2016年05月26日

◆ 光回線で速度が遅いときは 1

 光回線で速度が遅いときは、どうする?

   ※  【 追記 】 を加筆しました。

 ──

 どうするか? まずは、親機のすぐそばでチェックする。スマホや iPad でチェックしてもいい。
  → 速度チェック ( iPad , iPhone 用)

 これで 50Mbps ぐらい出ていれば、回線には問題がないとわかる。

 ──

 ここで注意。電波は、スマホならば、A と G の2種類を選択できることが多い。
 A は、11a という規格を意味して、 5.2GHz帯の周波数を使う。他の無線 LAN との混信が起こりにくく、高速で通信しやすい。ただし、減衰が大きいので、遠距離や、遮蔽物がある状態には、向いていない。
 G は、11g という規格を意味して、 2.4GHz帯の周波数を使う。他の無線 LAN との混信が起こりやすく、高速で通信しにくい。ただし、減衰が小さいいので、遠距離や、遮蔽物がある状態には、向いている。

 パソコンだと、A と G の選択はできないのが普通で、 G だけを使える。ただし実際に使う規格は、より高速化した 11n となるようだ。

 ──

 で、親機のそばで A を使うと、たいていは正常の速度だ。
 一方、親機から離れたところで使うと、A であっても G (つまり n )であっても、速度はかなり落ちることが多い。特に、昼間は、電波利用者が多く、速度が落ちることが多いようだ。一方、深夜帯になると、電波利用者が少なく、速度が上がることが多いようだ。

 ──

 では、親機から離れたところでパソコンを使うときは、どうするか? 
 これについては、ネットにいろいろと案内がある。
  ・ 親機にアンテナを付ける。
  ・ 親機の後ろに、アルミ箔で自作パラボラアンテナを設置する。
  ・ 中継器を使う。(親機 → 中継器 → 子機)


 ただし、いずれも簡単ではないようだ。コストも安いとは言えないことが多い。(アルミ箔以外は。)

 ──

 そこで、私が思いついたことがある。名案ふうだ。
 「 USB 延長ケーブルを使って、パソコンの子機につなげる。子機をパソコンよりも親機に近いところに移動する」


 親機に近いところ(しかも電波状態が良いところ)に子機を設置して、子機とパソコンとを USB 延長ケーブルで有線接続する。このことで、ケーブルの長さの分だけ、親機に近づけるから、電波状態が良くなる。(途中に障害物がある場合には、障害物を避けることもできる。)



USB2.0延長ケーブル 3m


 これなら、値段も激安だし、設置も超簡単だ。
 これでうまく行くかどうかは、各人の環境しだいだろうが、コストはきわめて低いので、「少しでも効果があれば」というつもりでやっても、悪くはないだろう。200円ぐらいだし、300円分の効果があれば儲けもの、というつもりでやると、よさそうだ。
 

 ※ 長さが5メートルのものもある。(値段は高い。)
    → ELECOM USB2.0延長ケーブル 5m
 


 【 追記 】
 延長コードを使ったところ、状況が劇的に改善した。
 これまでは、回線の速度は、たまに 18 Mbps が出るが、普段はよくて 5 Mbps で、悪いと 0 Mbps となってつながらない事態が頻発していた。
 ここまで状況が悪化すると、電波状況が疑わしい。他人の電波が「非常に強い」となっていて、私の親機の電波はかすれがちだったと見なせる。その理由は、隣家の親機がすぐそばにあることだろう。(室内を見たわけではないが、隣家の建物はすぐそばにある。)
 そこで、「隣家の親機による電波から遠ざける」(私の子機を隣家から離す」という方針を取った。3メートルの延長コードで、2メートルぐらい移動した。
 その結果は、めざましくて、30〜50 Mbps が安定して出るようになった。つながらなくなるケースは皆無となった。
 やはり、隣家の電波が近くにあるのがまずかったようだ。

( ※ なお、この状況では、アルミ箔を付けても付けなくても、結果は同じ。近所にある妨害電波から離すということが決定的に重要であるようだ。)

 [ 付記 ]
 ついでだが、上で紹介した延長コードは、非常にお買い得だ。とても高品質である。これが 218円で買えるなんて、嘘みたい。
 念のため、Google の「ショッピング」で検索してみたら、500〜800円ぐらいで売っていることが多い。このくらいの価格が妥当だと思える。コードや部品にはそれだけのコストがかかっていると思えるからだ。
 Amazon で売っているのは、質流れか何かで、大幅に原価割れになっていると思える。特に必要がない場合でも、ついでに買っておくと、あとで役立ちそうだ。将来、「必要だな」と思ったときに買いたくても、今の値段では買えないと思う。

posted by 管理人 at 22:26| Comment(1) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電子レンジの漏れ電波もWiFiに影響したと思いますので、その辺もアルミホイルで対策できそうですね。
Posted by 京都の人 at 2016年05月30日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ