2016年05月26日

◆ カスペルスキーで Firefox が使えなくなる 2

 前項 の続き。

 ──

 前項では、カスペルスキーのせいで Firefox が使えなくなる(サイトがブロックされて表示されない)という問題の解決策を示した。
 さらに別の問題が発生して、より根源的な対策が悪ので、完結編として示す。

 前項の方法で問題を解決しても、まだ問題が残る。
 「 Google の検索結果で、キャッシュページが開けない」
 「Google の検索結果で、勝手に  マークが入り、重たくなる」

 この問題が起こるのは、Firefox に カスペルスキーのアドオンが組み込まれるからだ。
 そこで、このアドオンを Firefox から、取り外せばいい。ところが、どういうわけか、取り外せない。アドオンを「無効」に設定しても、無効にならない。「削除」の設定をしようとしても、削除のボタンがない。(このアドオンに限った現象。)

 これは、カスペルスキーのソフト自体が勝手に設定しているのだと見当を付けて、調べてみたら、わかった。下記ページで解説されている。
  → カスペルスキーのブラウザ用アドオンを無効にする方法

 ここに示された方法で、設定を解除すれば、カスペルスキーの Firefox用アドオンを無効にすることができる。だから、そうすればいい。

 ただし、一つだけ注意点がある。
 上記のページの設定方法は、2014年ごろのバージョンだ。現在は 2016年のバージョンで、設定方法が少し異なる。

 カスペルスキーのソフトを起動したあと、一番最初のところで、目的の項目(設定)が、なぜか見つからない。どうする? 
 実は、その項目は、左下の歯車アイコンに隠されている。


kaspe-2.png


 ここをクリックしたあと、
 「プロテクション」→「ウェブ保護」→「詳細設定」→「カスペルスキープラグイン」

 で、チェック()をはずせばいい。

 おしまい。
 
posted by 管理人 at 19:04| Comment(0) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ