2015年10月27日

◆ マイナンバーにアカウントサービス

 マイナンバーにともなって、政府はアカウントサービスを提供するべきだ。 ──

 アカウントサービスというのは、政府が各人にアカウントを与えて、各人に政府のサービスを与えることだ。具体的な例は、下記項目で記した。
  → 検診の普及には (子宮頸がん)
 該当箇所を抜粋しよう。
 「マイナンバーの提供にともなって、政府が各人に独自のアカウントを与える。各人は、自分のアカウントを通じて、政府のネットサービスを受けられる。( Google のネットサービスを受けるのと同様だ。) ここで、各人はメールアドレスを登録しておくことにより、政府から、『検診を受診しましょう』というような通知を受ける。その後、実際に検診を受診したら、保険料の割引のようなサービスを受ける」

 つまり、このネットサービスを通じて、いくつかの情報や特典を受け取る。
  ・ 忘れたときの通知
  ・ 啓蒙となる情報
  ・ 保険料の割引

( ※ なお、アカウントを通じたサービスは、当然ながら、パスワードで保護される。メールの登録などは、自分でやる。)

 こういうサービスを政府は提供するべきだ。
 今どき、いちいち葉書や封書で通知するなんて、時代錯誤的だろう。電子的に通知する方がいい。
 また、本人が読了したかどうかも、「読みました」ボタンの設置などで、確認できる。
( ※ 「読みました」ボタンが押されない場合は、何度もメールで通知する。なお、メールをずっと無視していると、特典を受けられなくなり、大損となる。……別に、罰金がかかるわけじゃないが、特典を受けられなくなる。)
posted by 管理人 at 22:35| Comment(0) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

過去ログ