2016年04月20日

◆ 九州自動車道の不通

 九州自動車道が不通になっている。では、どうやって疎開するか?

 ──

 「高速道路を使えば、疎開先からの通勤に便利だ」と思っていたが、そうでもないようだ。というのは、高速道路が不通になっているからだ。
 九州自動車道は、九州を縦断する高速道路だが、これの一部が不通になっている。特に、重大な被災箇所がある。
 《 九州道、復旧に時間…二つの橋で数十カ所損傷 》
 14日から地震が続く熊本県益城町と熊本市東区にある九州自動車道の二つの橋で、橋桁と橋脚の間に取り付けられた「支承(ししょう)」と呼ばれる重要部品の大半が破損していることが、九州大大学院の梶田幸秀准教授(地震工学)の現地調査などで分かった。損傷は数十カ所に上る。復旧工事は長期化が予想され、被災地に大きな影響を与えそうだ。
 問題の橋は、14日に震度7を観測した益城町の益城熊本空港インターチェンジと嘉島(かしま)ジャンクションの間にある秋津川橋(121メートル)と木山川橋(867メートル)。
( → 熊本地震: - 毎日新聞



 秋津川と木山川に橋がかかっている。これらの橋が使えなくなっているそうだ。復旧にはかなり時間がかかるという。

 また、高速道路の上に架かった陸橋が崩落して、そのガレキのせいで通行止めになっている箇所もある。同じ記事の写真で示されている。
  → 九州自動車道に崩れ落ちた橋の撤去作業が進む現場=熊本県甲佐町
 場所はここだ。



 ここは、(陸橋の)落下したガレキを片付けるだけで済みそうなので、まだマシだ。
 一方、二つの橋の方は、復旧にはかなりの時間がかかるそうだ。
 とすると、「高速道路で通勤」という方針は成立しなくなる。

 ──

 では、どうする? 高速道路が不通になったら、いったいどこへ疎開すればいい?
 ここで、困ったときの Openブログ。頭を働かせると、こう結論できる。
 「上の不通箇所は、いずれも、ほぼ一定範囲だけだ。だから、そこを経由しない形で、北方向または南方向への高速道路を伝って疎開すればいい」


         ↑
         |
          不通箇所
         |
         ↓


 不通箇所は、ほぼ1箇所だ。(二つの橋および落下した陸橋のある箇所。)
 そこより北に住んでいるなら、北方向に疎開すればいい。
 そこより南に住んでいるなら、南方向に疎開すればいい。
 こうすれば、不通箇所を経由しないで、別の土地に疎開できる。

 たとえば、前項で示したグランメッセ熊本の場合は、二つの橋の部分よりも北なので、グランメッセ熊本にいる人は、北方向に移るといい。(現時点では、このあたりの高速道路はまだ開通していないが。)

 調べてみると、現時点では、大部分の箇所が不通になっている。とはいえ、大部分は道路陥没などだけだから、次々と復旧しているようだ。
  → 4月14日 九州地方地震による通行止め・災害状況等について(第4報)
  → 4月14日及び16日 九州地方地震による通行止め・災害状況等について(第11報)

 長期化しそうな不通の箇所は、冒頭に示した二つの橋の部分だけだ。だから、「この部分を通らない形で疎開せよ」というのが結論となる。

 ただ、北方向では、福岡や北九州などで、支援策が充実している。自宅へ戻る回数が少ないのであれば、南側に住んでいる人も、北方向へ疎開するのがいいだろう。高速道路は使えなくとも、一般道路は使えるので、まったく不通だというわけではないからだ。交通の便よりも、生活の便を考えるなら、北方向への疎開もいいだろう。
 あとは、各人の家庭の事情しだいだ。



 【 関連サイト 】
 現状での道路の開通状態は、下記でわかる。
  → トヨタ「通れた道マップ」
  → ホンダ「インターナビ 通行実績情報マップ」

 植木インター以北と、八代JCT以南は、開通している。その中間は、不通だ。

 代わりのルート(道路)を知るには、上記の図を見てもいいが、Google マップのルート検索が手っ取り早い。最短経路を教えてくれる。
 不通の経路は、うまく避けてくれるので、不通の高速道路を自動的にはずして、通れる経路を教えてくれる。
( ※ ただし実際に不通か開通かは、リアルタイムデータをもっている上記の自動車会社の地図の方が性格だろう。Google がどこから情報を得ているかというと……たぶん道路公団からだろう。とすれば、不通の一般道路については、情報がないはずだ。)
 
posted by 管理人 at 19:51| Comment(1) |  震災(東北・熊本) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 九州自動車道は、29日に全面開通するという。
 以下、引用。

  ̄ ̄
 植木IC―嘉島JCT間について、29日から、速度規制を実施しながら一般交通に開放すると発表。これで、地震発生以来寸断されていた九州の大動脈、九州道は全通する。

 → http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/241998
Posted by 管理人 at 2016年04月28日 15:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ