2016年08月13日

◆ 内村航平の金メダル会見

 金メダルの会見のあとで、失礼な質問をした記者がいた。その詳細。

 ──

 あちこちで話題になっているが、もうちょっと詳しく調べてみた。
 まずは報道。
 体操男子個人総合で金、銀、銅メダルを獲得した3選手の記者会見が行われ、金メダルの内村航平に、海外の記者から「審判からかなり好意的に見られているのでは」と、優勝に“ケチ”をつける質問が飛んだ。内村は「全くそんなことは思わない。どんな選手にも公平にジャッジしてもらっている思う」と冷静に語った。
 一方、この質問に嫌悪感を示したのが銀メダルのオレグ・ベルニャエフだ。内村に続いて口を開き、「採点はフェアで神聖なもの。今のは無駄な質問だ」と強調。採点が内村に有利に働いた可能性を指摘した記者を一蹴した。
 またベルニャエフは、内村のことを「(体操界における)水泳のフェルプス(米国)のような存在。すでに伝説だ」と最大級の賛辞を贈った。
( → 産経ニュース

 「記者の国籍は?」と問う声が多く出ているが、特にわかっていないようだ。アジア圏を疑う人もいるが、質問の言語からして欧米系であるようだ。

 動画だと、これがある。




 欧米系の記事を探すと、これがある。 

The drama lifted again in the press conference, as one reporter stood to ask Uchimura if the judges had made their marks simply out of personal favoritism.

The Japanese star listened to the translation through his headphones, tilted his head and asked the man to repeat his question. The other reporters laughed nervously.
Kohei Uchimura
View photos
Japan’s Kohei Uchimura shows off his men’s all-around gold. (AP Photo)

“Your performance in the last event was very impressive,” the reporter said. “But you won by one tenth of a point. Don’t you have any doubt that this difference is too much? Don’t you feel you have sympathy from referees?”

It was an accusation draped in a question: Did the judges choose you because of your reputation?

“Have I been shown favor?” Uchimura replied, again through a translator. “Absolutely no. It would never happen.”

“There’s no such thing as judges liking a certain athlete or not,” he went on. “We just do our best as we are trying to achieve. We’re all human beings, we all have feelings. But they are professionals; there’s no room for personal feelings to come into that judgment.”

Now it was up to Verniaiev to respond. He could have raised hell. He could have made the case that he was robbed of the gold, and it could have been a credible case.

He didn’t go there.

“We all have feelings,” he said, “but we know the scores are fair. All the questions are superfluous here.”

[Related: Simone Biles “Brazilian” boyfriend enjoys spotlight]

It was a classy gesture by a defeated man, and it seemed a sincere one. He steered further away from the controversy and then added a layer of praise.

“Kohei in gymnastics is like Phelps in swimming,” he said. “We have our own Phelps.”

At that, the Japanese media applauded.

It was a bit of a strange scene: the pressing question, the applause and there was even a Ukrainian reporter who stood up to say Verniaiev was “our champion.”

In the end, though, few will remember what came after the athletes left the podium. Uchimura’s history is what everyone will remember.

“When it comes to the quantity of medals,” Verniaiev said, “he is a legend, he was already a legend.”

That much is beyond argument.
( → Controversy arises after Phelps of gymnastics wins men's all-around gold

 一方で、「ケチを付けるのは正しい」と主張する人もいる。
  → 内村選手に「失礼な質問」をしたって?いや、それは完全に逆です。
  → 内村航平選手を侮辱した記者を朝日新聞記者が絶賛して炎上 :ハムスター速報

 まあ、屁理屈をこねる人というのは、一定数はいるものだ。
 逆に、世界の大多数は、記者に批判的であるようだ。
 《 内村の高得点を擁護…銀メダル選手に絶賛の声 》
 記者会見で、内村航平(コナミスポーツ)を擁護する発言をした銀メダルのオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)に対し、世界各国から絶賛の声が寄せられている。
 ベルニャエフは「彼はキャリアの中でいつも高い得点を取ってきた。無駄な質問だ」と擁護した。
 ベルニャエフの写真・動画共有サービス「インスタグラム」には、「君こそ金メダルだ」「あなたを見ていて、とても誇りに思った」といった発言が寄せられ、その言語は英語、ウクライナ語、ロシア語、日本語など多岐にわたっている。
( → 読売新聞 2016-08-13



 【 関連サイト 】

 内村航平を称える記事。
  → Kohei Uchimura is the greatest gymnast of all time.
posted by 管理人 at 13:30| Comment(1) |  東京五輪・豊洲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体操はちょっと微妙に感じましたが、あからさまだったのが男子柔道の95キロ超級決勝ですかね?
リマール?シマール?でしたっけ、世界選手権何連覇だか知らないが、あれは柔道じゃないですね?勝負に徹した?笑わせないでほしいです。
なんですかあの逃げ腰は!
シドニーでの篠原の世紀の誤審もそうでしたが、今回もはっきり言ってフランス選手の反則負けに等しいと思います。審判のスキル低すぎ!
原沢はよくがんばった。次回の東京で文句なしの一本勝ちでフランスのなんとかという選手を倒してもらいたいと思います。
Posted by 菊池 at 2016年08月15日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ