2016年04月02日

◆ 保育園の口コミ(評判)

 保育園の口コミ(評判)を知るためのサイトがある。

 ──

 保育園の情報を知りたければ、そのための評判をネットで探せばいい。そういうサイトは、すでにある。下記がそうだ。
  → 保育園の口コミ

 サイトは、教育に関心のある母親向けの一部門だ。このサイトは、保育園に限ったことではなく、いろいろと情報があるのだが、そのうちの一部で、保育園の口コミが提供されている。(ベネッセのサイト。)

 ──

 たとえば、キャンセル料がとても高額だ、という情報を得たら、ここに書き込むといいだろう。そうすれば、その保育園が悪徳保育園だとわかる。前項参照。
  → 保育園のキャンセル料

 これでおしまい。(前項)



 [ 付記 ]
 話が物足りない……という人向けに、書き足しておく。

 ついでに認可保育園の状況を調べてみたが、順番待ちが大量にあるのは、ゼロ歳児に限られる。ここにやたらと順番待ちが発生している。
 とすれば、ゼロ歳児を自宅保育に誘導すれば、現在の保育所不足は大幅に解消しそうだ、とわかる。せめて誕生後の半年間ぐらいは、自宅保育を原則とするといいだろう。
 で、そのためには、自宅保育の母親に給付金を支出すればいいのだ。

 具体的には、次の二つのセットが好ましい。
  ・ 全員に一律で出産給付金を払う。(月 15万円)
  ・ 保育園については補助金をなくして、高額の保育料とする。( 20〜25万円程度)


 この二つをセットで実施したあと、次のどちらかを母親に選択してもらえばいい。
  ・ 15万円をもらって、自分で保育する。
  ・ 20〜25万円で保育園へ。(15万円に自分の 5〜 10万円を足す。)


 前者を取る人がたくさん出るだろう。全員ではなくとも、おおざっぱに半分ぐらいはそうなる。となると、保育園の入所希望者が減るので、倍率が下がり、入所希望者は全員が入所可能となる。
 
posted by 管理人 at 15:39| Comment(5) | 一般(雑学)3 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
0歳児一人当たりにかかる保育コストは40万超と言われていますからね。
自分で育てて貰えれば0歳児にかかる養育費は月に5万もあれば足りるはずなので、無駄にコストをかけている事になっています。

月に15万の支給があれば103万の扶養範囲内で働くパート主婦などは、確実に自宅保育を選択するでしょう。
少子化の主な要因は経済的不安ですから、少子化対策にも効果がありそうです。
Posted by BAK at 2016年04月04日 18:11
自宅保育する場合月に15万円は母親の労働の対価(保育士の仕事と同等の仕事した故に支払われる対価)なので、年収で103万円は確実に超えて扶養からは外れるでしょう。そうでないと同じ子育てをしているのに母親であれば無税、保育士であれば税金を取られるとなり不公平です。
Posted by at 2016年04月09日 06:44
 前にも述べたけど、月15万円は無税扱いです。当然、「年収で103万円は確実に超えて扶養からは外れる」ことはありません。

> 同じ子育てをしているのに母親であれば無税、保育士であれば税金を取られるとなり不公平です。

 まず、「同じ子育て」ではありません。保育士ならば、週5日で8時間労働ですが、母親は週7日で 24時間労働です。(夜中も赤ん坊が泣けば起きて面倒を見ます。)
 所得は、労働に見合うなら、母親は保育士の4倍をもらって当然ですが、実際には、保育士の半分程度です。(保育士の平均は年収310万円程度。)
 したがって、公平にしたければ、「母親には年収400万円にして、課税する」というふうにするべきでしょう。しかしながら、大金を払って課税しても、かえって国の支出は増えてしまいます。何やっているんだか。
 だったら、最初から少額にして、無税扱いにする方が、支出は少なくて済みます。
 そもそも、「少なめに支出して無税扱いにする」のと、「多めに支出して課税する」のとでは、どっちも同じことです。夫の所得によっていくらか差が付きますが、本質的ではない。どっちでもいいでしょう。むしろ、下手に「保育士と公平にする」なんて言い出したら、保育士の給与向上にともなって、月 15万円の4倍でなく5倍ぐらい払う必要が出てくる。ヤブヘビじゃない?
Posted by 管理人 at 2016年04月09日 07:20
んじゃ結局は労働の対価として母親に15万払うのではなく、単なる福祉補助金を支出するということですね。納得しました。
Posted by at 2016年04月09日 23:20
> 労働の対価として母親に15万払うのではなく、

そうです。労働の対価だったら、最賃法が適用されるので、とてもこの金額にはなりません。
また、そもそも本当の労働ではありません。なぜなら、その労働によって利益を得るのは、自分自身(または赤ん坊)だからです。赤ん坊が母親に賃金を払うのなら労働だけど、そうではない。

> 単なる福祉補助金を支出する

基本は福祉ですが、「単なる」というところが違う。「労働に似たこと(育児)をする」から、払う。対価として払うわけではないが、対価みたいな要素もいくらかはある。ただの贈与とは違う。この件は、下記で説明した。
 → http://openblog.seesaa.net/article/435851709.html

 労働の対価というより、育児の対価ですね。何もしないで遊んでいる親に金を与えるのとは違う。
 なお、親が育児をしなかった場合は、遺棄罪で逮捕されて刑務所行きだ。
Posted by 管理人 at 2016年04月09日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ