2016年09月13日

◆ 豊洲市場で盛り土をやめた理由

 本項は、取り消します。かわりに、本項を発展させて、次の新たな項目を書きました。そちらをお読みください。
 
  →
 豊洲の真相:配管のため

 ──

 以下は取り消しますが、一応、元の記事を残しておきます。







 盛り土をやめたことには、合理的な理由があるはずだ。それは、コストダウンである。杭を短くすることで、コストを大幅に削減できる。(推定)

 ──

 盛り土をやめたことには、合理的な理由があるはずだ。それは、コストダウンである。通常、建設会社が何か変更をしたがるとしたら、コストダウンが理由だと思って、まず間違いない。(それによって利益率を上げる。)
 今回も、盛り土をやめたことは、コストダウンが目的であったと推定できる。では、盛り土をやめることで、コストダウンができるのか? 
 そう思って頭をひねったら、「イエス」と思い至った。盛り土をやめれば、杭を短くできるのだ。




 この図で考えよう。
 盛り土があったとすれば、杭は、地下基盤から地表までの長さとなる。
 盛り土がなかったとすれば(地下室であったとすれば)、杭は、地下基盤から砕石層までの長さとなる。
 両者を比べれば、前者の方が 4.5m 長い。(盛り土の分だけ長い。)

 説明しよう。
 盛り土があったとすれば、杭は、地下基盤から地表までの長さとなる。地下から地表までは、杭があるだけだ。そして地表に、建物の基礎をつくる。
 盛り土がなかったとすれば(地下室であったとすれば)、杭は、地下基盤から砕石層までの長さとなる。その砕石層の上に、建物の基礎をつくる。基礎から地表までは、杭のかわりに、コンクリの柱(鉄筋コンクリートの柱)をつくる。

 対比すると、こうだ。
  ・ 盛り土あり …… 4.5m だけ長い杭 (
  ・ 盛り土なし …… 4.5m だけ長い柱 (


         
          
         


 違いは「杭」と「柱」だ。では、そのどちらがコスト安か?
  ・ 杭 …… 穴を掘って打ち込む特別コストがかかる
  ・ 柱 …… 地上作業なので特に特別コストはかからない

 かくて、特別コストの有無によって、(地中の)杭が短い方がコスト安となる。つまり、地下室方式の方が、コスト安となる。

 ──

 このことは、私の独断ではない。下記にも補強となる話がある。
 《 杭の長さが 20メートル以上になる土地は工事費が割高になるので購入は控える事 》
 マンション用地の場合では「 N値50 」が出ている地層が地下20m以上の場合は基礎工事費にお金がかかりますので、準大手ディベロッパーや中堅ディベロッパーにとってはその用地取得は避けた方が安全です。
 理由は杭工事費は大雑把に申し上げますと長さ1mに付き約1万円です。例えば20mの杭を20本必要だと致しますと杭工事費だけで約400万円以上のお金がかかるのです。
 またもう一つの理由は杭の長さが長い程折れやすいのです。地上の柱の長さが20mとしても約3m毎に大梁でつないでいますので、折れにくいのですが、杭長が20mでも横つなぎしていませんので、地震時に地盤が液状化しますととても折れ易いのです。
 私の独断と偏見になりますが、杭の長さは20mまでですと、まあこれから来ます大地震に耐えられるのではないかと思います。
( → 第37回 地盤地図を見て | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

 杭の長さが 20m までなら、比較的安価な規格品を使えそうだ。太さも細くて済みそうだ。だから、コストが安くなる。
 一方、杭の長さが 20m を越えると、太さが1ランクアップする。長さも長い。打ち込みの量も多い。ひっくるめて、コスト的には、25m だと 20m に比べて、50%ぐらい価格が上がりそうに思える。それはまずい。
 というわけで、何とか杭の長さを 20m で済ませるために、盛り土をなくして、地下室にしたのだろう。これによって、杭のコストを大幅に削減できる。
 そして、豊洲では杭の数がものすごく多い(万を超える)ので、このコスト削減効果はすごく大きい。

 かくて、「杭を短くすること」を狙って、盛り土をやめて地下室にしたのだろう。

 以上が、私の推理だ。



 [ 付記1 ]
 この推理は、十分条件を満たしてはいるが、必要条件を満たしているとは言えない。
 論理的結論というよりは、「名探偵の直感による推測」に近い。この推測が当たっているかどうかは、証拠集めによる裏付けが必要だ。

 なお、安い杭を使ったのに、高い杭を使ったことにすれば、その差額は建設会社の利益となる。この点をこっそり隠して、うまく東京都の職員を言いくるめれば、東京都の職員は、「安全性のために努力した」と思いながら、結果的には、建設会社の利益を増やすことに貢献したことになる。本人はそうとは気づかないまま。
( ※ 専門知識を利用した詐欺ですね。)
( ※ 「安全性を高めたから」という理由で、むしろ高額の料金を請求した可能性もある。利益率が 30%ぐらいのボロ儲けになったとしても、不思議ではない。)
 
 [ 付記2 ]
 なお、この件はあくまで、金儲けの話だ。
 「盛り土がないと、汚染水がにじみ出てきて、危険だ」
 というような話は、一切、関係ない。小池都知事の方針が妥当となるわけではない。むしろ、見当違いだと言える。
 


 [ 余談 ](裏話)
 報道では、「盛り土から地下室への変更は、東京都(職員・役人)が独断でなした」というふうに説明されている。
 しかし、たかが下っ端の職員クラスが、専門家会議の方針を独断で変更するはずがない。また、そうするだけのメリットもない。(リスクは大きく、メリットは皆無だ。)
 とすれば、ここでは、「業者の圧力が働いた」と見なすのが妥当だ。たぶん、「業者 → 政治家 → 職員」という経由で圧力が働いたのだろう。そしてまた、詳細な説明は、業者の方がなしたのだろう。「この方が安全ですよ」というふうに、おためごかしに。
 そして、そのすべてを合理的に説明する理由はただ一つ。「その方が業者の利益になるから」である。
 となると、あとは、「どうして業者の利益になるのか?」をさぐることだけだ。
 かくて、本項の考察ができた。

 ──

 実は、もう一つ、理由がある。
 「設計変更は金になる」

 ということだ。
 現実にはコストダウンになるとしても、
 「設計変更によってコストアップしたので、追加料金を頂戴します」
 というふうにすると(嘘をつくと)、どんどん追加料金を徴収できる。かくて、当初の契約に比べて、ずっと高い金を請求できる。
 こういうことは、公共事業では、よくあることだ。

( ※ 一方、IT産業では逆で、追加料金なしで、追加作業がどんどん追加されることが多い。…… そうでしょ? 多くの読者は、身に覚えがあるでしょ? IT産業は、奴隷産業。しかるに、建築産業は、貴族産業……じゃなかった、詐欺産業。)



 【 追記 】
 「搬入する土の代金を浮かせるため」
 という新たな疑惑が出た。地下室部分を空洞にすれば、その分の土の代金を浮かせることができるから、というわけだ。
 これは、私も昨夜のうちに考えていたのだが、「違うかも」と思って書かずにいた。しかし、下記のコメント欄に、そういう話が出ている。

> Posted by stranger at 2016年09月14日 07:41

> Posted by 管理人 at 2016年09月14日 08:00

 という二つのコメントを参照。



 【 関連サイト 】

 業界の人が具体的に見積もり計算をした。
 それによると、「盛り土よりも地下室の方が安い」という私の推測は成立せず、「盛り土よりも地下室の方がコスト高」という結果になるそうだ。下記に試算・概算がある。
  → 地下ピットと盛土の費用比較 他 - shinzorの日記
 
posted by 管理人 at 23:49| Comment(21) |  東京五輪・豊洲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後に [ 余談 ] を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2016年09月14日 01:04
マイナス2メートルの(汚染土を削った)ところを杭頭にするなら
そこのレベルに構造床を造り
2重床にして排水ピッドを設けるのが普通
そのほうが耐震的にも地下水の対策にも有効である
しかしTVで流されている断面図はそうなっていない
公共工事は計画通知(建築確認申請ではない)だから
こんな構造計画でも審査が通ってしまうのか?

TVの中の専門家の話では削った汚染土を処理して
建物のない部分の埋め立てに利用したらしい
構内処分になるのと新しい土のコストも削れるので
大幅なコストダウンになるらしい
Posted by stranger at 2016年09月14日 07:41
> 建物のない部分の埋め立てに利用したらしい

それ、私も推定しました。
で、パンプレットを確認したら、
「あたらしい土を外部から搬入した」
とデカデカと記述してあったので、信用したんだが、嘘だったのかな? 

http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/pdf/outline/images/pamphlet.pdf
Posted by 管理人 at 2016年09月14日 08:00
 豊洲市場で5連発の記事。ざっと読ませていただきました。
私の考えでは、そもそも汚染地「豊洲」を選択したのが間違いで、もはや移転中止が妥当ではないでしょうか。
  「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」

 記事のタイトル「豊洲市場で盛り土をやめた理由」という言い方が気になります。
「盛り土」がない部分は建物に沿っているので、「盛り土をやめた」というよりは「盛り土をしなかった=建物を避けて盛り土をした」ということではないでしょうか。

 つまり、「盛り土」の話がでる前に設計図があって、それに沿って建築が進行しただけだと思います。「盛り土」の話が出たときの対応は、その分だけ床を高く上げたということではないでしょうか。つまり、あの空間は建造物ではなく床下みたいなもので、床下が思いの外深くなってしまった、ということだと思います。

前の記事(2016年09月11日:豊洲市場の盛り土の問題)
>・・・途中で工法が変更された。建物の下に限って、盛り土をすることをやめて、頑丈なコンクリートの箱を「台」として据えることにした。・・・
>・・・盛り土をやめて、そこをコンクリートの箱で覆えばいい。・・・
>・・・盛り土をやめて、コンクリートの箱に設計変更する必要がある。・・・
で「「コンクリートの箱」としているのは、事実誤認だと思います。あの空間は箱になっていません。「箱」と呼べる建築要素なら「水が溜まる」はずはないでしょうし、「青果棟」の地下空間は土壌が剥き出しで「箱」になっていません。

おそらく、請け負った建設会社と都庁の担当者の遣り取りだけでことが進んだのだと思います。

<夢の中で聞こえてきた対話>
請け負い会社:設計図通り施行を進めていいですか。
都庁の担当者:速く進めて下さい。時間があまりありませんから。
「盛り土問題発生」
都庁の担当者:盛り土をどうしましょう。
請け負い会社:もう基礎杭を打ってしまったので、変更できません。
都庁の担当者:じゃあ、床を高くしましょう。ちょっと深い空洞になりますが、床面の汚染対策はしっかりして下さい。
請け負い会社:汚染対策は当初の計画にはありません。杭が長くなるだけでも経費が増えます。
都庁の担当者:分かりました、汚染対策はしなくていいです。建物ができてしまえば見えないので、黙っていれば、誰にもわからないでしょう。
請け負い会社:ただし、1階の床面の耐重量強度が落ちますが・・・
都庁の担当者:分かりました。その点は、利用業者に周知徹底します。
・・・・・・

したがって、多分、1階床面の重量制限は低いはず、しかも上階よりも低いのでは?
ある情報では、豊洲市場の床積載荷重の限度は1平方メートル当たり700kg!お相撲さん10人分!です。低過ぎでは?
Posted by Nekogu at 2016年09月14日 17:00
訂正します。

(誤)お相撲さん10人分! → (正)お相撲さん5人分!
Posted by Nekogu at 2016年09月14日 17:06
http://togetter.com/li/1022892

こちらでまとまってますね。
Posted by 京都の人 at 2016年09月14日 18:14
そりゃあ専門家会議の提言を無視した上に、より高コストな工法
採用したのだとしたら狂ってるから、コストを下げるためだろうさ。

盛り土の上に建物は作れると思うが、液状化対策(地盤改良と
構造的対策)のためのコストは高くつくはず。
管理人の言うとおり杭も長くなるし、太くしたりする必要がある。
でも、関係者の合意形成のプロセスの中で、全面盛り土にして、
それによって現行の土壌汚染防止法よりもさらに効果のある
土壌汚染対策をしますという説明をしてしまったわけで。

地下室天井のコンクリートでも同じですというのが結果として
正しかったとしても、提言に入ってない時点で、本来、選択
できないんだよ。土木の専門家もいた技術化会議も建物の下は
盛り土前提という理解だったようだし。

大規模公共工事における関係者の合意形成というのは、その後の
トラブル(住民訴訟や今回の場合、業者の移転拒否)を避ける
ために細心の注意を払って行われるべきで、これは役所業界の常識
なんだけどね。専門家会議や技術会議のメンバーはこういった
合意形成の場で、役所の方針に理論的な裏づけをあたえる
御用学者・・・じゃないや、プロフェッショナルなわけで。
彼らのエレガントな仕事を水泡に帰した、今回の不始末に激怒
するのも当然だ。
まあ本来削ってはいけない(削れない)コストだったと思うけどね。
Posted by D.Eng. at 2016年09月14日 22:18
あとは、談合があったのだとすれば、概算要求では
盛り土の上に建設するということで高めの金額で
枠取りしておいて、別工法の提案があったという
ことで盛り土なしの工法を採用して、盛り土なし
工法としては高めの金額で受注させるという手が
あるかな。枠さえとってあれば、特に安くなる分
にはチェックが甘くなるからね。
Posted by D.Eng. at 2016年09月14日 22:45
> Posted by D.Eng. at 2016年09月14日 22:18

 そうですよ。それが真相。やっと理解してもらえたか。
 この問題はあくまで手続き論であるにすぎない。手続きの是非を、役所の内部で論じて、関係者に訓告処分でもしておけば、それで済む問題だ。

 なのに、まるでゴジラが押し寄せたかのような大問題であるかのようにふるまった都知事のパフォーマンスに、みんなが踊らされているわけだ。
 そこで私が「ゴジラは来ていないぞ。踊らされるな。静まれ」と言っているわけ。

 私の趣旨は、一言でいえば、こうだ。
 「まずは君が落ち着け」

 最初からそういう趣旨で言っているんだが、なかなか理解してもらえないな。揚げ足取りをする人が多すぎるせいかも。……ま、映画でも、揚げ足取りをするような人がいたっけ。

Posted by 管理人 at 2016年09月14日 23:38
そうですよもなにも。真相もなにも。全然理解できないよ?
談合云々は証拠もないしただの邪推で暇つぶし程度のネタだ。

今問題になってるのは、移転延期の話だけなんだからさ。正直、
談合があったとしても施設自体が合意形成時の約束どおりに完成
してさえいれば、11月の水質検査で基準をクリアしていれば
理屈として移転できたんだから。

談合云々は、内部告発があったらまだしも、そうでない状態で
都知事が談合の調査なんて騒げるわけないじゃん。公正取引委員会が
動き出せるだけの蓋然性の高い証拠をつかまないと、公表しないよ。
内部告発がないなら、手続きの流れを丹念に追って、手続きの不備、
矛盾点を突いていくしかないんだよ。とにかく、現状として、
談合は問題として顕在化してはいない(当然都知事の調査チームが動いて
いるとは思う)。

都知事が移転延期を指示したのだから、都知事は早急に、新たな移転
プロセスを都民に示す必要がある。今回、移転プロセスの核心である、
関係者との合意形成時の約束が守られていなかったのだから、見通しが
つかない状況に陥っている。そしてその事を都知事はしっかり説明する
必要があるんだよ。

総額事業費が6000億円のプロジェクトの見通しがつかなくなっている
のを、ただの手続き論で大したことがないという感覚にはついていけない。

Posted by D.Eng. at 2016年09月15日 09:10
> 談合云々は

そんなことは話題にしていません。無視。だいたい、それは別コメント(別のタイムスタンプ)でしょうが。
どうもあなた、日本語力に、根本的に問題があるね。やたらと誤読が多い。勝手解釈。

> 新たな移転プロセスを都民に示す必要がある。

それは彼女の気分次第なんだから、どうでもいい。勝手にすればいい。気が済むようにすればいい。3カ月ぐらいのズレだったら、どうでも大差はない。

> 見通しがつかなくなっているのを、ただの手続き論で大したことがないという感覚にはついていけない。

見通しがつかなくなっているのは、彼女の気分の問題にすぎない。土木技術的に言うなら、今すぐ移転して何も差し支えない。(地下の工事は別途、並行して行なえばいいだけだ。)
それを指摘しているのが本項だ。すべての騒動は、彼女の気分から発生している。

あなたの先のコメントを見て、「問題は土木技術ではなく、合意形成ができなかったことだけ」(人間心理の問題だけ)という真相に、ようやく気づいたかと思ったが、まだ気づけていなかったのか。……私があなたの技術知識を買いかぶっていたようだ。
 ともあれ、「この件では土木技術に問題があるわけではない」と言うことを、あなたは理解できない。あなたには理解する能力がない。だから、理解できないことについては、黙っていた方がいい。
 「まずは君が落ち着け」と私は言った。が、それも、あなたには通用しないようだ。ならば、「6000億円のプロジェクトの見通しがつかなくなっている」と、勝手に大騒ぎしていればいい。他の無知な素人といっしょにね。類は友を呼ぶ。
Posted by 管理人 at 2016年09月15日 12:55
無知な素人からの一報です。
本日のテレビ朝日で、都の職員が「地震による液状化で、地下の汚染物質が、すぐ1階に上がるのを防ぐため、1階との間に地下空間を設けた。」と言っていたとの指摘あり。
Posted by passerby at 2016年09月15日 13:52
ああ。引用先を見落としてたね。これもすまんね。まあブログは
論文と違うから、勘違いする事もあるだろうし、そうなら指摘すれば
いいだけだ。俺は間違い、勘違いは素直に受け入れてる。

>「この件では土木技術に問題があるわけではない」と言うことを、
>あなたは理解できない。

俺は「この件では(法令から見ると)土木技術に問題があるわけではない」
という事は理解しているし、首尾一貫そう主張している。

あなたは「この件では(合意形成の手続きから見ると)土木技術に問題がある」
という事を理解できていない。分かってないようだけどただの手続き論じゃない。問題があるんだよ。

>彼女の気分の問題にすぎない。
その捉え方は間違っている。公共事業における合意形成の手続きを軽視すべき
ではない。なぜなら、法令は順守すれば良いだけだが、合意形成は、まさに
人の気持ちの問題だから、人の気持ちを無視したり軽視すればこじれるのが
道理というもの。万一、築地市場協会が本来説明されていた工法と違う
という理由で移転拒否に回ったら、大事だよ?それを懸念してるんだよ。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160913/k10010683371000.html

無知な素人の戯言ですが。
Posted by D.Eng. at 2016年09月15日 14:49
エラーが面倒ですね。これからはhttp:// 抜きにしますね。

bit.ly/2cWvR4S に工法候補があるのですけれども、なにが採用されたかまでは分からない(JVから判断できるかも?)ので、リストの一番上を使いますね。

砂杭締固め工法 6,740円/m bit.ly/2cvhnFn
静的締固め固定改良工法 15,000円/m bit.ly/2d16opU (HCPというらしい? bit.ly/2cy0Cuw )
格子状固化工法は杭ではないので省きますね。

bit.ly/2cKnoOO に使用した基礎の種類や本数が書かれていますね。
4.5m×m単価×本数で1,645,560,000円、約16.5億円ですね。
コンクリートの箱がいくらなのかは分かりませんのでとりあえず0円とするとそのまま16.5億円として、 bit.ly/2cvizbN で「豊洲新市場の費用は全体で2015年3月の時点で5884億円となっております。」とあるので総事業費の0.28%くらい、なにか間違えて10倍でも2.8%ですね。

素人がネットで拾った数字で計算したので間違っていないはずはないと自分でも思いますね。でも全体からしたらごくわずかなんだろうなと言うのが正直な感想ですね。絶対額は小さくないのですけれども、オリンピック需要などでコストが高くなったりしたらあっという間に吹き飛んでしまうような額ではないでしょうかね。再入札での予定価格の上がり方を思い出すと気にしてもしょうがないと感じましたね。

とりあえずいつか専門家が積算してくれた数字が出たり、内訳明細が報道されない限りは、杭を短くしてコストダウンをしたというのはあまり気にされなくてもいいんじゃないでしょうかね。


>Posted by 管理人 at 2016年09月14日 08:00

PDFのこちらなどが参考になると思いますね。

>土壌汚染対策の工事の進め方
>6街区仮置場
>中央防波堤仮置場
>新規購入土
>他工事の発生土

>汚染土壌の処理フロー

森山高至さんがテレビで興味深いことを言っていたのが発端らしいですね。
>「1立方メートルあたり、このキューブの量で、1万円以上はするかなと。ざっとね、100万立方メートルぐらいの土が使われてない。それが、もし1万円だとすると、100億円分ぐらいのお金が、どっかにいってる」 bit.ly/2cfHHV7
住宅のような小規模でも1万円はしていないようですね。 bit.ly/2c9DtuQ bit.ly/2cGk3BU

こちらについては森山さんの発言を専門家の方が検証していただけるとありがたいですね。
Posted by もつ(仮) at 2016年09月15日 15:41
ここまでこじれさせておいてなんだが、管理人氏とは視点が
根本的に違うという事に今気が付いた。

最初に書いたとおり、自分は役所に近いところで技術者やってるから、
自然と事業者(東京都)側の視点から問題を捉えていたという事だ。

つまり、事業を遂行する立場から、何が問題で、どのような解決策
を取べきなのか、というところに視点があった訳だ。

一方、管理人氏は外(第三者的)からの視点で問題を捉えていたと。

これじゃ話がかみ合うわけがない。確かに外からみたら手続き論で
しかなくて、揚げ足とりばかりというのはまあその通りだからね。

また、「彼女の気分の問題にすぎない」という発言についても、
外からだとそう見えているのか、という事が良く理解できた。

でもね、法治国家である以上、手続きというのは重要で、形だけであれ、
実質が伴うものであれ、手続きを無視して国や自治体が動くという事は
ありえないんだよ。現実世界でもよど号事件くらいだよ。手続きを無視した
超法規的処置が行われたのは。

まあでも民間は関係ないと言われればその通りだから、まあ役所的な
ロジックに興味がなくて、公共事業のサポートに回るような仕事を
していなければ、俺の書き込みは無意味なものだから、無視してくれ。
Posted by D.Eng. at 2016年09月15日 17:25
 最後に  【 関連サイト 】 を加筆しました。
 本項の推測に否定的な見解を示す、業界人の概算。

 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2016年09月16日 19:46
>・ 杭 …… 穴を掘って打ち込む特別コストがかかる
>・ 柱 …… 地上作業なので特に特別コストはかからない

地下に構築したコンクリートの構造物(柱や地中梁を含む)をどうやって地上で作るんですか?
むしろ地下構造物を作らない方が根切り掘削の手間(残土処分を含む)、土留め支保工の構築が減るんですけどね。
Posted by たむそん at 2016年10月04日 18:35
> 地下に構築したコンクリートの構造物(柱や地中梁を含む)をどうやって地上で作るんですか?

 地上に柱をつくったあとで、まわりに盛り土をすると、その柱の位置は、地上階から地下階に変わります。
 完成したあとでそれを見た人が、「どうやって地下に柱を立てたんだろう? わざわざ土を掘ったんだろうか?」と不思議がる。
Posted by 管理人 at 2016年10月04日 19:11
> 地上に柱をつくったあとで、まわりに盛り土をすると、その柱の位置は、地上階から地下階に変わります。
>完成したあとでそれを見た人が、「どうやって地下に柱を立てたんだろう? わざわざ土を掘ったんだろうか?」と不思議がる。

低層系の住居地域で絶対高さ制限(10m、12m)がある場合、地階を設けて平均地盤面を上げて建物の高さを抑える場合に用いるケースはありますが豊洲市場の廻りの用途地域を調べると工業地域です。
つまり高さ制限は低層住居地域より緩いのでわざわざ地階を設ける必要はありません。
Posted by たむそん at 2016年10月08日 18:59
あほか役人が私腹肥やしてるのを
横領やピンハネはいけません〜で済んだら警察いらんわw
他所に住んでるから分からんだけで
その帳尻を自分の財布から出す羽目になっても
訓告で問題ないと言えるの?まずそれで浪費した額面を都に寄付してから言いなさい
Posted by   at 2017年06月18日 18:34
> 役人が私腹肥やしてる

 役人が私腹肥やしてるなら、汚職だし、懲戒免職でしょ。
 私腹肥やしてるという事実は見つかっていないはず。あなたが妄想しているだけ。

Posted by 管理人 at 2017年06月18日 18:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ