2016年04月25日

◆ 熊本地震の家屋倒壊率

 熊本地震の家屋の倒壊率は、どのくらいか? データが出た。

 ──

 先に述べた応急危険度判定の結果が出たので、紹介する。(記事の一部抜粋)
 応急危険度判定では建築士の資格を持ち、各都道府県に登録した判定士が、建物の状況に応じて「危険(赤)」「要注意(黄)」「調査済み(緑)」と表示する。余震による建物周辺での二次被害を防ぐことが目的だ。
 のべ約1200人の判定士が15〜23日、熊本市5041件▽益城町5162件▽西原村567件▽御船町236件▽菊陽町52件▽宇土市86件▽南阿蘇村156件――の計1万1300件を調査。4062件(35%)が赤と判定された。
 「赤」の割合が最も高かったのは西原村392件(69%)。南阿蘇村86件(55%)、御船町117件(49%)と続き、益城町は2515件(48%)だった。
 熊本、大分両県によると、住宅被害は24日現在、計約1万1千棟にのぼり、約6万人が避難生活を送っている。
( → 朝日新聞 2016-04-25

 実数による報道もある。
 国交省によると、1万1300棟の市町村別の内訳は、益城町5162棟(うち危険2515棟)▽熊本市5041棟(同925棟)▽宇土市86棟(同7棟)▽菊陽町52棟(同20棟)▽西原村567棟(同392棟)▽南阿蘇村156棟(同86棟)▽御船町236棟(同117棟)……となっている。
( → 毎日新聞 2016年4月24日 

 ここで、倒壊率が高い地域は、断層帯(活断層)の上に乗っている地域だ、とわかる。この件は、前項の地図を参照。

posted by 管理人 at 23:56| Comment(0) |  震災(東北・熊本) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ