2016年09月05日

◆ 自動ブレーキ技術を踏切に

 自動車の自動ブレーキ技術を応用して、踏切にも同様の装置を付けるといい。そうすれば、踏切の衝突事故を防げる。

 ──

 鉄道の踏切に置かれた(動かなくなった)自転車に、電車が衝突した。そのせいで、そばにいた自転車の持ち主が死亡。
 《 電車がはねた自転車当たる=踏切付近で 》
 東京都豊島区南長崎の西武池袋線の踏切で、池袋行きの急行電車が自転車をはね飛ばし、近くにいた60代男性にぶつかった。男性は病院に搬送されたが、死亡した。
 男性は自転車に乗って踏切に進入し、脱輪したとみられる。線路上に転倒し、電車が接近したため、自転車を置いたまま線路から2〜3メートル退避したが、飛んできた自転車が直撃した。
( → 時事ドットコム

 ブーメラン……と言っては不謹慎か。 (^^);
 
 それはともかく、この手の事故は、容易に防ぐことができる。それには、自動車の自動ブレーキの技術を使えばいい。
 ミリ波レーダーが好ましいが、場合によっては、赤外線線レーダーを併用してもいい。どっちみちコストは格安だ。

 ここでは、レーダーは、電車に付けるのではなく、踏切に付ける。踏切の上に何らかの障害物があったら、電車は減速する。(そのために、「検知しました」という信号を電車に贈る必要がある。……と言っても、もともと ATC があるから、簡単だ。)
 なお、単眼式カメラは無効となる。カメラは固定されていて、動かないからだ。一方、ステレオカメラならば有効だが、システムが複雑で、過剰装備気味だ。「物があるかどうか」を検出するだけなら、ミリ波レーダーで足りるだろう。
( ※ 人間の検出には不向きだが、まさか踏切の上で立っていたり寝ていたりする人はいるまい。……自殺志願者ぐらいか。これはまた別問題だな。本項の範囲外。)
posted by 管理人 at 21:52| Comment(1) | 安全・事故 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありますよ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B8%8F%E5%88%87%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E7%89%A9%E6%A4%9C%E7%9F%A5%E8%A3%85%E7%BD%AE

この人、待避した後、緊急停止ボタン押したのかなぁ
Posted by PVtaro at 2016年09月07日 08:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ