2016年08月01日

◆ 東京の水害対策(荒川・江戸川)

 東京の水害対策はどうなっているか? どうするべきか?

 ──

 東京都知事に小池百合子が決まったので、「新知事に何を望むか?」というような記事も出た。そのなかで、「東京の水害対策を。特に荒川で」という話もあった。

 そこで思い出したが、この件は、前にも論じたことがある。昨年秋の鬼怒川の氾濫のあとで、東京近辺の氾濫を論じたシリーズだ。特に、次の項目が重要だ。
  → 東京水没のシナリオ
  → 東京の地下鉄駅の水没
  → 日本中の堤防が危険だ

 上記では、荒川や江戸川の氾濫による水害が具体的によそされている。とんでもない被害が生じそうだ。


edo-tonegawa.jpg
出典:東京建設業境界



 上記の記事を書いたときには、「堤防をきちんとやれ」というふうに示した。特に、「越流堤」という発想を示した。
  → 洪水防止の画期的な方法
  → 洪水対策の越流堤
 
 さらに、「遊水池」という発想も記した。
  → 堤防よりも遊水池

 この延長で、最近も、新横浜の遊水池を紹介した。
  → 新横浜の遊水地

 その関連で、遊水池が渇水対策になるとも示した。
  → 渇水と洪水にダム(利根川)

 以上は、過去記事の話だ。

 ──

 ここで、東京都の水害対策という話に戻る。
 「荒川と江戸川では、どうすればいいか?」

 この質問には、次のように答える。
 「前は、荒川と江戸川で堤防の対策をすればいいと述べたが、シリーズのあとの方では、越流堤と遊水池という案を示した。そこで、荒川と江戸川についても、越流堤と遊水池で対処すればいい。ちょうど、新横浜の遊水地と同様に」


 これでいい。残る問題は、具体策だ。つまり、土地の決定だ。遊水池を作るような広大な場所は、荒川と江戸川のそばに余っているか? 
 これを調べるには、Google マップを見ればいい。ちょっと調べたところ、川のそばには膨大な農地があるとわかった。特に一箇所でなく、あちこちにたくさんの農地がある。これらを遊水池にすれば、いくらでも遊水池を作れる。何も問題はない。

 具体的には、特に次の場所がお薦めだ。(とても広大な農地がある。)

 (1) 荒川の川沿い(さいたま市)





 (2) 江戸川の川沿い(利根川との分流点)





 上に二つの地図を示した。
 それぞれ、地図を縮小して、広い地域を表示すれば、「周辺には農地がいっぱいある」とわかる。だから、上記の場所に限らず、他にも遊水池の候補地はいっぱいあるとわかる。
 それらの土地を遊水池にして、渡良瀬遊水池みたいにすればいいのだ。
 そうすれば、莫大な堤防建設費を投入することなく、ごく安価に洪水回避ができる。しかも、そのことで、渇水対策にもなる。一石二鳥。
  → 渇水と洪水にダム(利根川)

 費用はごくわずかで、効果は最大だ。一石二鳥にもなっている。これこそ、ベストの策だろう。東京都知事は、この策を取るべきだ。

( ※ 都内における水害を防ぐには、都内で対策すればいいのではなく、埼玉県や千葉県で対策すればいいのだ。このことに気づくことがポイント。一種の発想の転換が必要だ。)



 [ 付記 ]
 本項では、東京都の水害について示したが、鬼怒川も同様だ。
 鬼怒川は、昨年は水害だったが、今年は逆にひどい渇水になっている。
 国土交通省下館河川事務所は27日、現在鬼怒川水系で行われている10%の取水制限を28日から20%に引き上げると発表した。20%の取水制限は1997年以来19年ぶり。
 同事務所によると、五十里、川俣、川治、湯西川ダムの鬼怒川水系上流4ダム合計の貯水率は27日現在、44%で平年比で57%にとどまる。
( → 下野新聞「SOON」

 水量は下記のグラフ。危機的と言える。

kinugawa-mizu.gif
出典:国土交通省 関東地方整備局



 鬼怒川は、去年は大量の水があふれて、「水が多すぎる」というありさまだった。一転して、今年は渇水で、「水が少なすぎる」というありさまだ。皮肉なことだ。
 しかし、この問題は、(渡良瀬遊水地のような)遊水池を作ることで、その貯水池としての機能で解決することができる。
  ・ 水が多いときには、遊水地に水を流す。
  ・ 水が足りないときには、貯水池の水を利用する。

 こうして、問題を回避できる。

 実際、渡良瀬遊水地のある利根川系は、その分、鬼怒川系よりも状況がマシだ。
  → 利根川水系のダムの貯水量 リアルタイム情報

 というわけで、鬼怒川系でも、遊水池を作ることで、「洪水回避」と「渇水対策」という二つが、同時に可能となる。しかも、とても少額で。

 一方、政府がやっているのは、超巨額を投入して、ほとんど効果がない、という方策だ。
  → 鬼怒川堤防工事 600億円は無駄
 これは無駄だ。
  ・鬼怒川の 洪水回避の機能はあっても、渇水対策にはならない。
  ・ 鬼怒川の洪水は回避できても、大量の水が江戸川に流れて、かえって被害拡大。


 小池都知事としては、「鬼怒川の新規堤防(上乗せ分)をすべてやめよ」と要求した方がいいだろう。鬼怒川領域で田んぼへの氾濫がなくなれば、その分、東京都の下町で多大な洪水が起こりかねない。被害は大幅に増加する。
 それだったら、鬼怒川で氾濫してくれた方が、東京としてはずっとありがたい。
 そして、鬼怒川自体で氾濫を防ぎたいのであれば、堤防という「先送り策」なんかを取らずに、「遊水地に水を流す」という方策をとるべきなのだ。
 政府はやるべきことを根本的に間違えている。小池都知事は、そのことを指摘するべきだ。
 東京都がなすべき水害対策とは、堤防工事でもないし、避難用のボートを用意することでもない。鬼怒川における堤防工事をやめさせることだ。それこそが東京都の水害対策として最重要なことだ。



 【 追記 】
 コメント欄で情報を得た。
  ・ 荒川にはすでに巨大な遊水地がある。
  ・ 利根川と江戸川の分流点は、遊水地には不適。


 なるほど。有益な情報だ。これを得て、次のように方針を修正したい。

 (1) 荒川については、すでに巨大な遊水地があるということなので、対策の優先度は下がる。この遊水地だけで足りるかどうか、という問題になるが、いずれにせよ、対策の優先度は下がる。当面は、荒川については対策しないでいいようだ。(いちおう安心していい、ということ。世間で大騒ぎしたら「心配するな」と告げればいい、ということ。)
 
 (2) 利根川については、上記の場所は不適なので、かわりに別のところに遊水地を定めればいいだろう。特に、次の2箇所が好ましい。
  ・ この分流点よりも上流の場所。(羽生市のあたり)
  ・ この分流点よりも下流の場所。(中央学院大のあたり)

 後者は、ざっと見たところ、「しばしば洪水が氾濫したせいで田畑になっている」というような感じだ。だから、そういう地点を遊水地にするといいだろう。
 以上のほか、江戸川の川沿いの土地にも遊水地を設置したいが、特にこれといって目立つ場所はなさそうだ。広域に田畑があるので、どこでもよさそうに見える。適当に決めていいだろう。

 なお、単に水を流すだけだと、地域一帯が氾濫してしまうので、遊水池を作るときには、川の堤防以外の場所を、新たな堤で囲む必要がある。  の字形に。( 上辺の部分は、あいているのではなくて、もともと川の堤防がある。かくて遊水地は   型になる。四辺を堤で囲まれる。)

 ──

 なお、渡良瀬遊水池(渡良瀬貯水池)の場合、地面を深く掘削して、貯める水量を増やしている。利根川や江戸川の川沿いでも、そうやって水を貯めると、夏の渇水対策がうまく行きそうだ。
 荒川の遊水地は、現状では水を貯めていないので、貯水機能はない。夏の渇水対策にはなっていない。底を掘って、貯水機能を付けるとよさそうだ。渡良瀬貯水池みたいに巨大な水面ができると、鳥も来るし、環境面でもメリットがある。

( ※ 掘削はお金がかかるので、深く掘るのはコスパが悪いが、浅く掘るのならば、何とかなる。掘ることで、十分な貯水機能ができるのなら、投じた金は無駄にはならない。)

posted by 管理人 at 22:08| Comment(2) |  地震・自然災害 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
荒川流域は、埼玉県吉見町と鴻巣市の糠田橋から、埼玉県と東京都の境にある笹目橋まで、最大幅2.5kmの巨大遊水地にすでになっています。

http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/blog-entry-6695.html

利根川と江戸川の分流点は、千葉県・茨城県側は台地なので、無理です。埼玉県側は、江戸川河川敷より低い低地なので、水が溢れると、幸手市から東京の江戸川区まで(カスリーン台風の水没地と同じ)水没します。

本当に危険なのは、鉄道の橋梁を通すため、堤防が低くなっている部分(京浜東北線・東北本線と京成線の上野方面)で、橋梁を持ち上げて、マトモな堤防にして欲しいです。
Posted by 王子のきつね at 2016年08月02日 13:46
↑ 情報ありがとうございます。これを受けて、
  最後に 【 追記 】 を加筆しました。

  タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2016年08月02日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ