2017年02月03日

◆ 日本国際賞に CRISPR-Cas

 日本国際賞に CRISPR-Cas が選定された。

 ──

 以下、引用。
 国際科学技術財団は2日、2017年の日本国際賞の受賞者3人を発表した。「生命科学」分野は、遺伝子を狙い通りに改変するゲノム編集の新技術「CRISPR/Cas(クリスパー/キャス)」を発見したフランス人で独マックス・プランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ所長(48)と、米カリフォルニア大バークリー校のジェニファー・ダウドナ教授(52)を選んだ。
( → 「日本国際賞」に3氏選出 国際科学技術財団:朝日新聞 2017-02-03



 【 関連サイト 】

  → ゲノムを編集するツールCRISPR/Cas9の開発
  → クマムシでも分かる。ノーベル賞候補・ゲノム編集技術「CRISPR/Cas9システム
  → CRISPR - Wikipedia
  → 特集:CRISPR-Cas9 とは | DNA二本鎖を切断してゲノム配列の任意の場所を削除、置換、挿入することができる新しい遺伝子改変技術
  → CRISPR-Cas9 基本の「き」 | ゲノム編集技術の基礎知識を余すところなく解説します!
 


 解説動画







posted by 管理人 at 19:05| Comment(0) | 科学トピック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ