2016年10月01日

◆ うまい解決策がないときは?

 ある難題にぶつかって、何とかして解決しなくてはならないのに、うまい解決策が見つからない。そういうときには、どうすればいいか?

 ──

 難題にぶつかったら、どうするか? 

    komatta_man.png


 いきなり結論を言えば、こうだ。
 「うまい解決策を探して、重箱の隅みたいなところをしきりに探しても、駄目である。そんなところは、とっくに調査済みだ。かわりに、こうする。 ⇒ 話の前提をぶちこわす 」

 たいていは、話の前提によって、根本的に制約がかかっている。その制約をはずすことで、うまい解決策が見つかる。

hirameki_man.png

 ──
 
 例として、前項 の話がある。

 《 問題 》

 噴火や洪水の対策をしよう、と市町村が頑張っているが、いくら頑張っても、根本的に能力が足りないので、どうにもならない。専門家がいるわけでもないし、普段は雑用ばかりしている平凡な事務員だし、もともと能力がない。(気象や火山学など)理系の話なんかは、チンプンカンプンだ。また、何かするにも、予算がない。

 《 解答 》

 噴火や洪水への対策は、市町村にはもともと無理なことだ。だから、「市町村が対策する」という前提そのものをはずせばいい。かわりに、「(全国すべてを)国が対策する」というふうにすればいい。対策の本部は国であって、その指示を受けて細かな事務作業だけを市町村がやればいい。
 この際、市町村は判断しない。判断は国がする。当然ながら、市町村長(首長という個人)の出番はない。国から、市町村の事務組織へ、直接的に指示が行く。(オンラインで。)

 ※ 「国」とは、政府の担当部局のこと。つまり、防災庁。

 ──

 ともあれ、一般に、解決不可能な難題を解決したいときには、話の前提をはずせばいい。そうすれば、解決を阻害していた制約を除去することができる。
 
break_hammer.png




 【 関連項目 】

 → 独創的な研究をなす方法

 → 間違える勇気
 
posted by 管理人 at 22:46| Comment(1) | 一般(雑学)4 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後に 【 関連項目 】 を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2016年10月01日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ