2016年07月20日

◆ スマホ漬けの子供を救うには?

 子供がスマホ漬けになってしまった……という親の悩みがある。どうすればいい?  (漫画あり)

 ──

 まずは漫画で。



kids_oto_kutsu.png
「わーい! 今日から夏休みだ!」


bentou_ojisan.png
「よかったね。いっぱい遊べるね」


bg_kawara.jpg
「海や山でも 遊べるね」


smart_phone_boy.png
「違うよ。家で一日中、スマホをやるんだ」




   ※ 元ネタは、朝日新聞・夕刊 2016-07-20 の4コマ漫画





 子供がスマホ漬けになってしまった……という親の悩みがある。ネットにも、悩みの声があふれている。
  → 子供がスマホ漬けに - Google 検索

 では、解決策は? この手の人生相談では、朝日の人生相談コラムがある。しばしば名回答が出る。
  → (悩みのるつぼ)息子がスマホから離れない

 ここで質問者の声を見る。
 息子は……高校入学後、友達からの連絡はスマホが必須と頼み込まれて切り替えたところ、学業に差し障りのない限りで、という条件を守っていたのは最初の3日間だけ。学校から帰宅直後から、休日は朝からイヤホンを耳にさしたままスマホゲームに没頭する日々が続く有り様。
 私が注意すると暴力行為に走ることもしばしばです。そんな息子の行動・態度に堪忍袋の緒が切れ、購入して1カ月もたたないスマホを夫が折ってしまいました。
 しかし息子は「なぜ両親がこんなことをしたのか」について理解しようともしません。今後まともに社会人として成長していけるのか、心配です。

 このあと、回答が出るが、全然ダメな回答だ。何の解決にもなっていない。読むだけ、時間の無駄。

 ──

 そこで、困ったときの Openブログ。名案を出そう。こうだ。
 「スマホを管理するアプリを使って、スマホの使用時間を親が管理する」

 この手のアプリは、「ペアレンタルコントロール用アプリ」と呼ばれる。
  → ペアレンタルコントロール用アプリ - Google 検索
  → Android利用時間の制限アプリ 4選―ペアレンタルコントロール用アプリの保護

 ただし、この手のアプリを使って、うまく行かなかったという失敗例もある。
  → Androidでのペアレンタルコントロールはウチでは実質無意味になってしまった

 一方、セキュリティソフトに内蔵されている、同等の機能を使う、という方法もある。
  → セキュリティソフトのペアレンタルコントロールの比較
 有害サイトをブロックするフィルター機能のほか、スマホの使用時間も詳細に設定できる。(制限できる。)
 私としては、この方式がお薦めだ。

 ──

 ちなみに、so-net で nuro 光 という光回線を申し込むと、kaspersky が無料で利用できる。(無料というより、込み料金だが、とにかく、追加料金は発生しない。)
 で、この機能を使えば、スマホの使い方を制限できるわけだ。
( ※ 保護者に管理者権限みたいなものが付くわけだ。もちろん、パスワードで保護されるから、子供は操作できない。)

 いろいろと設定することが必要なので、「馬鹿でもできる」というほど簡単ではないが、別に、パソコンやコンピュータの知識が必要なわけでもないから、頭のいい親ならば誰でも利用できるだろう。これがお薦めだ。
( ※ nuro 光の利用者ならば無料だし。)
( ※ 他の利用者は、kaspersky や norton などを使うのと同時に使えば、特に追加費用は発生しない。)

 なお、利用台数は、「1ライセンスごとに5台」だ。( kaspersky の場合。)
 したがって、PC2台とモバイル(スマホ)3台、というような感じで、5台までを1ライセンスで使える。普通はこれで十分だろう。

posted by 管理人 at 20:00| Comment(0) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ