2015年11月25日

◆ 梅毒が流行するわけ

 梅毒が最近は流行している。そのわけは意外にも…… ──

 梅毒が最近は流行している。
 《 梅毒、若い女性に急増…胎児感染で重い障害も 》
 性感染症「梅毒」の患者が急増し、今年は10月の時点で昨年1年間の患者数を超え、現在の調査方法になった1999年以降で最多となったことが、国立感染症研究所のまとめでわかった。
 特に若い女性の増加が目立ち、妊娠中に胎児に感染すると重い障害が残る恐れもあることから、専門家は予防と早期の受診を呼びかけている。
( → 読売新聞 2015-11-25
 国立感染症研究所などによると、11月8日までに報告された「梅毒」の感染者数は、2,155例と、2014年の同じ時期と比べて、およそ1.5倍に増加しているという。
 このうち、20〜24歳の女性だけをみると、2014年に比べ、2.7倍に急増しているが、くわしい原因についてはわかっていない。
( → www.fnn-news.com 2015-11-19 [動画あり])

 「くわしい原因についてはわかっていない」とのことだが、有力な仮説はある。中国人旅行者だ。
 《 20代女性に梅毒激増 中国での大流行と因果関係指摘する声も 》
 「最近、性感染症にかかる風俗店の女の子が増えています。最近は梅毒にかかる女の子が続いています。風俗店で働くのはほとんどが若い女の子ですから、彼女たちの年齢層で症例数が増えているのは不思議でもなんでもありません」
 「梅毒に感染した女の子の話を聞かせてくれた店のマネージャーは、最近、中国人団体客を定期的に受け入れていたためではないかと疑っていました。メニューにない特別サービスを女の子たちに直接、交渉する中国人が多いのです」
 経験から予測している彼らの言葉に、まったく根拠がないわけではない。というのも、現在の中国では梅毒の流行が社会問題化しているからだ。中国の人口は日本の約10倍だが、梅毒発症数は300倍を超える。
( → NEWSポストセブン

 この仮説を裏付ける記事もある。中国人旅行者が押し寄せているそうだ。
 《 潜入ルポ 中国人観光客がNK(西川口)に殺到!? 》
 西川口が、再び賑わっているという情報が舞い込んだ。
 「現在でも通常のソープやヘルスがあったり、歓楽街に変わりはありません。しかし、今年に入ってから少し変化が起きているとか。やたらと中国人観光客が増え、風俗にも団体で押し寄せているそうなんです」(風俗ライター)
( → エキサイトニュース

 次のレポートもある。
  → 中国人富裕層は夜の”爆買い”もお盛ん?

 ──

 近年、中国人旅行者が大幅に増えている。それで話題となるのは、「爆買い」と「ホテル不足」だが、もう一つ、「梅毒の流行」もあるのだ。
 
( ※ そう言えば、 baidu のウイルス という話題も、先日にあったばかり。ダジャレっぽいが。)



 [ 付記1 ]
 「若い女性に急増」という話をきいて、「ふーん。オレは関係ないや」と思っている男が多いかもしれないが、さにあらず。患者数は、女よりも男の方が圧倒的に多い。冒頭の読売の記事にグラフがあるので、転載しよう。


baidoku.gif


 今年は女性の割合が多くなったが、それまでは男性が女性の4倍ぐらいの人数となっている。
 これはまあ、当然だ。一人の女性が4倍の人数に感染させているということは、多数を相手にするプロの女性が多いということだ。プロの女性から感染させられた男がたくさんいるということだ。
 身に覚えのある人は注意しましょう。

 【 訂正 】

 もうちょっとよく調べたら、男性に患者が多いことの理由は、別にあった。ホモの男性が、男性同士で交わることが理由だそうだ。エイズといっしょに感染することも多いらしい。ダブル感染。
  → http://news.livedoor.com/article/detail/9503027/

 [ 付記2 ]
 ちなみに、梅毒にかかったことで有名なのは、ボードレール。




 梅毒で人体実験をしたのは、野口英世。
  → 歴史上残忍な10の人体実験 : カラパイア

 その野口英世をお札の肖像にして称賛しているのが、日本。
  → 野口英世の論文不正(STAP)

 「何だこれ? 日本人は頭が梅毒か?」と言われそうな状況だ。

 ※ 梅毒にかかるとどうなるか……という写真は、見ない方がいいです。画像検索なんか、しない方がいいよ。とんでもない画像を見せられて、失神するかも。グロ注意。
  
 [ 付記3 ]
 中国で有名な日本人の順位。
  1位 安倍晋三
  2位 山口百恵
  3位 蒼井そら
   ※ 検索語に「 nude 」という語を入れてはいけません。
     こちらは、グロではなく、エロ。

 出典:諸外国における対日メディア世論調査 (PDF),13頁
posted by 管理人 at 20:31| Comment(0) | 一般(雑学)3 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ