検知する」というのがキモだ。

 この技術は、モーターの振動・騒音を激減させる技術だが、これを自動車のエンジンにも適用できるだろう。
  ・ エンジンの偏心を電気的に検知する
  ・ 逆方向に補正する(アクティブ補正)


 補正するために新機構がかかるので、かなりコストアップになるが、高級車ならば採用可能だろう。
 現状では、部品の重量のバラツキを極限まで減らすことで対処しているが、その方法には限界がある。さらにいっそう振動・騒音を減らそうとすれば、今回の方法が有効だろう。
 現状では、(高級車では)やたらと大量の防音材を搭載しているが、それらの防音材を激減させることができるので、かなりのコストダウンが見込める。(ボディの縮小を含む。) このコストダウンで、新機構のコストアップの分を、いくらか相殺できそうだ。
 
 特に有効に思えるのは、日産の 可変圧縮比エンジン だ。これは、機構的に(クランクシャフトに)可変機構があるので、振動・騒音が大きくなりそうだ。それを相殺するために、本項の方法が役立ちそうだ。
( ※ もともとすごくコストアップしそうなので、多少の追加コストは気になるまい。このエンジンは、コストが最重要とはならない。)



 【 関連動画 】






posted by 管理人 at 19:00| Comment(5) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このお題ってフリ(ジョーク)だよね?

振動検知はともかく、レシプロエンジンの振動を”相殺”するほどのカウンターマスを『アクティブ』に『振動を相殺可能なレスポンスで』加振するの??
『アクティブ』といった時点で現行のバランサーシャフト系の技術を指しているんじゃなさそうだし・・
Posted by どら猫 at 2017年05月27日 15:47
> 『振動を相殺可能なレスポンスで』加振するの??

それは無理でしょ。重心を少しずらすぐらいしかできない。
ただし、よく考えると、具体的な実用化はちょっと無理かもね。何かうまい案でもあれば別だが。
本項は具体策ではなくて、何か原理ができるかも、という可能性ぐらいの話。具体案は なし。
Posted by 管理人 at 2017年05月27日 17:00
消音スピーカー方式ではダメなのでしょうか。
Posted by 横断中 at 2017年05月28日 03:09
> 消音スピーカー方式

振動の発生源がたくさんあるので、ちょっと無理っぽい。やるとしたら、スピーカーをたくさん設置する必要がありそうだ。

これがマンションの部屋だったら、ガラス1枚にスピーカー(というより振動装置)を1個ずつ付ければいいのだが。
自動車の場合は、ボディは複雑な形状をしており、1枚板のガラスとは違う。
Posted by 管理人 at 2017年05月28日 05:25
 デジタル消音器。

 ガラス窓や壁に貼るノイズキャンセラ−
  → http://j.mp/2rt7aTB   http://j.mp/2rK09O8

 耳栓タイプ
  → https://matome.naver.jp/odai/2139341547811553901
Posted by 管理人 at 2017年05月28日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ