2017年03月18日

◆ 画像サイズを大幅に圧縮する方法

 巨大サイズの画像を圧縮するには、JPG のかわりに JPEG2000 を使えばいい。そのためには、PDF に変換するといい。

 ──

 JPG という画像圧縮方式は、かなり古い方式なので、効率が悪い。サイズを小さくすると(高圧縮すると)、モアレ模様が出る。モアレ模様が出ないようにするには、サイズを大きくする必要がある。

 これを解消する新方式には、いろいろとあるが、もっとも普及している JPEG2000 でさえ、たいていの画像ソフトでは使えない。ブラウザでも使えない。あまり実用的でない。
( ※ JPEG2000 を使いたくとも使えない。)

 そこで、「圧縮は特別な方式を使うが、元に戻す(デコードする)には従来の JPG をそのまま使う」という方式が出た。
  → JPEGを「libjpeg」よりも20〜30%小さく 〜Google

 しかしこれは、圧縮(エンコード)のために多大な時間を食うということで、実用的ではない。また、特別なソフトのインストールも必要だ。面倒すぎる。
 また、しょせんは JPG だから、画質も良くないし、圧縮率も高くない。あまりにも中途半端だ。


lala2b-s.jpg


 そこで、困ったときの Openブログ。うまい案を示そう。こうだ。
 「 画像を PDF に変換すればいい。そうすれば、PDF の内部で自動的に JPEG2000 形式を使う」
 この場合、作業はすべて PDF の内部でやるから、どんな圧縮方式を使うかは、ユーザーは関知しないでいい。古い PDF 作成ソフトだと、内部では JPG を使うらしいが、新しい PDF 作成ソフトだと、内部では JPG2000 を使うらしい。

 ──

 ちなみに、私が JPG ファイルで試してみたら、こうなった。
   元のファイル  1.14 MB
   PDF ファイル  0.25 MB
 使用ソフトは JUST PDF3 だ。
  → メーカーサイト



 [ 付記 ]
 このソフト( JUST PDF3 )の購入には、金がかかるか? もちろん、かかる。
 だが、私の場合には、1円もかからなかった。もともと手元にあったからだ。
 というのは、一太郎のプレミアムバージョンを買うと、このソフトが付属しているから、それをそのまま使っただけだ。

 一太郎のプレミアムバージョン(最新版)は、下記にある。
  → 一太郎2017 プレミアム(公式サイト)

 ──

 ついでだが、一太郎の最新版は、ATOK の変換効率が大幅に上昇したそうだ。誤変換が 30%も減ったそうだ。理由は、「ディープラーニング」を採用したこと。大量の文例を「ディープラーニング」で分析したという。
  → 日本語ワープロソフト 一太郎2017 | ジャストシステム



http://amzn.to/2mS9Gh4




 [ 補足 ]
 ただし、PDF に変換することには、難点もある。「他人に画像ファイルを渡すときには便利だが、ネット上でブラウザに表示させるには不便だ(不可能だ)」ということだ。
 しかしまあ、ブラウザで表示するなら、サムネイルを使うという手もある。この方が標準的だろう。

 一方、高精細な風景画像などを大量に公開したいときには、PDF を使うと良さそうだ。

posted by 管理人 at 09:05| Comment(0) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ