2016年04月17日

◆ ADSL(ACCA)の廃止

 ADSL(ACCA)の廃止が進行している。その注意点を記す。

 ──

 ADSL(ACCA)の廃止が進行している。 So-net や OCN などだ。
  → ADSL(ACCA)の廃止 - Google 検索

 ソフトバンク系の ACCA という ADSL 接続の会社が事業停止したので、ACCA 系のサービスを提供しているプロバイダが「 ADSL のサービスを終えます」とユーザーに通知している。
  → 「So-net ADSL (ACCA)」サービス提供終了のお知らせ

 その後の対応は、次の二者択一だ。
  ・ ADSL(eA) へ移行する
  ・ 光回線へ移行する


 前者は、価格は変わらない。
 後者は、光回線になるのにともなって、料金が 5000円程度(ただしキャンペーン割引あり)に変更される。
 では、どちらにするべきか? 

 ──

 一見したところ、後者の方がずっと高価格に見える。しかし、ここには勘違いがある。
 実際には、ADSL と光回線は、ほとんど価格は変わらないのだ。(光回線の方が安くなることもある。)
 なぜか? 次のことが理由だ。
 「光回線にすると、固定電話(電話回線)の接続料が大幅に安くなる」

 通常、ADSL 回線を使っている家庭は、固定電話(電話回線)も使っている。その場合、固定電話(電話回線)の接続料を取られる。料金は、基本料金 1600円と、通話ごとの接続料だ。昔ならば「市内 3分 10円、市外は超高額」というふうになっていた料金だ。通常、毎月 1000〜3000円ぐらいは払っていそうだ。(特に高齢者がいて、固定電話を使っている家庭。)
 この場合、月に数千円も固定電話の通話料を払っていたことになる。
 それが、光回線になると、大幅に下がる。基本料は月 1600円から 月 500円に下がる。毎度の通話料も、大幅に下がる。
  → NURO 光でんわ
 通話料金は大幅に下がり、しかも、無料通話の範囲がかなり広い。特に So-net の場合、ソフトバンク系のスマホ(ケータイ)では、登録した相手に対して無料通話ができる。(恋人や友人や家族が対象となる。)

 というわけで、固定電話を使っている家庭(高齢者のいる家庭)では、光回線にすると、料金の全体はかなり安くなるわけだ。

 なお、どうして安くなるかというと、IP電話を使うからだ。IP電話をすでに使っている家庭なら、話は異なる。
 IP電話は、以前は頭に 050 を付ける必要があったので不便だったが、今では 頭に 050 を付けなくてもいいようになった。普通の固定電話と同じように扱える。だから、特に不便だということもない。

 ──

 ADSL を光回線にすると、もちろん、回線速度は大幅に向上する。実際には、宣伝文句の値が実際に出るわけではなくて、実測すると、かなり低めの値となる。どうしてかというと、回線がいくら速くても、データを送るサーバーが遅いことがあるからだ。
 とはいえ、映画などの動画を見るときは、回線が速いことに越したことはないだろう。
( ※ 実は、現在のネット動画の映画は、ADSL 回線でも十分に高精度[フルハイビジョン]で見ることができる。だから、ADSL 回線から光回線に変えたからといって、ネットで見る映画の画質が向上するわけではあるまい。……とはいえ、一部の AV 動画などでは、ADSL だと遅いこともあるようだ。)

 ──

 結論。

 ADSL をいまだに使っているのは、高齢者のいる家庭だろう。昔からの固定電話の回線を(というよりその番号を)捨てられないわけだ。
 こういう家庭では、その固定電話の番号を維持したまま、光回線に変えることが好ましい。料金は、同程度か、または、安くなる。インターネットの料金は大幅に上昇するが、固定電話の通話料が大幅に下落するから、差し引きして、大差ないのだ。あるいは、かえって安くなるのだ。その一方で、通話のデジタル化や高速度化によるメリットを、たくさん享受できる。
 デメリットはほとんどなく、メリットがかなりある。それゆえ、ADSL から光回線に乗り換える方がいいだろう。
 なお、固定電話の番号がそのまま使えるサービスを忘れずに。これは月 500円のオプションだ。

 [ 付記 ]
 一つ、注意すべきことがある。
 ADSL に比べて、光回線は高速なので、古い無線 LAN を最新の無線 LAN に買い換えるべきだ、ということだ。こうしてこそ、高速化のメリットを扱える。
 また、古い ADSL の機械は、そろそろ寿命が近づいているはずなので、さっさと新しい機械に買い換えた方がいい。
 無線 LAN の親機と子機については、いろいろと話があるが、「親機を二台接続して、家のなかの遠くの方まで電波をリレーする(伝達する)」という方式も可能だ。コンクリ製の広い家に住んでいる場合には、有益な方式だ。
 一方、マンションなどでは、中央付近に親機を置くのが常道だ。
 親機(ルーター)の性能は、昔に比べて大幅に向上している。子機もそうだ。
  → 親機(ルーター) - Google 検索

 
 《 訂正 》

 nuro の場合、ルーターはレンタルだった。
 ADSL のときは、1万円以上の金を払って、自分でルーターを買ったのだが、光回線の場合には、その必要がない。買わなくても、月額料金に含まれていることになる。
 けっこうお得ですね。あわててルーターを買わないでよかった。



 【 関連サイト 】

 So-net の光回線。NURO という名前。
  → NURO 光 入会キャンペーン | NURO 光
 ネットで申し込むと12カ月 2980円。4月限定。
 無料設定サポート(ブロードバンド接続パック)がある。上記ページのリンク先で確認できる。

 ──

 参考情報。
  → NURO光(ニューロ光)の評判と知っておくべき5つの注意点



 [ 蛇足 ]
 ルーターを交換すると、いろいろ面倒なので、機械を買ったあとは、無料のサービスマンにやってもらうのが楽だ。(あらかじめ無料サービスを確認のこと。無料設置サービスは「ブロードバンド接続パック」という。

 ……と思ったが、必要なかった。下記。

 《 訂正 》

 無料設定サポート(ブロードバンド接続パック)は、必要なかった。WindowsXP のときは手間がかかったが、Windows 7 だと、配線以外はすべて自動化されていた。コードの端末を端子に差し込んで、あとはちょこちょこっとパソコンをいじるだけで、簡単に終わった。素人の女性でも簡単にできる。手助け不要だね。



 勧誘電話は断った方がいい。第三者の代理店によるものが多くて、詐欺的なものが多いからだ。
 かわりに、ちゃんと So-net などのプロバイダのページ行って、正式な形で契約するといい。これなら、詐欺には遭わない。(万一の場合にも、解約できる。)
 
 インチキ業者の話は、下記に記す。

 ──

  ※ 以下は、読む必要はありません。


     一つだけ、注意点がある。プロバイダのホームページに行って、既存ユーザー向けのキャンペーンを適用してもらうことだ。これによって、機械の設置サービスなどを無料にしてもらった上で、料金の大幅割引を受けることができる。
     
     So-net の場合は、下記だ。
     ……と思ったが、間違いだった。
      → キャンペーン | NURO 光 お申し込みサイト

     なんか、今、ものすごい激安キャンペーンをやっている。二日前に見たときには、こんな激安キャンペーンはやっていなかったのだが。
     期間限定、3日間限り。先着 30名限り。 So-net ユーザーが対象らしいが、その点は不明。

     ※ よく見たら、キャッシュバックが最大8万円というのは、紹介者が多数いる場合に限られる。どうも、適用条件がいろいろとあって、実際にもらえるキャッシュバックは、少しだけらしい。誇大宣伝。だまされた。……実際には、1万円ぐらいお得なだけかも。あまりうまい話ではないかも。
     ま、どっちみち光回線に入るのであれば、どのキャンペーンによって入るにしても、大差はないのかもね。キャンペーンは、乗り換えも可能かも。


     これは So-net のページではない。別会社のページだ。
     お間違えなく! かなり詐欺っぽい。
     

     【 追記・訂正 】
     上記の So-net の限定キャンペーンは、かえって割高みたいだ。
     ユーザー限定キャンペーンの方が割安のようだ。
     私はどうも、きちんと金額を調べたわけではないので、はっきりとしていない。キャンペーンがいっぱいあって、どれを選べばいいのかわかりにくいので、各人が自分の責任で調べてほしい。

     なお、キャンペーンつきで申し込んでも、電話で連絡がかかったときには、キャンペーンの説明がないことがある。よく注意した方がいい。キャンペーンなしの価格で契約をつかまされては、とんでもないことになる。
     あと、「説明するだけ」というはずで電話がかかってくるのだが、いつのまにか正式契約する形になってしまうようだ。
     


 
posted by 管理人 at 23:59| Comment(5) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
停電しても、従来のメタル線だと電話ができるというメリットがかろうじて残っていますね。

電話局から距離が近い私の家では、枯れきって利用者が激減しているADSL交換装置経由の回線のほうがガラガラに空いているので、現在の混みあった光回線よりスピードが出てたりします。

電話加入権をそのまま巻き上げられて放棄させられたとならないようにささやかな抵抗として、よほどスピード低下しない限りは使い続けようと思ってます(^^)
Posted by きみたか at 2016年04月18日 10:58
私も前の方の最後の行と同じ考えです。

ぜひNTTの電話加入権詐欺について書いてもらえたらと思います。民営化した時に少額でもNTT株として返却すべきでしょう?
Posted by ぱらすぽ at 2016年04月18日 23:06
 電話加入権は、自動的に価値がなくなっちゃったんですよね。時代の変化というもので、仕方ないと思うしかない。
 もはやすでに価値がないものだから、使い続けると、かえって損をしそうだ。比喩的に言うと、価値のなくなったポンコツ自動車を使い続けるせいで、燃費と修理費が莫大にかかって、かえって損をするようなもの。価値のなくなったものは、早く手放した方がかえって得をする。

 「損切り」という概念を知らなかったシャープの株主は、300円ぐらいになったときに売る決断ができず、今となってはシャープの株は 132円程度。ある程度の損を覚悟できなかったせいで、最終的には大損することになった。
Posted by 管理人 at 2016年04月18日 23:47
 本文で記したキャンペーンは別会社なので、取り消し線で取り消しました。
Posted by 管理人 at 2016年04月19日 01:42
マンションの場合、ADSLの方が早い場合が結構ある。
ご存知と思うが、光回線といっても、マンション全体で1本か2本のファイバーがMDFに入っており、それを各住居で共用している場合が多く、夜は遅い遅い。
(各部屋に直接ファイバー引いてマンションタイプでは無い光接続できるマンションは少ないよ。)
なので、この場合、実はADSLの方が安定した速度が出る場合があります。
それを知っていたので、あえてADSLにしています。
収容局からも1km以内だし、損失も10dbと良い環境なので、周りの住戸の光の人よりずっと速いですよ。20時から24時の間でも最低で20Mbpsの下り速度があります。レイテンシが悪いのはしょうがないですが、私はゲームはしないので満足です。
ADSLだからって情弱扱いは悲しいです。
Posted by バスケスオ at 2017年03月16日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ