2017年02月12日

◆ 避難所に女性視点がない

 震災のときの避難所の物資で、女性視点がないので、女性が困っている……という話。

 ──

 避難所というのは、男が牛耳っていることが多いので、女性視点がない。そのせいで、女性たちが困っている……という報道があった。「なるほど」と思ったので、紹介しておく。(去年の記事で、古い話だが。)
 2011年の震災翌月、***が訪れたとき、避難中の女性たちはマスクをし、下を向いていた。2人は持参のリップクリームやおりものシートを渡した。
 「実はこれがほしかった」。マスクを外した女性の唇に血がにじんでいた。
 「すっぴんではハローワークに行けない」「支援物資の下着はMサイズ。私には小さくて」「更衣室が物置になって使えない」……。避難所の男性リーダーに言えない悩みが口を突いて出てきた。
 洗濯に困るという声も多かった。洗濯機が少ない。仕切りがなく、下着を干せない。間仕切りが山積みのままの避難所もあった。
 ***は洗濯物のお届け役を務めた。避難所に顔を出すと、女性たちは悩みや今後の不安を何時間も口にした。「体を持ってきてくれるだけで十分」と話す人もいた。
 一緒に届けたのは「安らぎ」だ。
 女性への顔マッサージを「ぜいたくだ」と渋る男性リーダーがいた。やってみせると女性たちがパーッと明るくなった。
 男性は言った。「母ちゃんのこんなにうれしそうな顔は震災後初めて。何度でも来てください」
( → (てんでんこ)女たち:2 ほしいもの:朝日新聞 2016年10月26日

 避難所で「生理用品は不謹慎」だから配布されない……という噂も出回っていたようだ。(真偽不明。)
  → 避難所で「生理用品は不謹慎」だから配布されず? 3.11めぐる「うわさ」が浮き彫りにした価値観の差

 そういう事例があった、という一次情報もある。(伝聞)
  → 被災地ボランティア 生理用品など女性用の支援物資 「突き返す」



 [ 付記 ]
 ついでだが、次の話もある。
  → 避難所で食糧不足なのに市役所に90万食が山積み…? 熊本役所

 この件は、前に別項で論じた。
  → 救援物資をいかに配布するか?
 
posted by 管理人 at 23:59| Comment(0) |  震災(東北・熊本) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ