2017年03月21日

◆ 豊洲市場の耐用年数

 豊洲市場への移転が遅れているが、これは単に時期が遅れているだけでなく、利用期間の短縮を意味する。

 ──

 一般に、コンクリの建物の耐用年数は 45年ぐらいだ。
 イトーヨーカドーの上大岡店が閉店となることが話題となっているが、これは築 43年で建物の耐用年数が来たことも一因だ。
 また、渋谷の東急文化会館は 47年で閉鎖された。

 豊洲市場も、45年ぐらいで建て替えとなるだろう。利用可能期間は 45年ぐらい。そして、そのうちの1年ぐらいは無駄に消えてしまいそうだ。(すでに半年ぐらいはつぶれた。)
 1年間使えなくなれば、利用できる期間が 45分の1だけ消えてしまう。仮に 45年間使えなければ、すべてが消えてしまう。投入した金が無駄になる。建物だけに限っても 990億円が無駄になる。(土地造成費も含めれば総額 6000億円だそうだ。)

 まったく、もったいないですね。
 小池都知事は、「移転が延期しても、時期が遅れるだけだ」と思っているのかもしれない。しかし、違う。1年遅れるごとに、45分の1が消えてしまうのだ。莫大な金が無駄になるのだ。いかも、維持費も同額ぐらいかかるそうだ。
( ※ 建物の償却費も、維持費も、どちらも年額 25億円。償却費は、定率償却なら、初年度はもっと増える。)

 小池都知事は、どうも、コスト概念がないようだ。経営や会計のことには、とんと無知らしい。困ったことだ。


house_boroboro.png




 [ 付記 ]
 そもそも当初は、「盛り土がある・ない」ということを話題にしていたはずだ。なのに今ではそのことはちっとも話題にならない。かわりに地下水の水質なんていう、最初からわかっていたことを、今になって騒ぎ立てている。
 何のために騒いでいるんだ? 単に騒ぎたいから騒いでいるだけだ、としか思えない。騒ぐ理由は次から次へと、転々としている。理由なんて、本当はどうでもいいのだろう。騒ぐことが自己目的化している。最近では「石原(元都知事)いじめ」みたいな状況になっている。

posted by 管理人 at 22:57| Comment(4) |  東京五輪・豊洲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
極論かもしれないが
安心を得るなら深井戸(地下水モニタ井戸)は埋めたほうがいい
そこからベンゼンが上がってくる
汚染されてない東京都の土地を選ぶなら
伊豆七島や小笠原諸島しかないだろう

蛇足
田舎では 公共水道が無かったから古い家はみな井戸を持っていて地下水を飲料に使っていた
近くに工業団地がつくられて地下水は汚染された
その頃には公共水道が復旧したので飲水は確保されたが
市の補償はなにもされていない
(汚染されたからって)水道料金が無料になるわけではない
Posted by 田舎者 at 2017年03月22日 09:40
だからコンクリートで埋めるって話なのに土剥き出しとかねぇw さっさと生コン流せば済むのに判らんなあ。放置する小池も...
試乗関係者は保証金ゴロでしょ。ゴネ特を許すな。
Posted by 匿名 at 2017年03月22日 19:38
全くですね。
早く移転すべきだ。
しかも、移転すると聞かされて準備をしてきた人たちはもっと被害を受けている。
きっと、移転後のために借金して冷蔵庫や資材を購入した人もいただろうし。
Posted by 匿名 at 2017年03月24日 09:08
 どこの企業でも小池知事のような社長はいますね。業績回復のために、経費削減を言い出す人。消耗品・備品削減のために膨大な人件費、投資費用、減価償却期間、時間などをとんでもなく損なう人。社長の思い付きだけで動いている会社。会社なら早々になくなりますが、税収は永遠になくなりません。都の行政サービスの質が、下がり続けるだけです。
Posted by 35年前は現役 at 2017年03月25日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ