2017年05月18日

◆ (宅配)コンビニ受け取りの推進

 宅配では、自宅受け取りに比べ、コンビニ受け取りを優遇する方向に進むらしい。

 ──

 通販では、宅配が(条件つきで)一律無料となることが多い。しかし今後は、自宅受け取りに比べ、コンビニ受け取りを優遇する方向に進むらしい。
 つまり、コンビニ受け取りだけが(条件つきで)無料化する。一番乗りとして、ニッセンがその方向を取った。
 《 ニッセン、送料一部値上げへ ヤマトの要求、応じる動き 》
 セブン&アイ・ホールディングス傘下で通販大手のニッセンホールディングス(HD)が、一部の商品で送料の引き上げに踏み切る。宅配便最大手のヤマト運輸が大口の法人客約1千社に対して求めている値上げを受けた措置だ。通販大手にも価格転嫁の動きがついに出始めた。
 ニッセンは、配送のほぼ全部を委託するヤマトの値上げの求めに応じ、今月24日から総額5千円未満の注文に限り、通常送料390円を490円に引き上げる(価格はいずれも税抜き)。
 ただ、インターネットで総額5千円以上の商品を注文した場合に送料が無料となるサービスについては、利用者の約7割がこのサービスを使うため、引き続き無料とする。
 注文全体の15%にあたるコンビニ受け取りを増やすため、注文金額に関わらず送料無料となるキャンペーンを定期的に実施し、……(以下略)
( → 朝日新聞 2017-05-18

 コンビニ受け取りだと、再配達の手間が減るので、かなりコスト安になる。だから、コンビニ受け取りを増やすべきなのだが、ヤマトはこれまでその方針を取っていなかった。「コンビニ受け取りを増やしてください」と口先で頼むだけで、「コンビニ受け取りの場合の料金を引き下げます」というふうにはしなかった。
 しかし今後はようやく、「コンビニ受け取りの場合の料金を引き下げます」というふうにするわけだ。(ヤマト自体は公表しないが、顧客である法人がその事実を受けて、個人客向けに料金引き下げ[条件つきの無料化]をするので、その事実がわかる。)


convenience_store_24.pngyuubin_takuhaiin_run_man.png


 私はこれまで、「コンビニ受け取りを増やすため、コンビニ受け取りの場合の料金を下げよ」というふうに提言してきた。
 この問題を解決するには、積極的に、コンビニ受け取りに誘導すればいいだろう。具体策は、こうだ。
 「コンビニ受け取りを選んだ人には、10円ぐらいの値引きをする」
 こうすれば、10円ほしさに、コンビニ受け取りを選ぶ人が増えるだろう。
 この 10円は、現金でもいいし、あるいは、いつかヤマトに発送を依頼したときに 10円引きになる割引券でもいい。現金なら 10円程度、割引券なら 10〜 30円程度が妥当かな。
( → 宅配の再配達の解消には?: Open ブログ

 「コンビニ受け取り」や「自宅で1回で受け取り」の場合も、「再配達なし」なのだから、割引にするべきだ。
 また、集荷のときには「持ち込みで 100円割引」なのだから、営業所で受け取りの場合にも、100円程度割り引くべきだ。いや、営業所なら、もっと好都合なのだから、150円引きでもいいぐらいだ。また、「コンビニ受け取り」や「自宅で1回で受け取り」の場合にも 50〜100円引きぐらいにするべきだ。(値上げと組み合わせるならば。)
( → ヤマトの値上げ決定: Open ブログ

 私は上のように提言してきたが、そのことがようやく実現に向かうことになる。これで状況はいくらか解決に向かうだろう。

( ※ 上の二つの引用部では、値引き幅が異なる。矛盾しているように見えるが、前提の違いに注意。前者は、値上げは前提となっていない。一方、後者では、「料金の値上げ」が前提だ。つまり、150円ぐらいの料金の引き上げがあったあとで、50〜100円引きとなる。割引があっても、値上げ額の方が大きい。)



 [ 付記 ]
 コンビニ受け取りで値引きをすると収益が悪化する……という懸念については、下記で説明した。
 「コンビニ受け取りが増えると、宅配業者の利益が減ってしまう」
 という懸念があるかもしれない。
 しかし、現実には、再配達のコストアップの方がよほど問題だ。再配達のコストアップがなくなるのだから、コンビニに手数料を払っても、損はするまい。
 また、多くの人がいっせいにコンビニ受け取りに転じれば、1回のコンビニ配達で大量の荷物を下ろすことができるから、コストは大幅に低下する。
( → 宅配の再配達の解消には?: Open ブログ


posted by 管理人 at 19:00| Comment(1) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 配達時に不在だ……というときに、ネット上で再配達を依頼することができる。
 再配達のときにまたも不在だと、「コンビニで受け取れます」というメールが届く。
 そこでコンビニを指定すれば、今度は確実に受け取れる。(だったら最初からコンビニ指定できるようにすればいいのにね。Amazonみたいに。)

  ※ 以上は、通販でなく、贈り物の受け取り。

 ──

 コンビニの指定は、ファミマがお薦めです。暗証番号だけで受け取れる。
 セブン・イレブンは、暗証番号は不要だが、次の三点が必要。
  ・ 不在票
  ・ 身分証明書
  ・ 印鑑

 なお、配達先の「受取人」と、「クロネコメンバーズの名義人」が、(同住所の家族であるが)異なるときには、「クロネコメンバーズの名義人」が伝票に記載される。身分証明書は、伝票の宛先に記された名前でなく、クロネコメンバーズの会員の身分証明書が必要となる。……ちょっと、わけがわからない状態。

 ま、面倒だから、セブン・イレブンはやめて、ファミマで受け取ればいい。暗証番号だけで済む。
Posted by 管理人 at 2017年05月20日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ