2017年03月20日

◆ 地下鉄テロと五輪テロ

 地下鉄テロの危険性を認識した方がいい。五輪テロに関して、ほとんど考慮されていないが。

 ──

 地下鉄サリン事件から 22年たったということで、遺族の声が報道されている。
  → 地下鉄サリン事件から22年、被害者らが集会:朝日新聞
  → 地下鉄サリン事件「風化させぬ」 22年を前に集会  :日本経済新聞
  → 地下鉄サリン事件から22年を前に 被害伝える集会 | NHK

 
 これはまさしく「地下鉄テロ事件」だ。テロならば地下鉄でやると効果的だ、ということが、現実の事件で実証されたわけだ。記事では「13人が死亡し、およそ 6300人が被害を受けました」と書いてある通り。

 ──

 一方で、五輪テロに関しては、地下鉄テロのことがほとんど考慮されていない。何をやっているかと言えば、「マラソンのコース上でペットボトル爆弾を爆発させる」というような、およそありえそうもないことを想定した対策ぐらいだ。
  → 東京マラソンでペットボトル禁止

 ほとんど人のいないコース上で爆発させて、主たる被害者は自分だけ……というような事例を想定している。しかしこれは、「テロ」というより「自爆」と言うべきだろう。「大量殺害」とは正反対だ。こんなものを想定して、「マラソン参加者はペットボトル禁止」なんて措置を取るのだから、呆れてものが言えない。「観客はペットボトル禁止」なら、まだ意味があるが。(観客は多数いるので、観客が爆発物を持ち込めば、ある程度の被害は生じるだろう。)

 ──

 では、地下鉄のテロ防止には、どうすればいいか? 
 現実になされているのは、「ゴミ箱の撤去」だ。しかしこれは、二つの意味で馬鹿げている。
 (1) ゴミ箱に爆弾を入れれば、被害はゴミ箱のあたりだけで済む。ゴミ箱に爆弾を入れられなければ、電車内に爆弾を持ち込むので、被害はかえって拡大する。ゴミ箱の撤去は、帰って「電車内の爆発」を促すことで、被害を拡大する。
 (2) ゴミ箱を撤去しても、自販機があるので、自販機(およびその空き缶入れ)に、爆弾を入れることができる。つまり、ゴミ箱の撤去は、尻抜けだ。

 上の二点は、下記でも論じた。
  → 駅のゴミ箱がないわけ


gomibako_plastic_petbottle.png


 以上のすべてをまとめると、次のように言える。
  ・ マラソン参加者のテロを想定するのは馬鹿げている。
  ・ どうせなら、地下鉄テロの危険性を考えるべきだ。
  ・ 地下鉄テロの防止には、ゴミ箱の撤去は逆効果だ。
  ・ 地下鉄テロの被害軽減には、ゴミ箱をたくさん設置せよ。


 あとはまあ、ゴミ箱の周辺に壁でも置けば、被害の拡大をいくらかは防げるだろう。対策は、そのくらいだ。

 テロの防止といっても、実は、地下鉄だけが対象ではない。スポーツ施設だけでもない。人の集まるところはすべて対象だ。デパートも、スーパーも、駅前施設も、コンサートホールも、どこもかもだ。だとしたら、いちいち防止策を練っても仕方がない。

 テロ防止の根源は、馬鹿げた対立をやめることだろう。たとえば、「アラブ敵視をやめる」というふうな。こういうのが根源的な対策だ。
 なのに、「アラブ敵視をあおる」というようなトランプ政権の方針は、テロを防ぐよりは助長する。テロ対策をしたいのなら、トランプ政権を何とかするのが、最大の防止策となるだろう。

posted by 管理人 at 08:55| Comment(0) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ