2017年02月26日

◆ 蛍光灯から LED への交換

 蛍光灯から LED への交換は、工事費が 5000円余りで済むようだ。(うまく店を選べば。)

 ──

 蛍光灯から LED への交換は、工事費がかなりかかると思った。だが、「工事費は 5000円程度で済む」と前日のコメント欄で指摘された。
  → 包丁と蛍光灯のバーゲン(コメント)

 調べてみると、たしかにその通り。既存の蛍光灯をはずして、「引っ掛けシーリング」というシーリングに交換すれば、あとは自分で好きなものを設置できる。
 

ceiling_rosette_maru.png


http://amzn.to/2mqPHW2


 → 引っ掛けシーリングの設置
   
 ──

 工事費は、安い店では、下記の価格となる。(取り外し代が別途かかるので注意。)

  ・ 蛍光灯器具の取り外し代 (1000〜2000円程度)
  ・ 引っ掛けシーリングの設置代 (部品代込み・3000円程度)
  ・ 出張費 2000〜3000円程度


 ネットでググるには
  「引っ掛けシーリング 工事 料金 (地域名)」

 という語でググるといい。

 例:
  → 引っ掛けシーリング 工事 料金 東京都
  → 引っ掛けシーリング 工事 料金 横浜市

 なるべく近所の電気屋さんに頼むといい。(出張費が安くなる。工事費も安くなる。)
 上記では、安い場合の料金を示したが、実は、店による価格差が大きい。最も多いのは 8000円ぐらい取る店だ。ちゃんと調べて、店を選ばないと、料金が高くなるので、注意。上のように、ググって調べよう。
( ※ 近くの電器店に電話で聞くのでもいい。→ 参照

 引っ掛けシーリングを設置したあとは、自分でも設置できるだろうが、脚立などを用意することが必要だ。それができない場合には、引っ掛けシーリングを設置したあと、ついでに照明器具も設置してもらうといい。費用は 1500円ぐらいのことが多いようだ。
 ただし、あらかじめ、照明器具を購入しておくことが必要だ。たとえば、下記。



http://amzn.to/2lcxpGc



http://amzn.to/2lXnskE


 工事を頼む店から、照明器具を同時購入することもできるようだ。その場合、工事費が割引になるらしいが、照明器具そのものが高価になる。照明器具は、Amazon のような格安店で購入する方がいいだろう。
( ※ まあ、どっちでもいいが。)

 なお、引っ掛けシーリングがすでにある場合(すでにシーリングライトがある場合)には、工事不要だ。従来タイプが、シーリングタイプの蛍光灯ならば、工事不要で、蛍光灯から LED に変更できる。(工事不要だから、自分で変更できる。)



 [ 付記]
 LED 照明への交換 をするにしても、「バイパス工事」というのを選ぶと、1.5〜4万円もかかるそうだ。これだと、工事費がかかりすぎるので、無駄だ。
 かわりに、「引っ掛けシーリングへの変更」というのにすれば、5000円余りの安価な工事で済む……というのが、本項の趣旨だ。
 両者を混同しないようにしてほしい。わけもわからずに「蛍光灯から LED 照明への交換」を頼むと、「バイパス工事」となって、ウン万円を取られかねない。

 この件、別項のコメント欄でも指摘されていた。
  → 包丁と蛍光灯のバーゲン(コメント)

 
posted by 管理人 at 17:07| Comment(0) | エネルギー・環境2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ