2016年11月06日

◆ 五輪の水泳会場の妙案

 東京五輪の水泳会場について、コストダウンのために席数を2万から1万5千に減らす……という案が出ている。しかし、もっといい妙案がある。

 ──

suiei_crawl.png

 記事を引用しよう。
 水泳会場は現行通り「オリンピックアクアティクスセンター」(江東区)を新設する。観客席数を現行計画の2万席から1万5000席まで減らし、基本設計から見直すことで、建物全体を規模縮小する案を有力とした。683億円の整備費は470億〜512億円まで圧縮可能とした。
( → 読売新聞 2016年11月01日

 まあ、席をそれだけ減らせば、それだけコストを圧縮できる。とはいえ、その後は、1万5000席という広大な席がずっと無駄になる。都心の一等地で、1万5000席という広大な席をずっと無駄にするのは、実にもったいない。
 こんな無駄をするくらいなら、五輪後はつぶしてしまった方がマシだ、とさえ言える。しかし、つぶしてしまうものを建設するというのも、馬鹿げている。
 では、どうすればいい? 

 ──

 そこで、私が妙案を出す。発想の転換で、主従を交替させてしまえばいい。つまり、こうだ。
 「席の方はそのまま2万でいいが、プールの方をつぶしてしまう。あとには2万席のコンサートホールを残す」

 
 これでいいだろう。というのは、コンサートホール(劇場用を含む)は、都内では不足しているからだ。
 また、特に、舞台の周囲に席が並ぶというタイプのホールは、数が限られているので、稀少価値がある。

 ──

 プールをつぶすと、オリンピック委員会や日本水連が文句を言いそうだ。そこで、プールについては、調布か新横浜か戸田あたりに、プールを新設すればいい。そこでは、プール以外の観客席は最小限でいい。どうせ観客なんか、ほとんど来ないんだし。

 下記は、調布スタジアムの近辺だ。スポーツ施設を作るための土地は、たっぷりと余っている。





 ※ 何で土地が余っているかというと、調布飛行場のそばで、音がうるさいからだ。こういうところこそ、水泳競技の会場を作るのには最適だ。こういう郊外に、立派なプールを作ればいい。観客席は少しだけあればいい。

posted by 管理人 at 22:24| Comment(0) |  東京五輪・豊洲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ