2015年10月27日

◆ 強歩大会で女子生徒が死亡

 埼玉県の強歩大会で女子生徒が死亡した。これは人災(殺人みたいなもの)と言える。 ──

 記事を引用しよう。
 《 「強歩」大会で女子生徒死亡 埼玉県立大宮高 小雨で決行、ゴール前で心肺停止 》
 さいたま市大宮区の埼玉県立大宮高で16日、体力向上や精神力を養うため毎年実施している「強歩大会」に参加した2年生の女子生徒がゴール手前で倒れ、その後死亡していたことが26日、同校などへの取材で分かった。県警によると死因は病死。大会は雨天中止の予定を小雨で決行しており、同校の担当者は「因果関係はまだ不明だが、大会を中止していれば防げたかもしれない」としている。
( → 産経ニュース 2015-10-27

 最後に「防げたかもしれない」と述べているが、これは、そういう問題ではない。「たまたま事故が起こった」のではなく、「学校側が意図的に殺した」と見なせる。
 これはどういうことかというと、たとえ殺人の意図がないとしても、過酷なスパルタ運動をさせれば、人は死ぬことがある、ということだ。
 たとえば、やたらと無理な部活をすれば、人が死ぬことはある。それと同様だ。
 ちなみに、部活では、次の例がある。
  → 子どもに理不尽強いる「ブラック部活」の実情
 一部抜粋しよう。
 連休に合宿があった。出発前日、息子は高熱で寝込んでいたが、「監督から来るように言われた」とフラフラになりながら家を出ようとする。聞けば監督から、「俺は熱を出しても練習を休んだことはない」と言われたという。
 今年、神奈川・桐蔭学園高校の柔道部員(16)が、熱中症で搬送された2日後に死亡した。
 内田さんが、1994〜2013年度の中高の主要な部活(04年度時点で部員が3万人以上)における熱中症の死亡率を調べたところ、柔道は100万人中4人と最も高かった。

 実際に部活で死ぬ(殺される)生徒はたくさんいるわけだ。そして、それと同様のことが、今回も起こったと言える。

 ではなぜ、「殺された」と結論できるか? それは、この「強歩大会」の詳細を知ればわかる。下記文書を見るといい。
  → 大宮高校の強歩大会心肺停止事故がツイッターで発覚!
 ここには、次のような話がある。
雨で寒い中ジャージ着用を禁止していたらしいです。
 ──
走っているときは半袖短パンですが、それ以外は決してジャージ着用禁止ではありません。
 ──
寒暖差の激しい今日においてそれも小雨の降る中で半ば”強行”する形で強歩大会を決行した学校側ですが、競技中の体温低下や調節への配慮は考慮されていたのでしょうか?
 ──
子供から聞いた話によると、そもそも強歩大会は全て外で行うので、雨の中傘をさしながら外で短パン体操服に着替え(女子生徒も含む)、ずぶ濡れになって走った後、また外で制服に着替えて寒さに震えながら帰ったそうだ。
 ──
走っている生徒には、唇が紫色になっている子供が他にも沢山いて、低体温症で他に犠牲者が出ていても不思議ではなかったと思われる。

 ここまで見れば、明らかだろう。雨の中で、唇が紫色になっている生徒がたくさん出るという状況で、低体温症になる被害者が明らかに多数発生しているのに、競技を強行した。しかも、半袖短パンが強要され、ウインドーブレーカーなどの着用も許されなかった。もちろんジャージーも駄目。(走っていないときにはジャージーOKだが、走っているときはジャージー不可。)

 実を言うと、ここ数日、とても気温が冷えた。その1日目に、私は半袖でジョギングをしたが、あまりにも気温が低くて、低体温症になりそうになった。ぶるぶる震えるだけでなく、全身の体温が冷えて、死にかける感じ。そこで途中で、着衣を増した。
 私の場合は、まだ良かった。雨が降っているわけでもないし、冷えていたのは 10分間ぐらいだけだ。
 しかし今回の場合は、小雨のさなかだし、しかも時間は1時間15分だ。こんなにも長く低体温の状態が続いた。しかも、天候は、ただの小雨ではない。
 大会は雨天中止の予定だったが小雨で決行され、終盤には雨脚が強かった。
( → 日テレ・ニュース

 こういう状況であれば、大会を中止するべきだった。また、どうしても雨天強行するのであれば、「雨天強行します」と記した上で、「雨天の場合にはウインドーブレーカーをご用意ください」と記すべきだった。
 なのに、「雨天中止」と記しながら、ウインドーブレーカーを禁止し、半袖短パンを強要し、雨天のさなかで無理に走らせて低体温症にする。……これはもう、殺人(未必の故意)に等しい。

 ──

 ちなみに、低体温症がやばいという話は、前にも書いたことがある。
 箱根駅伝で駒大の最終走者がふらふらになってゴールに倒れ込んだ。これは死者が出かねない問題だった。
( → 箱根駅伝で死者?

 ここでは、「駅伝で低体温症の人がいたが、これは死者が出かねない状況だった」という趣旨で述べている。そして、今回まさしく、「死者が出た」という結果になったわけだ。まるで私の予告が当たったような感じで。

 この記事では、「低体温症を防ぐにはウインドブレーカーを」と述べている。同じことを、本項でも述べた。
 そして、こういう正しい対策をしない限りは、死者が出ても当然なのだ。
 人々は低体温症の危険性を、まったく理解できていない。このままだと、今後も次々と死者が出ることになるだろう。それも、たいていは、青春期の若者が。
posted by 管理人 at 22:53| Comment(15) | 安全・事故 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヤフコメ見たけど、大会運営に問題無いとか、
本人の問題とかアホなことばかり言ってる奴
ばかりですね。
Posted by 進撃のソフトバンク at 2015年10月27日 23:20
やり過ぎだとは思いますが
団体行動や組織規律を学ぶ機会はなくさないで欲しい
Posted by 先生 at 2015年10月28日 10:38
低体温症が危険とのご指摘に全く異論はありません。ただリンク先文書に

「強歩大会の約1ヶ月前の練習で一度倒れてしまったことがあった」

とのご遺族のコメントもあります。より高温で、かつ距離も短かったであろう、1ヶ月前の練習においてさえ倒れていたことから、低気温でなくても参加自体が極めて危険な状況だったのかも知れません。
Posted by Kei at 2015年10月28日 16:36
比喩的に言うと、こんな感じ。
 「危険であるとわかっている組み体操をあえてやったら、もともと骨が弱いとわかっていた生徒の背骨が砕けて、死亡してしまった」

 そのあとで学校側が弁明する。
 「組み体操が危険ではないというのはまったく間違っていない。ただ、この生徒は特別に骨が弱かっただけだ」
 「たとえ崩壊しなくても、運動会への参加自体が極めて危険な状況だった。そのすべては、運動会へ参加した生徒の責任だ。生徒は運動会に参加するべきでなかった」

 これは、「崩壊したらものすごく危険な状況になる、という組み体操をやったこと自体に問題がある」という事実を無視した、自分勝手な強弁。
Posted by 管理人 at 2015年10月29日 01:55
警察は、人命に関わる危険な教育は、放置する。
 例。強歩大会。組み体操。
   死者が出ようが、怪我人が出ようが、放置。

 警察は、被害者がいないポルノには、強く摘発する。
 例。ろくでなし子事件。

 参考。被害者がいるかどうかはよくわからない事例。
  → http://youkenwoiouka.hatenablog.com/entry/2015/10/22/142455
   (児童ポルノ摘発)

   こんなことによくもまあ熱中するものだ。
   人命が関わるわけでもないのに、超 熱中。
   人命が関わることは、放置するくせに。
Posted by 管理人 at 2015年10月29日 02:14
競歩大会や組み体操って、
警察に関係あるのですか?
Posted by ??? at 2015年10月29日 09:22
私が言いたかったのは、現在得られる情報だけでは「当該生徒の死亡原因は低体温症である」とは決めつけられない、というだけのことです。

つまり、管理人さんの

>「駅伝で低体温症の人がいたが、これは死者が出かねない状況だった」という趣旨で述べている。そして、今回まさしく、「死者が出た」という結果になった

という決めつけに、多少の違和感を感じただけです。学校側を擁護したいという意図は全くありません。念のため。
Posted by Kei at 2015年10月29日 10:35
> 警察に関係あるのですか?

学校のせいで死者や怪我人が出たら、業務上過失致死傷で捜査されても当然でしょう。私が裁判官だったら、有罪にします。執行猶予を付けるかもしれないが。
Posted by 管理人 at 2015年10月29日 12:37
6年前に市内の別の高校でも死者が出てるんですよね…しかも同じ荒川コース。
http://web.archive.org/web/20091109164635/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091106-OYT1T01118.htm
正直強歩大会自体が危険過ぎると思います。
Posted by molt at 2015年10月29日 14:26
気象庁の記録だと、同日11・12時台のさいたま市の気象条件は、気温15℃、相対湿度90%、降水量1mm、風速2.4〜3.4m/sでした(湿度のみ熊谷市)。亡くなった女子高校生は、11.4kmを1時間15分で走るか歩くかしていました(時速9.12km/h)。

 これで低体温症になりますかね。参考までに、2009年7月16日に北海道のトムラウシ山でツアーガイドを含む登山者9名が低体温症で死亡した事故では、気温8〜10℃、降水量8mm、風速20m/sでした。

 むしろ、不整脈による突然死ではないでしょうか? つぎの記事だと、1万人に1人が運動中に不整脈を起こして突然死しているようです(多くは中高年だけど)。
Posted by 王子のきつね at 2015年10月29日 17:50
> これで低体温症になりますかね。

 「これ」じゃないですよ。
 正しくは、本文中にいろいろ記してあるでしょ。
  ・ 小雨で決行され、終盤には雨脚が強かった。
  ・ ずぶ濡れになって走った……寒さに震えながら帰ったそうだ。
  ・ 唇が紫色になっている

 あと、風速もあまり関係ない。たとえ無風でも、走ると、その分の風が生じるから、寒くなる。私も数日前に走ったときがそうだった。

 ──

> ツアーガイドを含む登山者9名が低体温症で死亡した

 今回は、即死らしいので、「低体温症で死亡」ではなくて、「低体温症で心臓マヒ」でしょう。
 私はずっとそのつもりで書いていたが、「低体温症で死亡」と勘違いされかねないので、注記しておくべきだったかもしれない。
 ただ、どう見ても、「心臓マヒによる死亡」だから、いちいち注記しなくてもすぐにわかると思っていたが。……不親切だったかな? 

 なお、「低体温症で死亡」なら、一人でなく多数が死亡するし、死ぬ直前は走ってなくて長時間停止しています。凍死ふう。

 今回のは、温度が直接の死因ではなく、悪い条件のなかで、最も病的な一人(最弱者)が死んだ、ということです。確率的な現象。危険行為によって死ぬ確率を高めた、ということ。
Posted by 管理人 at 2015年10月29日 19:29
この手の行事は警察が許可を出しているので、警察としてもチェック不備を指摘されたくないだろうから捜査したくないのが本心でしょうね。

伝統ある名門校だと警察のチェックも甘くなりがちです。(OBに地元政治家や有力者がいて、「伝統をなんと心得る!?」と圧力をかけてくる。)
そのかわり、新設校がなにか行事をはじめようとすると安全性に十分配慮していても難癖をつけて許可を出さない傾向があります。

遺族として不満なら、少なくとも告訴状を警察に提出するか警察を頭越しにして、検察に提出した方がよいかも。それと民事の損害賠償請求でしょうね。

ただ民事基準ならともかく刑事基準で「危険を予見できたか?」を立証できるかはなかなかに難しそう。
Posted by とおりがかり at 2015年10月30日 11:08
『この手の行事は警察が許可を出しているので、警察としてもチェック不備を指摘されたくないだろうから捜査したくないのが本心』
この間信号無視で捕まったから警察は好きじゃないが、
これはおかしいな。警察は道交法に基づいて許可し
交通上の安全を確保するんだが
警察が教育現場の安全管理体制までチェックする
とでも言うのかね
Posted by ?? at 2015年10月30日 11:28
学校内の行事の安全性に口を出しているとは想いませんよ。
ただ、校外の行事で特に道路を使用する行事の場合、事前に警察に相談して、使用(占有)許可を得なければなりません。
学校行事ではありませんが、市民マラソンなどについては
https://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/kisei/kisei20050705.pdf
のような文書がありますよ。
Posted by とおりがかり at 2015年10月30日 11:36
各項目を読むと、競技参加者、観客、周辺住民の安全確保が求められています。そういうわけで、警察署に行くと、担当者からいろいろとつつき回されますよ。
Posted by とおりがかり at 2015年10月30日 11:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ