2017年01月23日

◆ 森林伐採を衛星で観測

 森林伐採を衛星で観測する技術が開発されて、運用中だ。

 ──

 森林があることを衛星で観測することは簡単だ。現在でもあちこちの衛星が観測データを示している。
 しかし、森林がなくなったこと(違法伐採されたこと)を観測するのは、簡単ではない。「データが消えたら伐採されたことになる」と言えるわけではないからだ。
 
 ところが、ここをうまく工夫して、「ないこと(なくなったこと)を観測する」という技術が開発された。ちょっと面白い。「だいち2号」という衛星のレーダーで観測する。
 衛星から地上に向けて斜めに電波を発する。森林が無くて平らだと、電波のほとんどは衛星に備えられたアンテナへは戻ってこない。森林があると、電波は乱反射しアンテナに戻ってくる。戻ってくる電波が強いと森林がある場所として認識される。
 同じ地点に1カ月半の間隔で電波をあててデータを蓄積。過去のデータに比べて、反射して戻ってくる電波が一定以上弱くなったら、森林が伐採されたと判断する。
( → 違法伐採、衛星が監視 だいち2号:朝日新聞 2017-01-22

 ここでは、「斜めに電波を発する」というのがコツだ。そのあと、乱反射の有無を調べる。……なるほど。うまいアイデアですね。

 感心したついでに、関連する記事をいくらか捜してみた。
  → 違法伐採、宇宙から監視 「だいち2号」がデータ公開へ:朝日新聞
  → 熱帯林の違法伐採、人工衛星で監視 JICAとJAXA:朝日新聞
  → 伐採の背景に大豆と畜産/衛星で監視強化【動画あり】 朝日新聞
  → JAXA | 「だいち2号」による全球森林マップの公開について



 [ 付記 ]
 地球温暖化については、「炭酸ガスの削減ばかりでなく、緑地の減少を考えよ。こっちの方が地球温暖化の主因だろう」というのが、私の見解だ。
  → 陸地温暖化説 (緑地減少説)
  → 地球環境の変化(緑地減少)を画像で見る
  → 開墾による森林消失
  → 陸地温暖化への対策
 
posted by 管理人 at 21:43| Comment(1) | エネルギー・環境2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
REDD+という活動があります。
途上国の森林減少を食い止める活動です。

http://www.reddplus-platform.jp/
これはJICAを中心とした日本の活動ですが、今世界中で競って活動しています。
Posted by PV3taro at 2017年01月24日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ