2017年04月09日

◆ 保育所の補助金の闇 1

 「保育所に金を出せ」と言われるが、その必要はない。保育所はむしろ国民の金を食い物にしている。

 ──

 「保育所に金を出せ」と言われる。しかし実際には、保育所は儲からないどころか、儲かっている。保育所は国民の金を食い物にしているのだ。
 これについて、内部告発する声が出た。
 《 保育園運営の現状はこーんな感じ 》
関東圏で数十ヶ所の保育園を運営している会社に勤務しています。

行政から補助金をもらっているため毎年一年間分の財務状況を実績報告として提出しなければなりません。

利益が多く出てしまうとお金を返還しなければいけないため、利益が出ないよう、出ないようにと本来の会社での出費のみならず取締役たちの旅費やお高いご飯代、その他明らかに園とは関係のないものも経費として計上しているのが現状です。
( → はてなアノニマスダイアリー

 こうやって補助金を不正流用して、経営者が私腹を肥やす。その一方で、保育所の職員には金を回さない。上記記事はこう続く。
給料アップもほぼなし、ボーナスも雀の涙、残業代もほんのわずかの手当を与えているからという理由で出ないというケチケチ会社です。明確な給与規定もない。

 書いた人は、「ばかばかしいからこんな会社早く辞めようと思う」と記すが、この会社(保育所)をやめたとしても、他の保育所も同様だ。どこもかも、給料は安い。
 取れる対策はただ一つ。保育業界を脱して、他の業界に行くことだ。そして、そういう人が多いから、保育所はどんどん不足する。
  → 待機児童問題 保育士不足で受け入れ制限も (動画)



hoikujo_taikijidou.png


 ──

 以上では、他の記事を紹介したが、実は、それが眼目ではない。実はこの件は、本サイトでも前にも述べたのだ。
  → 保育園への補助金を廃止せよ

 ここでは、次の趣旨で述べている。
  ・ 保育所に補助金を投入しろ、という声があるが、正しくない。
  ・ 保育所は、多額の補助金をもらって、ボロ儲けしている。
  ・ ただしその金は、職員に回らず、経営者の私腹へ。
  ・ これを解決するには、保育所への補助金を廃止せよ。
  ・ かわりに、父母に補助金を給付すればいい。


 ここで問題なのは「補助金は、経営者の私腹を肥やすために使われている」という点だろう。これについては、上記項目似詳しい。一部抜粋すると、下記だ。(かなり長い。)

 《 引用開始 》



 つまり、園児1人あたり、毎月 30〜50万円も補助金を投入している。( 別項解説 ) これだけの金額で、不足しているはずがない。補助金は、不足しているどころか、大幅に過剰だと言える。
( ※ その金を親に渡す方が、はるかにマシだ。)

 これほど補助金が過剰なのに、保育士の給与が低いのはなぜか? その理由こそ、探るべきだろう。(その理由を放置して、補助金をやたらと投入しても、効果はろくにあるまい。)
 では、その理由は? 上記ページに書いてある。
 人件費を浮かせた金はどこへ行くのか。
 保育所運営費の余剰金は、基本は次年度繰り越しになるが、法人本部の運営費などに充てることもできる。
 A社では、市外の他園に資金移動をしている(つまり、本来は人件費に充てられるべき運営費が、他の市などで保育園を全国展開してさらに利益を出すための原資になっている)。
 さらに、人件費率43.4%のC社に至っては、保育園運営費で1億400万円もの投資有価証券を購入している。
 年収200万以下という激安価格で保育士をこき使い、浮いた金(しかも税金)を会社の好きなように使っているのだ。
( → 保育士の給料はなぜ安いのか #保育士辞めたの私だ

 こういう目的外使用のほかに、金を内部留保の形で溜め込んでいる。
 会計検査院が全国の6500の保育所を調査したところ、724の保育所が運営費の30%超(105億)を使わずに保有していた。( 出典出典
 つまり、保育園は福祉施設ではなく利益を得るための施設に変化してきて、規制緩和で児童数を増やして収入(補助金)を得るが、必要な人件費は払わない、という構図が生まれてきているのだ。
( → 保育士の給料はなぜ安いのか #保育士辞めたの私だ

 さて。こうして貯め込んだ金は、どこへ行くのか? もちろん、私腹だ。
 保育園経営が“利権化”している面もある。補助金事業で公的側面が強いにもかかわらず、後任の理事長も自ら決めることができる。現在では、二代目、三代目と、後を継いでいる保育園も多い。一族を職員として雇うことも多い。
 さらに、社会福祉法人の理事長は給与額を自分で決めることができる。こうして「合法的に私腹を肥やす」(認可保育園関係者)のだ。
( → 『週刊ダイヤモンド』編集部 清水量介[孫引き]原文

 つまり、保育士の給与を引き下げて、金をたっぷり貯め込んだあとは、その金を身内と自分への給与の形で、たっぷりと私腹を肥やすわけだ。
 さらには、他地域の事業を開拓するための資金に流用して、「将来の利益回収の投資」という形で、別の形で貯金することもしているわけだ。(株式投資するか、国債投資するか、そんな感じ。そのための投入資金として、自分の経営する保育所の金を流用するわけ。)



 《 引用終了 》


 というわけで、補助金が食い物にされている(だから職員に金が回らず、保育所不足が続く)という実状が明らかになったわけだ。

 ──

 ここまで見れば、保育所不足の問題の根源がどこにあるかわかるだろう。
 実は、この問題は、さらに闇が深い。次項に続く。
  → 保育所の補助金の闇 2 (次項)

posted by 管理人 at 15:58| Comment(0) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ