2016年02月19日

◆ 119番をかけるが救急車を呼ばない

 119番をかけるが救急車を呼ばない、という方法がある。休日や夜間には、これがお薦めだ。  【 重要 】 ──

 119番をかけて救急車を呼ぶ、というのが、緊急事態の方法として知られている。
 しかし、一刻を争うほどではない場合には、119番をかけにくい。(たとえばインフルエンザがちょっとだけ重症化した場合。) それでも、休日や夜間には、助けがほしくなる。

 こういうときには、救急車は必要ではなくても、(タクシーを呼ぶ前に)119番をかけるといい。すると、次のことを教えてくれる。
 「夜間や休日に開いている病院はどこか」


 これを、ネットで調べるかわりに、119番で教わればいいのだ。
 そのあと、症状を聞いてもらって、タクシーで行くか・救急車に来てもらうかを、119番の人に決めてもらう。相手の指示に従って、こちらがどうするかを決める。これでOKだ。

 ──

 以上の方法は、私が勝手に推奨するものではなくて、専門家の公式のお薦めだ。引用しよう。
 救急車を呼ぶところまで至らなくても、休日や夜間などで、怪我や急病のときに困ったら、119番で医療機関の紹介を受けてください。県や市町と医師会が協力して、休日・夜間の急病に備えて救急医療体制ができていますのでご安心ください。
( → 【金土日】救急車を呼ぶ前に - 兵庫県保険医協会

 というわけで、休日や夜間で困ったときには、119番に相談すればいいのだ。救急車が必要かどうかは、向こうが決めてくれる。病院を決めるのも、向こうがやってくれる。こっちがあれこれ悩む必要はないのだ。

 結論。

 いざというときには、専門家に聞け。
 その専門家の情報は、119番で知ることができる。(ネットで知ろうとしては駄目だ。)

  ※ 休日や夜間に(緊急でない)医療が必要になった場合です。



 [ 付記 ]
 救急指定の大病院は、休診日や診療時間外であっても、救急患者を受け入れてくれる。このことはちゃんと覚えておこう。「ネットで調べたら病院は休診日だった」なんていうふうになると、要らぬ情報を求めてしまったことになる。
 専門情報は、「餅は餅屋」であるから、119番で教わるのが一番正しい。ネットで調べた情報なんて、何の役にも立たない、と覚えておこう。(救急医療の診療日については。)

 なお、休診日や診療時間外では、かなり高額の割増料金を取られることがある。仕組みでそうなっている。
 一方、土日や夜間であっても、「診療日」「診療時間」と記してあれば、割増料金を取られない。
 だから、土日に普通料金で受診したければ、土日に開いている病院や診療所へ行けばいい。これは、ネットで調べればわかる。
  → 休日・祝日に診察・診療が可能な病院・クリニックを探す | 病院検索



 【 関連項目 】

 → 病院の休日診療

  ※ この項目の続編が、本項です。

  ※ この項目のコメント欄を読むと、割増料金の額
    などがわかります。(リンクが示してある。)
posted by 管理人 at 22:20| Comment(9) | 医学・薬学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Dinersカードについてる24時間医療相談より
はるかにこちらのほうが頼りになりそうです
これはいいことを聞いた

110番ほどではないけど警察に相談したい場合は
9110番です。110番に相談するのはやめましょう
Posted by 先生 at 2016年02月19日 23:16
迷ったら#7119と推奨されているようですが。。。
小児科救急相談は#8000らしい(使ったことないが)。
Posted by 菊池 at 2016年02月20日 09:32
日本も911だけとか、1本にしてくれると有難いですね。だいたい警察と救急車が同時に必要な事態でどちらに掛けるか一般人が考えるなどと言うのはジョークです。
とは言ってもそれは別の話なので、とりあえずいちいいち119と110に分けてる都合で少なくなってるリソースを問合せ如きで塞ぐにはあれですので、正しくは消防署の電話番号を調べてそちらに聞くべしとなっていたような気がします。119を104代わりにしてはいけません。
Posted by クルマ好き at 2016年02月20日 14:34
> 少なくなってるリソース

リソースはいくらでも増やせます。救急車じゃなくて、電話機と人間だけなんだから。

会社だってそうでしょ? 代表番号があるからといって、会社につながる電話が1本だけに限られて、回線がふさがれるわけじゃない。1つの代表番号で、多数の電話が同時につながります。

また、病院紹介で問題が済むなら、救急車を派遣する必要がなくなるので、かえって(救急車という)リソースが不足から解放されます。

患者の話を聞く時間はどっちみち必要だとして、そのあと、1〜2分間の病院紹介で、救急車の派遣が不要になるなら、その方がずっと有益です。
Posted by 管理人 at 2016年02月20日 17:53
私はこの方法は10年はど前に使ったことがあります。
夜寝ている時ムカデにふくらはぎを差されて顔や手足が腫れてきたので119に電話して診てくれる病院を照会してもらいました。救急車を手配しましょうかと尋ねられたので自分で行くからといって断りました。そこまでするほどではないと思ったからですが。病院へは連絡がいっていて着くとすぐに点滴を1時間ほどしました。有難かったですね。
聞いた話ではある老婆がマムシに噛まれてタクシーで病院に向かったのですが渋滞に巻き込まれたこともあり手遅れになって亡くなったそうです。この話を聞いて119に電話すればよかったのに、と思ったものです。緊急時には119に電話して指示を仰ぐべきと思いますね。
Posted by 守銭奴 at 2016年02月21日 09:02
>リソースはいくらでも増やせます
わざとなのか何なのかは論じませんが、110番をそのままに119の人員と内線の数を増やすのと…いや、また変な誤読されて追加の説明をするのは嫌なのでやめておきます。忘れてください。
Posted by クルマ好き at 2016年02月21日 18:01
現状のまま国民がどう行動するべきか、という話ではなくて、国民のあるべき姿と政府のあるべき姿を示しています。

 まあ、現状維持なら、国民がどんどん電話すると迷惑でしょうけど。
 もしそうなったら、政府はどんどん電話と人間を増やせばいい、ということ。たいして金はかからないんだし。企業の育休の支援にかける莫大な無駄金もあるし。
 → http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160220/k10010415631000.html
 無駄金を使うのをやめて、救急医療に回すのが、最善。
Posted by 管理人 at 2016年02月21日 18:49
今更ですが、

「救急指定の大病院は、休診日や診療時間外であっても、救急患者を受け入れてくれる。」

これについて。

大抵の地域では、その日その日で輪番体制を敷いてます。
輪番の病院はその時間に医師や看護師などのスタッフを病院に待機させて救急態勢を敷いていますが、そうでない病院は病院内に医師がいない、なんてことも普通にあります(24時間医師を待機させられるほどのマンパワーがある病院なんて殆ど無い)。

なので、その日どの病院が救急担当になっているのかを調べてから行かれたほうが良いと思います。
いくら救急指定とは言え、いきなり輪番でない病院へ行っても「今日はうちの当番じゃないので医者がいない、◯◯病院へ」と言われるだけですので…。

また、最近では医学生バイトによる電話相談も広がってきています。
医学生なので最低限の知識(今すぐ病院へ行くべきか、行くとしたらどこが適切か)などを教えてくれます。
上級生であればある程度の診断的な話もしてくれるでしょう。
このあたりを利用するのも手かな。
Posted by 名無しのイカちゃんネル! at 2016年10月28日 13:20
本項で述べた方法が正しい、と証明される実例があった。

「 #7119 番にかけてくれ」
と大阪では言われているが、実際にそうしたら、たらい回しにされたあげく、どうにもならなかったそうだ。
 詳細は下記。
  → https://anond.hatelabo.jp/20170810231836

 最終的には(時間をかけたあとで)119番に頼るしかなくなった……という、さんざんな目に遭った人もいる。
  → http://b.hatena.ne.jp/entry/343290615/comment/bottomzlife

 そもそも「 #7119 番は(東京以外では)機能していない」ということは、本サイトで前に言及済みだ。
  → http://openblog.seesaa.net/article/435851653.html
 
 東京なら大丈夫かと思ったが、東京でも状況は同じだ、という証言もある。
  → http://b.hatena.ne.jp/entry/343290615/comment/Poto
  → http://b.hatena.ne.jp/entry/343290615/comment/picora
  → http://b.hatena.ne.jp/entry/343290615/comment/nekonuma
  → http://b.hatena.ne.jp/entry/343290615/comment/superabbit
Posted by 管理人 at 2017年08月11日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ