2016年05月24日

◆ レーダーミサイルを開発せよ

 前項 の続き。レーダー機能をもつミサイルを開発するといい。

 ──

 前項では、「無人ステルス偵察機」という案を示した。これをさらに発展させて、ミサイルが偵察機能をもつようにするといい。
 なぜか? 無人ステルス偵察機は、レーダーを発信できない。レーダーを発信すれば、自分の位置を相手に知られてしまうからだ。相手に知られると、撃墜される。
 そこで、相手に撃墜されることを覚悟で、使い捨てのレーダーミサイルを開発するといい。このレーダーミサイルが電波を発信して、敵機の位置を知って、その情報を味方に伝える。その後、敵機はこのレーダーミサイルを探知して、レーダーミサイルは撃墜される。しかし、そのころはどっちみち、燃料切れになっているし、ただの使い捨てだから、レーダーミサイルが撃墜されても問題ない。

 このレーダーミサイルは、「使い捨ての無人ステルス偵察機」をさらに極端にしたものだ。目的を単純化して、単機能にして、コストを激安にする。使い捨てだから、危険な任務を与えることができる。

 運用としては、無人ステルス偵察機が、複数のレーダーミサイルを搭載して、敵機に近づいたら、レーダーミサイルを発射する。そのことで、敵のステルス戦闘機を発見する。
( ※ ステルス機は、見えないのではなく、見えにくいだけだ。そばで強力なレーダー電波を発信すれば、見えてしまうものだ。ただ、そのためには、近づく必要がある。)

 ──

 なお、組み合わせるべき技術として、「バイスタティック・レーダー」というものもある。これについては説明を割愛するので、リンク先を見てほしい。
  → バイスタティック・レーダー - Wikipedia

 
posted by 管理人 at 23:58| Comment(1) |  戦争・軍備 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いまのところ有人ですね、AEWで数をAWACSで時間と指揮で分けてるかな
AEWは技術が確立したらUAVに移行するんでしょうかね、小型AEWでSTOLならDDH運用も夢ではないかも
Posted by 伊織夜 at 2016年05月25日 02:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ