2015年11月25日

◆ ロシア機撃墜の根源

 トルコ軍がロシア機を撃墜した。この問題の根源は、どこにあるか? ロシアの軍事基地の権益だ。 ──

 トルコ軍がロシア機を撃墜した。
  → トルコ軍がロシア軍機撃墜 シリア国境、乗員2人死亡か
  → トルコ軍、ロシア軍用機を撃墜 「領空侵犯、警告を無視」
  → トルコ軍がロシア機撃墜 プーチン大統領「裏切り」
  → トルコがロシア軍機撃墜、プーチン氏「決して許さない」

 馬鹿なことをやっているなあ……と思う人が多いはずだ。テロ事件のあとで、IS 攻撃で結束するべきときに、内輪もめをしているべきではないぞ、と。
 しかしそれは勘違いだ。これは内輪もめなんかではない。むしろ、同床異夢というべきだ。

 そもそも、ロシアは IS 攻撃の意図など、初めからない。ロシアの旅客機を撃墜されたので、その仕返しに IS を攻撃することは少しはあるようだが、国家の本来の目的は IS 攻撃ではない。つまり、シリアの東部で IS を攻撃することは、もともと目的となっていない。
 では何が目的かというと、シリアの西部で反アサド派(反政府勢力)を攻撃することが目的だ。今回も、その作戦行動中の出来事だった。
  → シリア領内にトルコ側から食い込む小さな地峡のような土地の上を通過した

 ではなぜ反アサド派(反政府勢力)を攻撃することが目的なのか? もちろん、アサド政権を支持するためだ。ではなぜ、アサド政権を支持するのか? ここを、たいていの人は見失っている。ただし、一部の人(事情通)は理解している。こうだ。
 「海への出口を持たないロシアは、シリア西部(タルトゥース)に海軍基地を借りている。アサド政権は、ロシアに海軍基地を提供している。だから、この基地の権益を守るために、ロシアは反アサド派(反政府勢力)を攻撃する」






 要するに、ロシアはタルトゥースの海軍基地を絶対に失うことができない。これは軍事的に譲歩の余地のない立場だ。それゆえ、アサドがいかに人非人の独裁者であるとしても、ロシアは自国の軍事的権益を守るために、その権益を与えるアサドを支持するしかないのだ。逆に言えば、その権益を脅かす反アサド派(反政府勢力)を攻撃するしかないのだ。
 このことを、西側の国々は理解できていない。だから、「ロシアははアサドを政権を支持するな」という自分勝手な要求ばかりをしている。相手の気持ちがわからない馬鹿の見本か。

 西側がこのような失敗をするのは、シリアに限らない。ウクライナでもそうだった。
 ウクライナは、ロシアにとって、工業的な心臓部だ。旧ソ連時代には、ウクライナは、ソ連圏内で先端工業を受け持っていた。最先端の電子工業や軍事技術などは、モスクワやサンクトペテルブルクでなく、ウクライナが担っていた。特に、ウクライナ東部が。
 とすれば、ロシアがウクライナを失うということは、自国の最先端の電子工業や軍事技術などを失うということだ。だからこそ、ウクライナが西側に飲み込まれることを、絶対的に拒否する必要があった。
( ※ 比喩的に言えば、日本の三菱重工が韓国や中国に奪われるようなものだ。あるいは、F35 をつくるロッキードがロシアか中国に買収されるようなものだ。そんなことは、軍事的に絶対に許容できまい。)
 というわけで、ウクライナが西側勢力の非合法クーデターで政権転覆させられ、工業地帯を奪われそうになったとき、ロシアとしては軍事的にウクライナを奪還するしかなかった。こうして、ウクライナで内戦が起こった。……これは結局、「ロシアが絶対に失えないもの」を、西側が強引に奪おうとしたことによる内戦だ。無知がもたらした内戦だ、とも言える。

 シリアのアサド政権も同様だ。ロシアはシリアにある軍事基地を絶対に失えない。だから、その権益を脅かす反アサド派(反政府勢力)を攻撃するしかない。
 そして、ここまで理解すれば、西側がなすべきこともわかる。それは、ロシアを非難することではなくて、ロシアの権益について「現状維持」を打ち出すことだ。つまり、こうだ。
 「アサド政権が倒れたあとでも、ロシアには現在の軍事基地を利用する権益を保証する。その権益を、反アサド派(反政府勢力)および米国などが、そろって保証する」


 こうすれば、ロシアはもはやアサド政権を支持する理由がなくなる。かくて、アサド政権を打倒することができる。そのあとは、新生シリア政府(現在の反アサド派が主導する政府)が、新生シリア軍を構築して、IS を攻撃することができるようになる。現在のシリア政府軍と、反政府軍が、一致結束して、IS を攻撃できるようになる。かくて、IS を打倒して、テロ組織を壊滅し、「IS 打倒」と「シリア難民発生」という二つを、同時に達成できるようになる。
 これが、西側諸国がなすべきことだ。
 
 物事の根源を理解すれば、最高の結果を最小のコストでなすことができる。
 ひるがえって、IS 攻撃で内輪もめをするとか、シリア難民を欧州に引き受けるとかは、コストばかりがやたらとかかる割には、効果はとても小さい。
 現状は、物事の根源を理解しないがゆえに、とんでもなく間違った道を進んでいる、と言える。
posted by 管理人 at 20:29| Comment(10) |  戦争・軍備 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新生シリア軍がイラクのように武器を放り出して逃げ出さないように何か考える必要はありそうですね。
Posted by クルマ好き at 2015年11月25日 23:15
イラク人は戦闘経験のない素人ばかりでしたが、シリア人は徴兵制があって、みんな戦闘訓練の経験済みなので、結構戦力になりそうです。
 あと、少なくとも、現在の反政府勢力は強力です。
Posted by 管理人 at 2015年11月25日 23:27
こういうの
これこれ。
こういう内容を、待ちわびてるんですよ。

やればできるじゃないの。

さすが、自称、東大出身。
Posted by 素人 at 2015年11月25日 23:55
自称じゃないですよ。同級生はみんな知っているし。

あと、学歴は関係ないですよ。大学に私みたいな人がいっぱいいるわけじゃないし。高校なら、いたけど。
Posted by 管理人 at 2015年11月26日 00:20
>その権益を、反アサド派(反政府勢力)および米国などが、そろって保証する

いつでも反故にできそうな約束を信じる程度にロシアはお人好しでしょうか?
それとも何かこの約束を守らせる保証というか方策はあるでしょうか?
Posted by のぐー at 2015年11月26日 13:07
>  いつでも反故にできそうな約束

反故にするって、どういうこと? 
今いるロシア軍を力ずくで追い出すということ? 
つまり米国がロシア軍に軍事攻撃を仕掛けるということ? 
つまり米国が第三次世界大戦を開始するということ? 

それはただの妄想でしょ。

> この約束を守らせる保証

保証なんか要らないですよ。ロシアは軍 事的に解決する力を自分でもっている。
たとえば、反政府軍が約束に反して、ロシアの基地を攻撃したら、ロシアは反政府軍を掃討するために、地上軍を派遣する。ここが米国との違い。
かくて、ロシアがシリア全土を支配して、シリアをロシア領にする。米国はそれに文句を言えない。約束を反故にしたのは米国なんだからね。
ロシアとしては、シリアを自国領にすることができて、大儲け。
約束を反故にしてもらった方が、シリア全土を侵略する口実ができて、大喜び。
逆に米国は、「こんなことになったのは、米国が嘘をついたからだ!」という非難を世界中から浴びる。
Posted by 管理人 at 2015年11月26日 19:24
のぐー さんの質問で思ったが、ロシアというのは、文明人の理屈が通じる。理不尽なことはやらないし、正義というものを通そうとする。エゴイズムがあるのは、仕方ないというよりは当然のことで、特に非難するには当たらない。それより、共通の倫理基盤の上に立つから、「約束はちゃんと守る」というような常識は通用する。

 一方、これが通らないのが、中国と韓国だ。民主主義とか、言論の自由とか、法律の遵守とか、そういう常識がまるで通用しない。共通の倫理基盤がない。話が通らない。
 だから、一方的に侵略するとか、市民を虐殺するとか、条約を反故にするとか、デタラメの限りを尽くす。そして、そのすべてに優先するのが、「反日」だ。反日でさえあればすべてが許される、という思想基盤を持つ。

 なお、イスラムも、ちょっと似た感じがある。近代文明社会と共通する基盤がない。前近代の思考様式をそのまま持ち込んでいる。

 現代の世界の戦争やテロなどの背景には、こういう「共通する基盤の有無」を考えるといいかもしれない。
 のぐー さんの質問から、いろいろと考えることができた。
Posted by 管理人 at 2015年11月27日 22:52
ロシアは彼らの正義を通そうとします。第二次大戦末期の日ソ不可侵条約の一方的破棄、アフガン侵攻、チェチェンでの弾圧。おそロシア・・・。
Posted by 京都の人 at 2015年11月28日 00:08
> 第二次大戦末期の日ソ不可侵条約の一方的破棄、アフガン侵攻、チェチェンでの弾圧

 これらはいずれも理屈が立つんですよね。
 初めの二つは、他国に要請されてのことで、ロシアのエゴイズム(だけ)とは言い切れない。
 最後のは、自衛権という言い分が成り立つ。

 一方、中国のチベット占領や南沙諸島占領は、理屈が通らない。

 だけどロシアも、北方領土占領だけは、理屈が通らないな。
Posted by 管理人 at 2015年11月28日 00:21
とおりますよ

約束だもの
北方領土は
Posted by 素人 at 2015年11月28日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ